« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

芋焼酎一考

滅茶苦茶久しぶりの、二日連続のUPであります。最近各方面から「アップ遅すぎ」「もはや日記とは呼べない」「根本的にやる気、ないでしょ」などなど、温かい(と思い込むしかない)励ましのお言葉を頂いておりますので、ちょっとばかし重い腰をあげさせて頂きまして・・・。

とはいえ、さっすがに先週末心満たされるよに呑みましたからねえ。日本酒も美味しかったけど、あの焼酎もまだ体をまわっているかのような・・・今宵はその余韻に酔いしれるのみで十分幸せ一杯でありますので、本日はお酒を控えながらの芋焼酎一考ということで(あ、もちろんいつもどおり”ゆるゆる”であります・・・)。

さて、最近の芋焼酎って、「森伊蔵」、「萬膳」、「なかむら」、「村尾」などなど非常にこだわりを持った焼酎が大人気ですよね。味わいは、芋の嫌味のない旨みを引き出して味わい・コクともに清冽な感じを残すタイプ。若年層を中心にロックで呑んだりする人が多いでしょうか。原料を見ると米麹には伝統的に使われているタイ米ではなく、ヒノヒカリやコシヒカリを使ったりして「こだわって」造られたということが伝わってきます。価格も若干高めの設定ですね。

また、「八幡」「さつま寿」「薩摩茶屋」に代表されるような、地元の方々に相変わらず支持されきている銘柄も個人的に大好きです。こちらは昔ながらの味わいで価格もお手ごろ、米麹は多くはタイ米を使用したりして、お湯割りにした時のふっくらした味わいが真骨頂と感じております。

さて、ここからが本題。こうした芋焼酎ですが、「芋」の焼酎ってぐらいなので、もちろん「芋」こそが味わいの決め手になると思いつつ、最近は米麹に使用される「米」もかなり味わいを左右してるんじゃないか・・・と思ったりしてます。それを初めて思ったのは、「芋麹」のお酒を呑んだとき。全部芋なんだから、お湯割りにした時にもっと芋っぽい濃厚さを期待してたら、思ったよりもスッキリした味わいに肩は「ガックリ」頭の中は「??」。なんででしょう・・・。芋たっぷりなのに、と。それと、高良さんの「田倉」、尾込さんの「鴨田楽」を呑んで更にその思いは強いものに。あの「八幡」や「さつま寿」と呑み比べてみても、何故か国産米を使ったものは一様に「スッキリ」さの方向に行く気がしてならない・・・。あの八幡や寿をお湯割りにした時のふくよかさは、「田倉」「鴨田楽」には(美味しさは別として)ちょっと見受けられない。やはりあの旨みには米麹である「タイ米」の存在が大きいの?!それと、貯蔵したタイプの芋焼酎。何故にスッキリするんでしょう。貯蔵すればするほど「芋っぽさ」が薄れていくというか、米のパワーに負けちゃうんでしょうか・・・。昨年末に爆発的なほど芋の旨みたっぷりだった「さつま寿 旬」も貯蔵すると変わっちゃうんだろうか・・・などなど、疑問はつきません。ああ、以前尾込さんに会えた時にもっともっと聞けばよかったなあ・・・なんて思ったりしてますが、最近は芋焼酎の中における「米」の役割をちょっと考えてみたりしてます。個人的嗜好は、「タイ米ビバッ!」ってところですが、是非是非その辺は皆さんからいろいろ教わりたいところであります。

また、薩摩の焼酎も「産地指定」の方向に進んでいるようですね。とりあえずその対象は「芋」が県産であることが条件のようですが(その他、製造や瓶詰めなどの工程も県内であることが必須とか)、この米麹はその条件にはひっかからないでしょうね?まさか、タイ米を使うことによって大好きなあの焼酎が「薩摩」を名乗れない・・・なんてことはないでしょうし。産地指定の動きも「焼酎」の地位や存在を守るために必要なことだというのはわかります。が、やはり大切なのは『美味しい』ということ。その美味しさこそが、支持されている最大の要因であります。是非是非、その美味しい焼酎をこれからも呑みつつ、生きていきたいなあ。と思うわけであります。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年2月27日 (月)

