« 末永~く幸せに行こう!萬年と寿と | トップページ | ゆるゆると、いきましょうね »

2005年11月 3日 (木)

一日遅れの本格焼酎の日

みなさん、こんにちは。

先日日本酒の日(10月1日)を迎えたばかりと思ったら、もう一月過ぎて焼酎の日を迎えちゃいましたね。んー、はやいはやい。明日は会社お休みですし、一日過ぎちゃったけど本格焼酎の日ということで今日ぐらい「痛飲」しちゃってもいいよね・・・と一人自分に問いかける。もちろん止める人がいるわけでなく、さ、遠慮なく呑みましょう~。まずは、お酒置き場から割り水してた焼酎を出してズラリ並べるところから。真鶴、佐藤、古の千鶴・・・などなど、まずは眺めてみて。この時はこの時でまた至福の時であるわけですよね。さぁ、呑ませて頂きますよ~!っていうこの感じは、F1のスタート直前の雰囲気というのは言いすぎ?そしてもちろん、全部温めさせて頂きますよ!さあ、それではドドーンとスタート!

まずは「真鶴」から。何も口の中でまじりっけのない状態で呑みたくて、初っ端はこれ!と決めてました。割り水して半年、甕の中でゆるゆると時を過ごしてた真鶴は・・・気づくと杯を重ねてる焼酎としかいえず。最初の銘柄から杯が止まんないよ~。八幡やさつま寿であれば、呑んだ後にでも口の中で味を思い起こすことができます。しかし、この真鶴ばかりは、いつもはチビリチビリと呑む私も気づけば「グイっ」と呑んでしまっていて、「あれ、どんな味わいだったっけな・・・」と思っても本当に表現できないんですよね・・・旨い、というのが精一杯。年に二合ぐらいしか呑めないのが残念ではありますが、それを大切に好きなようにして呑む!というのもまた良し!ですね。

次は「こだわりは只ひとつ 小さな蔵で 正直に醸す自然な味」。ご存知、櫻井酒造さんの白麹と黒麹のブレンド焼酎。これは実は割り水後に一年半、ほとんど密閉状態で保存してました。もちろん相当、期待。これを今日開けなくてどうするの?そしてこれを真鶴の後に呑んでみますと、、、真鶴以上の芋の旨みがふわわぁぁっと口中に広がってもう大変!こ・・・これもうまぁぁい!あれ、この焼酎ってこんなに自分の好みに合ってたっけ・・・と思いましたが、すごく幸せなことに違いなく。「いいねぇ」と思わずつぶやいてしまったりして。優しい、なんとも正直な味わいの芋焼酎ではないですか。しかし、「いいねえ~」。

そして「古の千鶴」。実はこの焼酎、温め方で味がガラリと変わるように感じてます。熱いお湯にこの焼酎を注ぐだけだと、辛くて呑み応えドーンというタイプ。昔ながらの味わいとでもいうのでしょうか。が、割り水して、じんわりじんわりと温めると・・・「芋焼酎の華が開く」としか表現できない瞬間を迎えることがあります、芋の甘みと旨みがパパァ~っと押し寄せるのです。それも、時間にして3秒ぐらい。「八幡」がゆるやかにその余韻に浸れるのと比べると、花火に近いような華の開き具合です。でも、その一瞬のスパークが結構たまらないし、温め方次第ではそれが開かないしで・・・なんとも燗の技術に左右されそう。これをいつも私好みの味わいで呑みたいのですが・・・私ではまだまだですね~。まだまだ遠くて細い、燗の道です・・・。

そして「佐藤 黒」。関平の水を取り寄せて割り水したものですが、その相性もいいのか、割り水してちょうど一年、なんともいえない円やかさと旨みがギュギュッと凝縮してますよ・・・舌そのものが「ああ、うめえ」と喜んでいる。そんな感じ。いや、俺もこの「佐藤」は旨いと思うよ・・・やばい、止まんないねこれ・・・某新聞で取り上げられて以来、ちょっとしたシンデレラボーイ的扱いを受けているこの焼酎ですが、やっぱりなんとも当たり前以上に旨い芋焼酎ですね。よし、もう一杯呑んじゃえ・・・

明日は実はちょっとした決戦の日。やばい、深酒している場合じゃないんだけどな・・・でも、でも、止まらない。旨いですよね~焼酎って・・・。わかってはいたはずですが、今日また再確認。私にとって、日本酒を素敵な女性と例えたとして、焼酎は気の置けない男友達のような感じというのでしょうか。一年ぐらい割り水して放っておいて今回久しぶりに呑んでも、「お、ひさしぶり。元気?」なんて気軽な会話を交わすようで。そして、更に旨くなっているわけで。もはや、瞠目するしかないですね。明日は明日、今日は幸せな気分に浸っちゃおうかな。久々に会った友と、夜通し話をしてるかのように。

|

« 末永~く幸せに行こう!萬年と寿と | トップページ | ゆるゆると、いきましょうね »

コメント

いつ読んでも、すばらしい文。そしてこだわりの飲み方。
情景が浮かんできて朝から飲みたくなってしまいます。

投稿: 池の鶴 | 2005年11月 3日 (木) 06時33分

池の鶴さん

さすがの早い時間は、ジョギングでしょうか・・・私もちょっとは見習わないとなあ。
ところで朝酒って私はしたことないんですが、やはり禁断の味なのかな・・・

投稿: のむりん | 2005年11月 4日 (金) 00時44分

本格焼酎の日は、のんべぇの祝日にしよう!
そんな運動誰か起こさないかな・・・

でも、9時には帰って、焼酎飲みました。

今は無き蔵の「泉の誉」でゆるやかな夜でした。

投稿: 陵 | 2005年11月 4日 (金) 14時51分

陵さん

こんにちはです。
泉の誉、新屋酒造さんのお酒でしょうか。いま、どうされているんでしょうね・・・。のんべえの祝日ですよね。最悪、祝前日でもいい!たっぷり夜更けまで呑めますしね・・・

投稿: のむりん | 2005年11月 6日 (日) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/6866899

この記事へのトラックバック一覧です: 一日遅れの本格焼酎の日:

« 末永~く幸せに行こう!萬年と寿と | トップページ | ゆるゆると、いきましょうね »