« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月29日 (金)

甘く、優しく 喜六無濾過

みなさん、こんにちは。

今日は、ちょっと不思議な出来事が自分の身に降りかかった一日。お客さんと打合せ中に、母から携帯に電話が。まずめったに就業時間中に電話なんかしてくることないのに・・・と不審に思って中座して電話に出ました。「なんか身内に不幸があったのかな・・・」などと想像しましたが、母の声色はなんともいつもののんきな感じ。なんとなしに一安心。用件はというと、どうやら先週日曜日に実家に自分の同級生と称する人から電話があったとのこと。「連絡を取りたい」と。しかし、高校卒業後実家を出て十数年。この手の電話はたいてい同級生とは全く違う、どこから卒業名簿を手にしたか知らない人からの怪しげな勧誘の類のものばかりだったから、特に興味も持たなかった。が、しかし。今回は違う。相手は名前を告げ、しかも自分の連絡先を告げたと言う。「先週日曜に電話あったんだけど、すっかり伝えるのを忘れちゃってて」というのが、母がわざわざ就業時間中に電話してきた理由。でも、電話をかけてきてくれた人の名前を聞いてちょっとビックリ。高校一年生のとき、たまたま隣ぐらいに座っていて、その後はクラスも同じになったことも無ければ、卒業後は一度も会ったことが無い。せいぜい、彼女を好きだったと言う男がいたが、卒業後その子にアプローチしたが振られたということを人づてに聞いた程度。それもまだ高校の同級生のことが話題になる卒業後一年ぐらいの話。用件は全く想像できないし、果たしてどんな用件なのかの興味も手伝って真昼間にもかかわらず電話。3コールほどで「もしもし・・・」と電話に出た彼女は、確かに昔となりに座っていた彼女の声。昔に比べて少し声がかすれたかな?と思いつつ、自分の名を告げた。自分の家に電話をかけてきてくれてから日数が経っていたこともあって、私から電話がかかってきたことを多少意外に、そして希望的観測もはいるが多少喜んでくれた様子。声をききつつ、少しずつ面影を思い出してきた。ふくよかな顔立ちで、いつも控えめに微笑んでいるような人だったかなあと。高校時代の学園祭のことや部活のこと、共通の友人だったひとのことなどをひとしきり。

とはいえ、いきなり十数年のことが電話で埋まるわけでもなく、自然になんで急に連絡をもらったのかということに。彼女は、声色から様子がわかるでもなく、今も地元にいるけど一人暮らしをしている、ちょっと体調を崩して仕事も今はやってないということを私に告げた。そこでたまたま部屋の整理をしていたら、高校の卒業アルバムが出てきて、ふと電話してみようと思い立ったのだ、と。

お互い、あっという間に卒業後十数年が経ってしまった。いろいろ、お互いあったのだと思う。ちょうど電話をしたとき、地元の高校野球の決勝戦が行われており、彼女はそれをTVで観ながら高校時代のことを思い出していたという。私たちが一年生の時、我が高校の野球部は快進撃を続けていた。私たちはもちろん熱狂的に応援していた。ただし、公立校の野球部としては想像以上に頑張っていたが、決勝戦は名門私立高校の前に甲子園の道は閉ざされた。その時のことを彼女は思い出し、「青春だったなあ」という。

突然電話をくれた理由がわかったわけではないが、きっとそれはどうでもいいことなのだ。何か意味はあり、その意味がわかる必要が無いことだってあるんだろう。

今日は喜六の無濾過。ロックで呑むと芋の甘さがジンワリと口中に広がる。水で薄めて燗にすると、ほのかな優しさが加わって、心が温まる。今日はそんな気分、であったりします。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2005年7月26日 (火)

立ち呑み~新橋編②~

みなさん、こんにちは。

今日は台風が来るってことで、会社でも放送が流れて定時後速やかに帰りなさい、と。が、内心は「定時後かよぉ~セコイこと言わないですぐに帰らせてくれんかな」という感じ。そうこうしているうちに、台風はどうやら逸れ始めてなんと雨もパッタリと止んでしまいました。そうなると、定時に帰りそびれた私、ついつい何時もの如く残業なんかしてしまってましたが・・・。7月に入ってからは終電とか徹夜が続いてたしなあ、今日ぐらいは早く帰りたいよなぁ・・・と思って、思い切って9時に退社!しっかし、外はさすがに雨は止んでも湿気はすさまじく、会社を出たとたんに不快指数は急上昇!こんな時は・・・サックりと立ち呑みでも行きますか!