素敵な週末の過ごし方は・・・

皆さん、一番大好きな時間っていつでしょう?水曜の午前中、というのが主婦の方の一番好きな時間と聞いたことがあります。翻りまして我等がサラリーマンはというと・・・やっぱ金曜日の夕方かな。私は、文句なしにその時間帯ですね。土曜に出勤する羽目になっても、この時間帯だけは謳歌したい。それぐらい好きなんです。が・・・お客様より電話頂いたりと、解放されたのは9時も過ぎた頃。ああ、この時間帯では伊勢元さんのところも田島さんの所にも寄れないなあと、少しがっくり。

しょうがないなあ。諦めのため息をついて雨の振る中を山手線でほぼ半周したころ。高田馬場でふと思い立ったのが「旬菜美酒 柾」さんのところ。今日は彼女も料理教室でパンを作るから帰りが遅くなると言ってたし・・・もしそこで食事が出来れば素晴らしい週末の復活!とばかりに思い立ったが吉日で不謹慎と知りつつも電車の中でコソっと電話したらちょうど席が空くところとか。お、残業してた甲斐があるってもんだ・・・。ということで、その15分後にはカウンターで一人美味しいお酒と食事を堪能し始めていました。ふと沸いてきたようなこの幸せ。燗にしたお酒はその気になれば一升瓶丸ごと呑んじゃいそうなぐらいに食事との相性がよくて。なんですかこの竹の子の天麩羅は・・・旨すぎますよ・・・なんて一人唸っていたら、他のカウンターのお客さんとも話が弾んでいつの間にやら隣り合わせて食事とお酒を。食事とお酒に、楽しい会話まで入ったら言うことないですね。本当は2時間ぐらい呑んで終電で帰ろうとしてたんだけど、いつの間にやらそんな時間は過ぎ去ってましたよ・・・。そして最後にそっと出して頂いたお酒は・・・言葉をなくして味わうのみ・・・

幸せな金曜日の夜を1人過ごした後は、今度は2人で共有しないと(何を言われるか・・・)。そう、こんな美味しいものを独り占めしてしまっては、ですよね。ということで、2日連続できてしまいました。今夜は彼女も一緒で。今日のアンコウ、すごく美味しかったなぁ。あれ、やはり彼女は隣で今日も日本酒を呑んでます・・・。誰が薦めるわけでもないのに、やはり美味しいご飯を前に、自然に呑みたくなるんでしょうか。食事中は2人、会話もソコソコにジッと真崎さんの作る姿を見ている。もうこれが楽しくて。家で自分でご飯造るときに真崎さんが塩をパッパと振るしぐさを真似したりして、少しでもあやかりたい感じで。周りの皆さんと、笑って、食べて、呑んで。「いいなあ」っていう実感がたっぷり、素敵な週末でした。真崎さんの安心できる人柄と食事とお酒が、とても素敵な雰囲気を作ってくれます。彼女はこのお店の大ファン。私も、大ファン。素敵な週末の過ごし方に、またひとつ大きな選択肢が出来ました。皆さんも、是非素敵な週末を過ごしてくださいね・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

喜久酔で、ほろ酔い

体の芯から痺れるほどの寒さ、ずいぶんと収まった気がしますね。

ただし、コートは着てると暑いけど脱ぐにはまだ寒すぎる。じゃあ薄手のコートでも・・・なんてのは持ってないから、寒さだけには強いこのコートともうしばらくのお付き合い。こういう時に気を抜くと一発で風邪引いちゃいますから、気をつけようっと。

先週土曜日は親友のT君の結婚式でした。披露宴では私の見知らぬ多くの人が代わる代わる挨拶されていましたが、その内容から垣間見える彼の人となりは、普段私が付き合っていて抱いているイメージと全く一緒。何度「誠実」という言葉を聞いたことだろう。彼の誠実さは決して周りの人に緊張を抱かせるタイプのものではないのですが、隣にふんわりと座る新婦の幸せそうな笑顔が、何よりも彼の誠実さの本質を雄弁に物語っている・・・ようです。

二次会は企画役の私の落ち度がかなりあり結構バタバタしてしまいましたが、新郎が新婦との出会いから現在、そしてこれからの希望を綴った手紙を朗読した時は司会という立場を忘れそうになりました。幸せだろうなあ、新婦はぁ。その後のお姫様抱っこしてのキスも、あの手紙の朗読の前には霞むほどだよ。新婦は今回の企画を喜んでくれたでしょうか?会の最後にドラジェを手渡しでもらった時に、新婦からキュッと握手してもらえた感覚が未だ手に残ります。

その後は部活の仲間と三次会から四次会へと流れましたが、学生時代は来る日も来る日も合宿所で家族のように過ごしてきた仲間も、今では結婚もして子供いて新しい家族を築き上げている人も多くなってきました。2年前に夢を追って仕事を辞めた後輩も、借金背負いながら今年は念願かなって見事!のようです。あの頃は一緒にいるのが当たり前のように接してきた人達が、実は尊敬できる人ばかりだったんだなぁ・・・とちょっとシミジミ。終電の時間、こんなに疎ましく思ったことはなかったなぁ。

こんなふっくらとした柔らかい、シミジミとした余韻を楽しみたいときは日本酒を呑みたくなります・・・ね!お祝いの意味も兼ねるから大吟醸あたりを呑みたかったけど、生憎手元には無し。ということで、今日のお供は「喜久酔 しぼりたて 無濾過生原酒」です。どんな時でも飾らない彼への『一人祝い酒』には、この普通酒の無濾過の生の原酒ってのが実はピッタリ・・・なのかも。この静岡の銘酒「喜久酔」は燗よりも冷で美味しいと聞いてたから少し距離を置いちゃってたのですが、田島さんのオススメということで購入。これは特にしぼりたてだからガスも少し残る感じ。さすがにこれは冷やしたほうが旨いだろう・・・と思いつつも、普通酒だしちょっと試しに燗を・・・うぅ・・・これはちょっと燗は合わないや。お椀にはお湯の代わりに氷を敷き詰めて、そこに錫製のお猪口を浸せばうまい具合に常冷のお酒が出来上がり!プチプチした感じがたまりまへん。たまにはチビリチビリと冷酒もよし。どうやら私の場合は燗だとグイグイいくくせに、冷だと少しずつしか呑めない体質のようで。口の中に含んでいると日本酒のストレートな旨さが徐々に華開いて行きます。アルコール度数が20度と高めだから、水を呑みながらゆっくりと味わう・・・ん~・・・至・・・福・・・だ・・・

お酒を呑みながら、良き出会いにシミジミと感謝した一日でありました。二次会に出席するためだけに博多から来てくれた後輩もいたし、彼の人徳には驚かされるよなあ。ほんと、よい結婚式でした。ということで、今宵もまたそれにかこつけて乾杯、なのであります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

チョコもお酒も

ハッピーバレンタインです。

まあ、バレンタインといってもさすがに今更なんのサプライズも無いし期待してもいませんが、そんな私も学生の頃はっつ~と・・・これまた甘くもなんともないビターな思い出で一杯かな 涙

さてさて、そして本日もまた午前様帰宅でありますが、やはり疲れた体にはチョコレートがよござんす~(深夜ですがぁ)。今年もかろうじて頂けたのは彼女と家族からですが、ちょっと今回は嬉しいのを頂けましたよ・・・!彼女からは、『黒龍』入りのチョコレート!木箱に入った越前焼のぐい呑みに、お酒の代わりに注がれておりますは黒龍吟醸酒が練りこまれた生チョコですよ。これ実は去年も販売されているのを見かけたのですが、タッチの差で売り切れ・・・だったので、今年こそはと予め彼女にリクエストしていたのであります。して、その香りは・・・ほんのり吟醸香も感じられますね~。しかし黒龍に生チョコとはリッチな感じがたっぷりです。期待を胸に秘め、どれどれ味わいはというと・・・おおっ!旨ッッ!初っ端の味わいはビターなチョコという感じでありますが、セカンドアタックは紛れもなく香しき日本酒の味わいが口の中一杯に!ん~キレよしコクよし!さすがの黒龍もチョコにあわせりゃ辛口酒。チョコと日本酒も、本来のお酒の味わいから外れちゃうかもしれませんが、なかなか面白い組合せなのでは・・・チョコはペロリ平らげ、ぐい呑みは今後も愛用させてもらいます。

お次は妹から。おっ、今度は芋焼酎入りチョコレート。リクエストしたわけではないですが、さすがっのチョイスであります。さてこちらの方はというと・・・お、ボンボンですね。そういえば百年の孤独入りのボンボンなども見かけたこともありますが、こういうの流行なんでしょうかね・・・。味わいは、日本酒に比べてドライな分だけ甘ったるくない感じです。あ、これは何個でもいけそう。なんか、昔々食べたウイスキーボンボン、やはり似ております。それが中身が焼酎。これまた面白いですね・・・!ん~これも堪能させてもらいました。

今年のバレンタイン戦線には焼酎や日本酒の入ったラインアップも増えていたようですね。(しかし、5年前に東京で焼酎入りチョコなんて考えられなかったでしょうね・・・ブーム恐るべし)こんな楽しみ方もよいのではないでしょうか。あ、そういや本日は禁酒日にしてたんだ!これ食べて禁酒といえたのかどうか・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

「八幡」と、そして「さつま寿」と

大好きな焼酎が、あるのです。常に、私の心を満たしてくれるよな焼酎が。いろいろ呑んでみたけど、呑むたびに「ああ、やっぱこの味この銘柄なんだよねえ・・・」と思わされる焼酎が。

「純黒」、芋焼酎の入り口に立たせてくれました。「萬年」、比類なき濃厚さがホントたまりません。「萬膳」、あまりの旨さに言うべき言葉が見つかりません。などなど、お気に入りを数え上げたらキリがないぐらい。

それでも、その中から「自分にとってのこれぞ!の芋焼酎をあげよ」と言われれば、今の時点ならこう言いきります。『八幡に、心より惚れてます』と。そして、『さつま寿から、目が離せないんです』と。共に鹿児島は川辺の芋焼酎。この2本こそ、私の中の芋焼酎の中の芋焼酎!なのであります。共にラベルは黄色を基調としていて、瓶を手にしただけで私を幸せ気分満載にしてくれて。特に手に入りにくくなってからは、お店にあるのを見つけただけでワクワクしてきちゃいますよね。

私にとっての「八幡」。甘みも渋みも、芋焼酎の味わいの『ど真ん中』をついてくるよう。剣道の竹刀で気持ちよく胴をなぎ払われる感覚とでも言うのでしょうか。常にズシンと真っ直ぐ、余計なことは一切言わない芋焼酎。ああ、きっと軽薄な自分とは全く違うこの焼酎に惚れちゃったのかもしれません。だから一人シミジミと、呑むことが多いかな。この完成された味わいは、いつまでもいつまでも「変わらないでいて欲しい」芋焼酎です。

私にとっての「さつま寿」。最近は芋の甘みが富に顕著に現れてきた気がします。特に今期の『旬』の旨さよ・・・!なんですかあれは?こちらは竹刀ですれ違いざま電光石火の面を打たれたよう。ズシン、と来る代わりにどこか爽やかにスパッとやられます。飄々といつも近所にいたはずの兄ちゃんの、いつの間にやら頼もしい男っぷりに思わず剋目です。気の置けぬ友と一緒に呑みたくなるこの焼酎は、「これからの味わいの変化が楽しみ」な芋焼酎です。

川辺といえば「水」が美味しいことで有名ですし、旨さの根源にはやはりその水の素晴らしさも一つの要因としてあるのでしょうが、水がよければそれだけで旨い焼酎が造れるってわけではないですからね。いったいこの2銘柄の素晴らしさの源はどこにあるんでしょうね・・・。「八幡は好きだけど私には寿はちょっと・・・」とか「寿がいいんだけど、八幡は好みから外れるのだ」なんて人も、もちろんいることでしょう。でも、やはりこの芋焼酎ブームの中で、味わいは決して浮かれることなく芋焼酎の旨さを伝え続けた点にも、惚れちゃっております。この2本、私にとってこれからも何十年と呑み続けたい焼酎であります。皆さんにとっても、皆さんにとっての素敵なお酒の出会いがありますことを・・・!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

ブラインドテイストしてみました!

みなさん、こんにちは。

うわ、いつの間にか二月になっちまいました。一月はいずこへ?ああ、ほんとはあんなことやこんなこと、やるはずだったのに・・・という仕事とプライベートの後悔を残しつつ、時は無常であります。しかし、これだけお酒も買わず・呑ま(め)ずな月も珍しいことです・・・。予約したお酒はあれど、行く余裕なし。ブログも全然更新してなかったし・・・

ま、明日は金曜日です。明日一日の余力を残せる程度に、今宵はドドン、呑みましょう!まずはお酒置き場を覗くところから。最近は日本酒づいてましたが、味わい深い焼酎軍にも目がいきますね・・・。どれにしようかな・・・と、真鶴・不二才・萬年などの瓶を横目に、所狭しとズラリ並んだ小さな甕に手が伸びて。ここには昨年割り水しておいた焼酎が静かに眠っております。しかも・・・なんの焼酎が入っているかはパッと見わからないようにして。まずは、銘柄を意識せずに呑んでみる。旨い?好みの味?それともちょっと違う?などなど、本日の自分の舌が判断してくれます。甕の裏底に銘柄・割り水した日付・水と焼酎の割合を記載したシールが貼ってあるので、銘柄を知りたければ裏底を覗けばOK!ってことで、一人でブラインドテイストして遊んでみるナリよ・・・!

ということで、お湯を沸かしてポットに詰めて、錫製のお猪口とお椀を用意。これで即製の燗焼酎をじっくりと!

さ、じゃあまずは1つ目の焼酎です。わかるもんかなあと、ズズイと口に含んでみると・・・あ、これは間違いない!馥郁とした香りと舌の奥の方で芋の旨みを強く感じるこの焼酎は、間違いなく「萬年」の白麹!いや、きっと間違いない・・・たぶん・・・でもこれは旨いねやっぱり。優しい味わいの宮崎芋焼酎の中で、力強さを包含してますもんね。。。なんて書いて違ってたらどうしよう?

2つ目!これまたズズイと・・・お!南国系のフルーティーさとこのガツンとした味わい・・・きっと不二才!・・・かな。ん~どうだろう。答え合わせはあとで。

3つ目!アルコールに特有の味わいを感じますね、、、これは・・・きっと黒木さんのお酒じゃないかなあ。優しい感じだぁ。となると、喜六の無濾過かなあ。

4つ目!・・・なんの芋だろう。すごい香ばしい。。。あ、これは芋じゃないや!麦だ、六条麦の感じ。となると、道中ですね。これは間違いなし!さすがに芋と麦は間違えないだろう・・・

で、答え合わせ。自信の1つ目から・・・え!!??萬年じゃないの??うそ・・・。しかし、裏底には無常にも「不二才」の文字が。あれ・・・。何が宮崎特有の優しい味わいだっつーの。。。じゃあ「不二才」と答えた2問目も自動的にハズレということですかいな。で、答えを見たら・・・「銀滴 無濾過」。確かに、パンチあったかも。。。3つ目は?なんと真鶴でやんの。え!真鶴を間違う舌なのか!あれ~?ショック、ダメだね、ぜんぜんわかんないや・・・仕事もダメだしお酒でも・・・。ってことで、かろうじて4つ目のみ正解。そりゃ、唯一の麦焼酎ですからね・・・

なんて、でもま~みんな旨い旨い!久しぶりに焼酎満喫しましたぁ。やはり焼酎の割り水燗はいつ呑んでも旨い!ですね。アルコールの棘も感じないですし。多少、芋の匂いは抑えられちゃうきらいはありますが、慈しむべき味わいになること請け合いですよ!

あ、明日は節分ですね。明日もまた恵方巻でも頬張りながら、一週間の疲れを癒すようなステキなお酒をジンワリと・・・呑みたいなあ。

いや、しっかしわからないもんなんかなあ・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »