« kotobuki!寿40度!! | トップページ | ああ、これが!出羽桜 桜花吟醸 »

2005年8月16日 (火)

悲しみをぶっ飛ばせ!明るい農村

_001 みなさん、こんにちは。

皆さん最近恋をしてますか?切なくなるほどの・・・。30も過ぎて周りの人を見渡してみると、とっくに結婚していたり、付き合ってもう何年も経っていて結婚秒読みの人なんかが多いですね。また付き合っていない人も、出会いを求めて合コンに励み、駄目だったら駄目でまた次にトライ・・・という感じでしょうか。そんな中、私の親友(もちろん男)がもはや立ち直れないのではないか?と言うほどの大失恋をしてしまいました。傍から見ていて、ショックで何も手につかないというのはこういう状態なのか・・・と思わされるほどの。

彼には2年前までお付き合いをしている彼女がいました。いつもほころぶ様な笑顔でいてくれて、性格の良さが滲み出ているような感じの女性でした。私たちもみんな彼女の大ファン。が、彼は、そんな彼女がとても大好きでいたにもかかわらず、とある理由から、突然彼から一方的に身を引いてしまいました。彼にしかわからない理由があったのかもしれません。ただしそれでも彼は、ずっとずっと彼女のことが大好きで大好きで・・・。そんな彼が最近一念発起して彼女に連絡を取り、2年ぶりの再会を果たしました。以前と変わらない様子の彼女と話も弾んだようです。彼も心の中ではまたあの頃のように、いやあの頃よりもっと強い関係を彼女と結べるようになることを願ったに違いありません。が、彼は、話の途中で気づかされてしまいました。彼が大好きだった彼女は、今はもう既に別の男性と結婚されていたのでした。

「何故会う前にそんな当たり前のことを想像すらしてなかったんだろう・・・。普通に考えれば当たり前のことなのに。」彼は、当然ながら自分を責めます。1週間たった今でも、ご飯を食べたりお風呂に入っていてもふと気づくと涙が流れていて困る、と彼は言います。

「一つの恋の終わりでクヨクヨするな!またいい人が現れるよ!」という言葉が喉の奥まで出掛かりますが、とてもそんなありきたりの言葉をかけられる様子ではありません。お酒があまり呑めない彼は、甘酸っぱい梅酒をソーダで割って喉に流し込みながら、夜が更けるまで同じ話を繰り返し繰り返し。話を聞いている私ともう一人の親友は、『明るい農村』のお湯割りを呑みながら、話の折りに相槌をうちつつ、彼の後悔と自責の念の思いを、ジッと聞くのみ。明るい気分からは程遠いのですが、こんな気分を全部吸い込んでもらいたくて、これを2人で飽きることなく呑んでました。

「30を過ぎて涙を流すほどの恋なんて上等だったじゃないか!」と、早くみんなで笑いながら一つの恋を振り返られる日が来ますように。そして願わくば、その日が一日でも早く来ますように・・・

|

« kotobuki!寿40度!! | トップページ | ああ、これが!出羽桜 桜花吟醸 »

コメント

う~ん、厳しい話ですね。しかしその友達は何故、身をひいたのでしょう?その彼女の年がいくつか分からないですが、25をこえた女の子の2年は長いですからね~。
私としては、振られてもいいからそんな恋をしてみたいです。34のおっさんには無理かな?

投稿: an | 2005年8月16日 (火) 14時37分

誰にだって、泣いた夜はあると思う。
そんな夜は、好きなだけ飲めばいい、泣けばいい。

彼は、
「自分がそれだけ人を好きなれた、愛せたのだ」と言うことを、彼女の笑顔が気付かせてくれた、
それを気付かないと、その彼女も可哀相。
彼が彼女と別れたこと、一緒に居ない事を後悔しているとしたら、彼女の今の幸せがうれしくない事になります。
ええかっこしいかもしれないけど、2年経った今、隣りに居るのは自分じゃないけど、そこに幸せな大好きな彼女が居るのは、自分にとって幸せなことだと、そう気付いて欲しい。

投稿: 陵(愛と焼酎の伝道師) | 2005年8月16日 (火) 14時46分

のむりん様
すごい表現力豊かな、ブログですね。つい、同情したくなります。今、思えば、失恋って、すごい肥やしになったなぁってつくづく思います。振った、振られたに関係なく、経験はすごく強いですよね。しかし、年をとっても恋愛ってしていたいですね。つくづく思う中年でした。

投稿: 平均的日本人こと森井象 | 2005年8月16日 (火) 21時04分

anさん

どんな年になっても、恋をしている自分でありたいですね。長年付き合っている彼女であったり奥さんであったりしても。
彼が早く立ち直って次の恋に目覚めることを祈るばかりです。

投稿: のむりん | 2005年8月17日 (水) 01時37分

陵さん

彼には、今の状況だからこそ、彼女の幸せを心から祈ってあげて欲しいと思ってます。
もちろん、大変厳しいことだとは思いますが・・・でも、それが本当の意味で一つの恋を全うするということなのかとも思ってますし、彼ならきっとできるのではないかとも思ってるんです。

投稿: のむりん | 2005年8月17日 (水) 01時42分

森井象さん

私も、今までの恋あってこその自分だなあと思ってます。そして、失恋ほど自分にとって良い肥やしになったなあ・・・と。
いつまでも恋はしていたい、ですね。

投稿: のむりん | 2005年8月17日 (水) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/5490133

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみをぶっ飛ばせ!明るい農村:

« kotobuki!寿40度!! | トップページ | ああ、これが!出羽桜 桜花吟醸 »