« 酒と共に、秋の初めにため息を | トップページ | 大金星まであと1歩!祝杯までもう少しです »

2005年10月18日 (火)

祈りをこめて、自分酒

みなさん、こんにちは。

いや~~~~~~~。ずずん、と仕事に時間を多く割かねばならない今日この頃。なんだか外の秋風が気持ちにまで入り込んでくる日々・・・なんであります。今朝も4時ごろ関連部署の部長からの早すぎるモーニングコール・・・早い。早すぎる。ずずずずん。

そんな「な~んか思い通りにいかないんだよな・・・っ」な秋の夜に、自棄にならない私の処方箋は・・・

「うまい酒、造っちゃおう」

これに、限ります!お酒は呑むばかりが楽しみではありません!と言っても、もちろんドブロクを闇で仕込んじゃうわけではありません。買ってきた大切なお酒を、自分の楽しみの範囲で「遊び」ます。いわば、『自分酒』ってところでしょうか。まず日本酒は、一合瓶に小分けです。あるものは冷蔵庫に入り、なるべく「買ってきたものと同じ状態」にしとくもの。あるものはヒタヒタまで満杯にして暗室に閉じ込め、しばしの眠りの世界に入るもの。または半分だけ入れて、空気にある程度馴染ませながら耐え忍ぶ別名スパルタ酒になるもの。(このスパルタ酒が化けたときが・・・たまらないウマさなんですけど)  う~ん、同じ一升瓶で出荷されたお酒なのに、こうも別々の道を歩むんですねぇ。なんか、人生の比喩のよう・・・。なんて。

お次は焼酎!これは、甕と小瓶で。好みの濃さに割った焼酎を、いかに長い期間をかけて滑らかな割り水熟成させるか・・・がミソなんであります。焼酎全般に言えることとして、割り水焼酎はなるべく空気に触れさせないほうが美味しくなりますね。もちろん、水も重要ですね。今日は財宝温泉ですが、呑んで見ると甘みを感じます。では主役の焼酎!まずは萬膳。このお酒は、薄めて割ったときにのみ見せる真髄があるような気がしてます・・・。凄みが現れるというのでしょうか。1対4ぐらいで割ってうまく3ヶ月ぐらい寝かせたとき、雑味のない光り輝くような旨みが出るような気がするんです。さ、じゃあこれは小さめの甕にヒタヒタに入れよう。720mlを1対4なら、アルコール分もビールとそんなに変わらないぐらい。なので、温度管理には気をつけつつ空気はなるべくシャットアウト!して、3ヵ月後にはヌル目にゆるゆると温めたものを・・・ゴックンゴックン呑めちゃうわけです。いや~贅沢。贅沢ってこういうことを言う。それと「八幡」。これは、逆に薄めすぎちゃうと八幡本来のナタの切れ味が無くなってしまうので気をつけなくては。これは薄めるのが好きな私でも1対2まで。これがうまい具合に水と焼酎が馴染んだら・・・ナタが伝家の宝刀に大変身!!魂に刻み込まれるウマさ・・・ですよっっ。

私は焼酎も日本酒も、『自分酒』モードにしたら焼酎は一ヶ月以上、日本酒は半年ぐらい寝かせちゃいます。この焼酎を呑む頃には、もう冬の足音が聞こえる頃なのかなぁ。日本酒は呑む頃はもう春だ。おお!なんかワクワクするなあ。その頃は、もっと自分自身力をつけていられるように!祈りをこめて、お酒の蓋を閉めました。

|

« 酒と共に、秋の初めにため息を | トップページ | 大金星まであと1歩!祝杯までもう少しです »

コメント

同じお酒でも飲み方一つ、一緒に飲む仲間、体調や気分などでそのときによって味も様々で楽しめますね。のむりん様はお酒と気軽に真剣勝負してるように見受けられます(笑)銘柄の特色を理解されておりより良い部分の引き出し方が上手なのですね。尊敬に値します。
私も今日は980円の激安サーバーを買ってしまいましたが何を仕込もうか思案してます(笑)

投稿: 弁慶 | 2005年10月19日 (水) 01時39分

いつも飲み方に工夫が有りますよね。私と同じようにお湯わりがお好きなようですが、銘柄でやはり飲み方は変わります?と言うか今の時期はお湯わりの美味い銘柄が多いのですか?

投稿: 池の鶴 | 2005年10月19日 (水) 03時24分

さすが、のむのむ日記
飲むことも、そこに行きつくまでも含め、
全てが楽しそう。

投稿: 陵 | 2005年10月19日 (水) 09時36分

弁慶さん

どうもです。いえいえ、そんなタイソなもんではないです。
遊び心というより、悪戯に近いよなもんです。
最近は甕とか安くなりましたよね~。また合羽橋に行っていろいろ購入したい気分・・・

池の鶴さん

池の鶴さんもお湯割りフリークですね(笑)
焼酎は、日本酒ほどあまり温め方については気にしてないですね。
年中お湯割りや燗ですが、あと半年以上気候的に温かいのが美味しい季節が続くかと思うと嬉しい限りですね!

陵さん

これからも、ゆるゆるといきます・・・

投稿: のむりん | 2005年10月20日 (木) 01時16分

おこんちは。
焼酎は、軟水で6:4で割って、3ヶ月置いて黒ジョカで飲む!
とか、いろいろ本や雑誌でいわれてますが、
自分でうまいと思う飲み方が1番いいと思います。
日本酒にしたって、開けて1ヶ月も外に置いてたら酢になるよ。
と、いう人がよくいますが、それも間違いではないが正解でもない。
本物の酒ならそんなことにはならないし、大手のアル添酒や造りの悪い酒なら酢にもなりますよ。
自分の舌で、旨い酒を探し、自分の好きなように飲む。
それが、全てうまく重なったときの幸せときたら!
ねっ!のむりんさん

投稿: an | 2005年10月20日 (木) 17時50分

 さすがの文章力に完敗(乾杯)です!!
私も、不味すぎて全然飲むことができなかった焼酎を、水割りしたまま冷蔵庫に半年ほど忘れていた事があります。改めて飲んで見ると、見事に変身していました。カミサンの化粧より凄いです。(笑) 又、お互いに飲み方の工夫も情報交換できたら楽しいですねぇ。

投稿: 海大好き | 2005年10月20日 (木) 22時01分

anさん

そうなんですよねぇ・・・
ハマったときの快感がすごくて。
ほんと、たとえ同じ銘柄でも二度と味わえないお酒の味なんですよね・・・これぞ、一期一会ですかね?

海大好きさん

いえいえ、文章もゆるゆるですよ、ハイ・・・
もちろん銘柄もいいですが、呑み方の工夫でいろいろ味わいが変わる快感ってありますよね~。各人それぞれいろいろあってよいのかなあと思ってます。海大好きさん流の美味しい呑み方があったら教えてくださいね!

投稿: のむりん | 2005年10月21日 (金) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/6464986

この記事へのトラックバック一覧です: 祈りをこめて、自分酒:

« 酒と共に、秋の初めにため息を | トップページ | 大金星まであと1歩!祝杯までもう少しです »