ということで、行ってきました「くし家」さん。新橋駅ガード下にありますが、ここの「串揚げ」は本場大阪の方からも「ウマイ!」と絶賛されているだけあって、いっつも超満員です。今日はさすがに空いているだろうということで行ってまいりました。案の定、さすがの「くし家」さんも今日はお客さん半分程度。一人店の雰囲気に浸りながら、ビール一杯と串揚げ3本のセットを。これで700円です。がそれにしても、ここの揚げたての串の旨さよ!!当然ソースの二度漬けはご法度、一回きり、湯加減頃合の温泉ににどっぷりと漬かるが如く入念に串を浸させてから、「がぶり」と口に運びます。すると、揚げたての串の旨さが「ジュワワ~」っと口に溢れます。それを冷えたキンキンのビールで、こんでもか!っとグイグイと喉の奥へ押しやります。これを何回ともなく繰り返す・・・。至福、でんがなまんがな。串揚げって旨いな、キンキンに冷えた水のように流し込めるビールって旨いな、って思っちゃう。やっぱりお酒ってつまみと気候・地域で育まれるんだよね、と実感。

その後は串揚げを3本ほど追加して(残念ながら名物の「いか焼き」は売り切れ・・・。次回は、是非)、15分足らずでお帰り。これも立ち呑みのいいところですね。今はコンビニで買ってきた寿留女をサカナに「古の千鶴」と「鴨田楽」。共に、シミジミと、しかし後を残さない旨さの焼酎を燗で。これはこれで、たまんねえ~旨さです。これで今週もガッツで行きますぜ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

どっぷりと、風の森

みなさん、こんにちは。

先週日曜日、伊勢元酒店さんの日本酒を愛でる会に出席してきました。今回は、雑誌dancyuの日本酒特集などでも取り上げられている奈良の油長酒造さんを囲んでの『風の森』づくしです。これは是非出なくては!ということで、2ヶ月前からこの日を待ちわびておりました。燗酒が好きな方で風の森をまだ呑んだ事がない方はいらっしゃいますか?これは是非、というより絶対に呑んで欲しいお酒です。味わいはというと、この一言。

『濃厚な米の旨みが凝縮しきれず溢れんばかり!』

なんです。燗にしたら、もう花が咲き乱れる感じですよ!無ろ過で生原酒なんですが、常温放置1ヶ月まったく問題なし!っていうか、そっちの方が旨い?!という凄いお酒。この辺はどうやら仕込み水にも理由があるようですが(硬水のようです)、造りがめちゃくちゃ丁寧なところが最大の理由でしょうね・・・。

そして、このお酒も魅力なのですが、この日本酒の愛でる会の最大の魅力といっても過言ではないのが、奥様の手作りの料理なんですよね。公民館の一室を使って行うこの「愛でる会」、ほんとこの料理が日本酒を最大限に活かしてくれるんですよね・・・。実は今回は私の彼女を連れて行ったのですが、彼女はお酒はほとんど口にしないんです。それでも今回は「とにかく料理が美味しいから!」ということで連れてきちゃいましたが、料理に感動!そして、それにつられて日本酒もクピクピと・・・大丈夫かいな・・・?と心配になりましたが、やはり料理と日本酒は切っても切れない関係にあるのだなと納得。

今回の白眉は「にごり酒」の燗。日本酒度は-16度ぐらいだったのですが、ヌル燗にしたらこれが化ける化ける。日本酒は、楽しいお酒ですね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月17日 (日)

芋って優しい味だなぁ~萬年白~

みなさん、こんにちは。

この連休、のんびりすごしております。少し酒量が増えつつあるなあ・・・ということで、自省しております。しかし、連休中に酒を呑まないってのはないですよねえ。そんなときは焼酎を薄めにして呑むことにしてます。もちろん、お湯割で薄めても美味しい焼酎でなくてはいけません。いつもは萬膳などを薄めたりしてますが、薄めてもやっぱり「芋っぽい」の呑みたいよねという時は・・・『萬年白』ですね。萬年といえば黒麹の方が人気だったりするようですが、個人的には圧倒的にこっちの方が大好きです。いつもは一ヶ月以上予め割水してある焼酎を呑んでいるのですが、残念ながら割水してあったのは無し。なので、家にあった財宝温泉と萬年白を「ミニかんすけ」に4対1の割合で入れて、それを燗に。熱いお湯の中に焼酎を注ぐよりも、こちらの方が滑らかな味になります。さてさて呑んでみると・・・う~ん、芋の味が生きている!しかし何故にここまで優しい味が出せるのだ萬年!?濃厚だけどとても上品な味なんです。たぶん、目をつぶっていても「これは萬年!」と言えるだけの特徴があるのです。蒸留酒なんだけど、ここまで他の芋焼酎との味の違いを出せるのってなんでだろう・・・?

八幡の力強い「ナタ」のような切れ味とはまた違った濃厚さなんですよね。宮崎県の芋焼酎特有の芋の甘い味わい・・・力強くて心優しい、疲れたときの明日への活力ってまさにこんな焼酎をさすのではないでしょうか?

これは伊勢元酒店さんで1年以上前に買っておいたお酒ですが、まろやかさが増しているような感じでした。白麹には35度のものがあるらしいですが、これをお湯の中にたらしてもまた25度のものとは違った旨さと濃厚さが凝縮しているようで・・・これもまた楽しみですよね!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005年7月13日 (水)

心静かに 真鶴

みなさん、こんにちは。

今日は万膳酒造さんの白麹の焼酎である「真鶴」を頂いております。これは去年秋に酒屋さんで量り売りしてもらって買ったものを2対5で薄めに割水したものを燗にして。これこそ、「真鶴」の正しい呑み方!と勝手に決めてこの割合にしてました。呑んでみると・・・じんわりと、旨い。この味わいはなんと表現したらよいのでしょうか・・・。透明感といえばなんとなしに「味の薄さ」をイメージされそうですし、かといってパンチやスッキリさを前面に出した味わいではないのです。

万膳酒造といえば、黒麹の「萬膳」、黄麹の「萬膳庵」というのが基幹アイテムとなっておりますが、私の好みはこの白麹の「真鶴」です。この真鶴は「萬膳酒造の白麹」とかそんな先入観を除いて一度味わってもらいたい。「萬膳」のように味わいの深さを余韻として残すわけではありません。「萬膳庵」のようにスッキリとした芋の旨みを喉に流し込むいうのともまた違います。そしてまた、同じ白麹の「八幡」「不二才」のように芋の持つ旨みを最大限に主張しているわけでもありません。この「真鶴」は、地元で普通に呑まれているだろう焼酎の、芋の上品な旨みを残しつつ、雑味という雑味を一切取り除いたような・・・「精練」な味わいの芋焼酎というのでしょうか。

この焼酎、きっと長く長く当たり前に焼酎を呑んで来た人たちにこそ呑んでもらいたいものなのかもしれません。当たり前に、旨く、それでいて万膳酒造でなければ出せない味わいなのでしょう。きっと、まだまだ私には感じられない凄みがあるのかもしれません。たかが焼酎、なのかもしれませんが、この真鶴は奥が深いような気がしてます。都会のお洒落な焼酎バーで、煌びやかな名の通った焼酎と合わせて呑んでも、この旨みの真髄に私はきっと気づかないでしょう。是非、心穏やかな時にゆっくりと呑んでみたい。それと、もし万膳酒造さんに会うことがあったら、是非聞いてみたいです。真鶴を造るというのはどういう心境なのかと。「萬膳」など他の銘柄となにかが違うような気もしてます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年7月 7日 (木)

幻の浪漫酒~但馬強力~

みなさん、こんにちは

先日まで天気の良い暑い日々が続いて「梅雨も終わり?」なんて思っていたら、連日雨、雨、雨!九州や四国など西日本では豪雨が続いていて昨年に引き続いて被害が出そうな状況だとか・・・。会社の後輩が来週末に四国旅行に行くと言っておりましたのでそちらも心配ではありますが、人間が自然の力を無視し続けてきたツケがやってきているのかもしれませんね。

そんな時、思いを馳せつつ呑んだお酒が養父郡酒造が地元但馬で育まれた酒米「但馬強力」で造ったお酒、その名も『但馬強力』。地元では「山陰美人」という銘柄を出していたそうなんですが、あまり聞いたことない方も多いのではないでしょうか?私も最近までは全くといっていいほど知りませんでした。この『但馬強力』、ある程度熟成貯蔵されたものではあるのですが、冷やでの呑み口は驚くほど雑味の無いもの。ただし、居酒屋などで出される単なる「端麗辛口」のお酒とは違い純米酒特有の米の旨みを感じさせたものの、多少控えめに感じる分あまり印象が残らない気がしたのです。しかし、温めて呑んでみると・・・これがまったく違う表情を出すのです!口に含んだ瞬間は米の味と燗酒特有の多少のピリピリ感が口の中で立ちましたが、最後は米の味をしっかりと口に残しつつ、すぅ~っと美味しい水が喉の奥に消えていくが如しなのです。米の味をしっかり残しつつ、しかし呑み飽きしないという、まさに「全国区のお酒にならずとも、地元の方に愛されて欲しい」という気がしたお酒でした。

しかし、残念ながらこの蔵はもう、存在しません。いろいろなご事情があったとは思いますが、昨年蔵を閉じられました。この『但馬強力』はその蔵が閉じられる前に造られたお酒です。蔵が無くなることが決まった直後、地元では飛ぶようにお酒が売れたらしいです。とても残念なことですね。そして、日本酒が売れなくなっている現在、潰れていく蔵元は後を絶たない状況です。是非、一度「地元」で無名でも丁寧に造られているお酒があれば呑んでみてください。無くなってから嘆いても取り戻せないのは、自然だけではないのかもしれません。

このお酒は兵庫県神戸市の米とお酒の専門店である『行然庵』さんから紹介されたお酒でした。こちらもとてもこだわりを持って「食」「お酒」を扱っている酒屋さんです。いつもメールでのやり取りが基本なんですが、一度是非直接伺ってこの『但馬強力』の話などを聞いてみたいと思ってます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年7月 5日 (火)

平日朝からお酒?・・・大信州 吟醸甘酒!

みなさん、こんにちは。

呑みすぎた翌日、「今夜こそは呑まない」とか「朝飯?いらんいらん・・・食えないよ」な~んて思ってる方、多いと思います。まあ、大体その夜になると考えは変わるんでしょうけど・・・。そこで!朝から堂々と!呑みたい人にお勧めなのが甘酒です(もちろんアルコールは入ってないやつっす)。これはブトウ糖もたっぷりだし、むしろ呑みすぎの翌日にこそお勧めか?(定かではありませんので・・・)

甘酒にもいろいろありますね。砂糖が入った砂糖の甘さたっぷり甘酒。これはここでは論外とさせて頂きます。やっぱり、あくまでも米の甘さを前面に出してもらわないとね!今まで何種類か造り酒屋の甘酒を呑んで来ましたが、心から美味しいと思ったのは「南部美人」の甘酒と、この「大信州」の甘酒ですね。ただ、この「大信州」という蔵の日本酒はまだ呑んだことがないんです。でも、1年ほど前に買ったある本にこの大信州の蔵のことが書いてあって、「是非一度呑んでみたいなあ」と思っていた銘柄なんです。そこで、最初は日本酒ではなく甘酒から・・・入ったと言うわけです。

「吟醸」というだけあって、とてもスッキリ且つ濃厚な甘さがあります。この「スッキリ」のクセに「濃厚」なのは、南部美人とはまた違った旨さです。甘さがあとを引きすぎないのがいいですね。全く引かないと言うわけではないですが、やはりこの辺が「あ、いい米と水を使ってんのかな」と想像しちゃいます。想像する・・・ってのがポイントで、この「大信州」という名前で美味しい米・水が想像できるのがいいんだろうな。もちろん、味も言うことなし!これならいつか日本酒の方も呑みますよ、大信州さん・・・!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 4日 (月)

しみじみと、酉与右衛門

みなさん、こんにちは。

今日は日曜。彼女も今日は朝から仕事があるとかで、今日ものんびりと昼まで寝てました。いや、いてもいなくても休日は昼ぐらいまで寝ていますが・・・子供の頃から寝起きが悪くて・・・。とまあ、それはよし。今日は彼女が8時ごろには家に帰れるというので、せっせとご飯を作ってました。今日のテーマは・・・ずばり「蛸」!。昨日いつもの「ビック築地」に3時前ごろに行ってネタを選んでいると、もう「まとめ買い」でお安い時間帯。当然お店のおばちゃんのことを「お姉さん」と呼んで(嫌らしいかなあ)、生ダコの足を2本とイカソーメンとかんぱち、定価2000円のところを1000円にしてもらい。安すぎですがな・・・。

まず、蛸を粗塩でよく揉んで、吸盤をまな板につけつつ、薄切り。これは刺身用。これをさらに塩で揉んで、氷で漬けておいてあとでシャキッと食べる。吸盤はアルミホイルに酉与右衛門を少々ふりかけ、さらにバジルとにんにく醤油を入れて弱火で焼く。最後は蛸飯。実家で造っている米をササッと洗い水に漬けておくこと30分。ぶつ切りにきった蛸さんと醤油とこれまた酉与右衛門を少々ふりかけ、炊き込む。これだけ。男の料理とは名ばかりのずいぶんと豪快な蛸料理となりました。

彼女も帰ってきて食事すると・・・お!なかなか旨い!嬉しいことに彼女も大喜び。仕事帰りに暖かいご飯があることの喜びってやっぱり格別なのかも。特に蛸飯。あれだけ適当に作ってみたんだけどなあ。もう少しごぼうとかにんじんとか油揚げなんかを入れたらもっともっと旨くなりそうだなあ。ご飯をあまりにもバクバクと食べたので、お酒はその後にのんびりと。今日の料理の立役者?である酉与右衛門です。美山錦の純米ですが、空気に触れること約1ヵ月半。それも常温で。一応、小瓶に移し変えましたが、ここんところ暑かったからなあ・・・と多少不安でしたが・・・。

ヌル燗、最高です!!米の甘み、旨み、嗚呼~シミジミと呑むお酒です。クーラーの多少利いた部屋で呑む燗酒ってのがまた。いいんですよ。伊勢元さんが気合を入れて?扱うお酒は、本当に芯がしっかりしていて多少いじめてもヘコタレナイお酒が多いから楽しめます。これは前回の日本酒の会で残り分をゲットしてきたものなんですが、これは旨いや・・・。酉与右衛門、是非、冷たくして、常温で、暖めて、そして時間を置いて呑んでみてください。この表情の違い、これこそ日本酒の面白さなんでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月 3日 (日)

はじめてのオフ会

みなさん、こんにちは。

お酒好きのサイトで書き込みをされている方達と、みなさん焼酎持込の上でオフ会してきました。小鶴黒、むんのら、赤江初留、森伊蔵、喜六無濾過、十四代(米焼酎)、大隈半島限定真鶴、はちまんろかせず・・・等々、超エース級?の銘柄がある意味呑み放題というすごいことに。ほとんど呑んだこと無い銘柄たちばかり・・・。そんなことを許してくれたお店と交渉してくれた方に感謝感激。

小鶴黒・・・呑み飽きしないウマさ。毎日普通に焼酎を楽しむならこれなんでしょうね。お湯割最高でした。(お湯割しか呑んでないけど)

むんのら・・・香ばしさとまろやかさが同居して、麦の旨さがストレートに出ている。呑みやすい!ロックで呑んだが、お湯割で呑むのを忘れた。さぞかし旨かっただろうに。涙

赤江初留・・・ロックで呑む。おおぅ、高濃度だけど呑みやすさあふれる。旨い。

森伊蔵・・・お湯割で。喜六の無濾過のお湯割と呑み比べてみたけど、こちらの方が口に旨みと香りが広がる。芋の吟醸香?があるとすればこの感じかな。久々に呑んだけど、やっぱ旨いや。

喜六無濾過・・・蔵元さんの希望を無視して?約一年半自宅の冷蔵庫に寝かせていたもの。これまた蔵元の希望を無視して?お湯割で呑むが・・・旨いじゃん!芋の甘さがほんのり。ロックの方がいいのかもしれないけど、頑固お湯割派としてはお湯割でこそ評価。

十四代・・・お~これが米焼酎か。これもお湯割で試してみたかったな・・・でもロックが旨いかなあ。

大隈半島限定真鶴・・・綺麗な味ですねえ。萬膳と萬膳庵を旨くブレンドすればこの味が出るのでしょうか・・・我が家で試してみたい。薄めのお湯割、サイコーでした。

はちまんろかせず・・・ロックとお湯割を同時に試す。こういうことができるからホント豪華ですよね。お湯割は濾過した通常の八幡の方が旨みが感じられるかも。でもロックの時の旨みはスゴイですね。比類なきもの、かも。今は無い?さつま寿の中垂れと呑み比べてみたい・・・

とまあ、遠慮なく呑ませて頂きました。お店で出された食事も美味しく頂きましたよ。しかし、これだけの銘柄が出揃った為、呑みきった銘柄は無し(たぶん)。森伊蔵を出された方も「森伊蔵を出して呑みきられなかったのは初めて」と。これまた、豪勢なことで。それぞれの銘柄が、それぞれみんな旨かった!ゆるゆる、これからもまた焼酎を楽しみたいですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金)

味わい深い・・・琵琶の長寿

みなさん、こんにちは

ほんとに暑くなってきましたね!仕事帰りのビールが旨い季節だ!・・・と言いたいところですが、やはりそんな当たり前のことは言いたくありません(?)。こんな時期だからこそ、熱燗ヌル燗が旨いのだ!これぞ暑気払い。まあ最初の一杯はビールでもいいですよ。これはこれで日本の伝統(?!)だからショウガナイ。でも、次はホッとしたお酒を呑んでみましょうよ。もち、私は最初から日本酒・焼酎を燗で行きますが・・・。

で、今日のお供は・・・『琵琶の長寿』です。実は一年前の問屋さんの企画モノの『氷清』シリーズを一年間常温暗所熟成させたもの。伊勢元酒店さんで去年買ったものなんですが、買ったときから『来年の夏に呑もう』と考えておりました。一年って・・・ホント早いなあと思ったものの、振り返っているとなんとなくセツナクなりそうだったので、酒に没頭集中!『氷清』といいつつも、冷たくするなんてとんでもない。当然、燗で頂きましたよっ。

さてさて、味わいは・・・おおぅ、やはり『味がのってる』ってこういうお酒の状態のことなんでしょうか。試しにロック(なんだかんだで冷たいのも呑んでみたかった・・・)と呑み比べてみましたが、米の味わいを感じたいのなら燗じゃなきゃ!ってお酒です。うめえ・・・。母が作ってくれていたオカラと頂きましたが、これがもう合う合う!和食と日本酒を味わっていないそこの方よ!・・・もったいないぞぉ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »