« 祝優勝!祝杯は真鶴で | トップページ | お気楽に呑もう!天寶一 純米大吟醸 せめ »

2006年3月26日 (日)

元気でやってますか?今宵は田酒 古城の錦で

みなさん、こんにちは。

もうすぐ年度末。師走に負けず劣らずバタバタとされている方も多いでしょうね。同時に、年が明けてからもう3ヶ月も経っちゃったのかぁと過ぎ行く時の速さにもため息を。また、今日TVをつけていると愛知万博が開催されてから早一年が経ったとか。私も万博絡みの仕事をしてたなあなんてちょっと感慨に耽ってたら、ちょうど一年前のある出来事をふと思い出しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

愛知万博が開催される直前、名古屋から東京に帰る土曜日の朝10時ごろ発の新幹線内でのこと。その前夜は揉めに揉めた末になんとか成功したプロジェクトを祝ってお客さんとズズンと呑ませて呑んでの大接待明けだったから、早く家に帰ってもう一眠りしたいなあと思ってたところ。名古屋からは自由席だったけど、大阪方面から名古屋駅に滑り込んできた新幹線は名古屋にて大量の人を吐き出した後で、自由席も割りと空いていたから3人掛けの窓際の席に座ってゆっくり小説でも読んで帰路につこうとしたそのとき。「あの~・・・ここ、座ってもいいですか?」通路側に視線を向けると、髪をお下げにした清楚な感じの女の人が。座っていいも何も自由席なんだから、と思いつつ私が誰かと一緒なのかと気を使ってくれているのかと思って「どうぞ、大丈夫ですよ」と返答。パッと見た印象では短大生ぐらいの人かな?それにしては幼いかな・・・などと頭の片隅で思いつつ手にした小説を読み始めようとしたその時、コートを脱いで隣に座ったさっきの子は学校の制服という出で立ち。なんで土曜に制服姿で一人新幹線に乗り込んでいるんだろう・・・と疑問を持つも、まさか詮索するわけには行かないから気を取り直して小説に没頭。

すると程なく、隣のその子がガタガタと椅子と格闘している。何してんのかと思ったらどうやらリクライニングの仕方がわからぬらしい。私が小説から顔をあげると、「・・・すいません、どうやったら座席を倒せるんでしょうか?」 座席の肘掛部分のボタンを押しながらシートを後ろに倒せばいいんだよ、ということを教えると、はにかみながら「ありがとうございます」と。あれ、もしかして家出でもしたの?しかし大人しそうだし悪い子の様には見えないしなあなんて思いが勝手に交錯してイマイチ小説に集中できず。更にしばらくすると、隣から良い匂いがするなあと思っていると今度はどうやら母親お手製らしきお弁当を広げている。手が込んでいるみたいだし、まさか家出する前に悠長にお弁当を自分で作るような真似はしないだろうなあ・・・家出の線は消えたなあ・・・なんて、にわかヘッポコ探偵が正確な答えを見つけられるわけはなく、まあこの事件は迷宮入りと諦めて、富士山を通過する頃にはようやく小説に没頭。気づけば新横浜を通過して品川駅に到着している。ずっと名古屋にいたけどようやく我が家に戻れるなあ・・・なんてホッと一息つき始めたちょうどその頃。

「あの~・・・池袋にいくには東京駅で新幹線から降りればいいんでしょうか?」とまた隣の女の子。手には池袋までの乗り継ぎがプリントアウトされた紙が。はい、東京駅で降りればいいですよ、そこで山手線という緑のラインの電車に乗れば辿りつきますよという説明をするも、まだまだ不安げ。じゃあ私も山手線に乗って池袋の隣の駅まで行く予定だから乗り場まで案内しましょうか?というと、「はい、是非お願いします!」

ということで、結局は池袋まで同行することに。おお、我ながら自分の名探偵ぶりに自画自賛だよ明智君・・・ってなわけではありませんが、道中はお話てんこ盛り。あ、名古屋まで一時間以上かけて出てきたんだ。高校生じゃなくて中学生だったのか。2年生?へえ、俺がその頃だったら間違いなく一人で新幹線なんて乗れなかったな。中学のときなんて音楽とか映画ばかり観たり聴いてたりしてるだけだったよ。あ、やっぱその辺は一緒?え?ローリングストーンズが好きなの?俺も中学の時に聴き始めたけど、今時の中学生にしては変わってるねぇ。ジャンピン・ジャック・フラッシュが好きかあ。んー、俺はストリート・ファイティング・マンかなあ。コンサートも行ったんだね。お父さんがストーンズ大好きでそれに連れて行ってもらったのがきっかけなんだ。それはいいお父さんだねぇ。羨ましいよ。映画は?・・・ダスティホフマンが好きな中学生なんているのかぁ。そんなんで友達と話し合うの?あ、それはそれ、ですか。え?今回東京に来たのは映画と関係があるの?どゆこと?・・・・・・オーディション?!映画のオーディションを受けに来たんだぁ。へぇぇぇぇぇ。ご両親も後押ししてくれて一人今日来たんだ。すごいね、それ。いや、すごいってなにがというか、なんか・・・、すごいとしか言えない。ボキャブラリーがなくて、ごめんなさい。その会場が池袋にあるんだ。●△ビル?いや、知らないなぁ。東京なんてビルばかりだからなあ。あ、やっぱり不安なの?確かに変なところでもコワイよね。何でこのオーディションを知ったの?あ、この映画雑誌ね。なら、大丈夫かなあとは思うけどね・・・確かに不安だよね。え?行きかたがよくわからない?地図見せてみて。どれ、大通り沿いみたいだからわかりやすいとは思うけど・・・じゃあ、ここまで一緒に行ったほうが良い?わかった。それで、一見変なところだったら、今回は諦めて名古屋に帰ろうよ。それでいい?OK.じゃあ、行きましょう!

駅を降りてからは安心させるように、拙い地図と場所を一つ一つ確認させて案内を。ラーメン屋にずらり並ぶ人を見ては信じられないですと目をクルクルさせている。どうか彼女が夢をかけられないような怪しい変なオーディション会場じゃありませんように・・・と祈りつつ、駅から10分程歩いたところにあったのは・・・私も聞いたことのある会社の立派そうな会場が。ああ良かった!と女の子が安心したような顔つき。はい、確かに見ず知らずの俺に連れてこられたのも若干不安だったろうしなあと思いつつ、じゃあ頑張ってね!と会場の前で握手してお別れ!なんとも思いがけない出会いとお別れの一部始終でした。

最後、弾けるように階段を駆け上がっていったその子の顔や名前を、ブラウン管やスクリーンで観かけたことは、まだありません。でも、時々TVで次代のスターとやらが出る度に、その子の事を思い出します。「いつか、またどこかで・・・」という女の子からの別れ際の言葉がスクリーン上で現実となるといいのにな、と思いつつ今日は田酒の古城の錦をグビっと。燗にしても冷でも常温でも呑んでみた。うん、やっぱ旨い!これでもっと芯が強ければ言うことナシなんだけどな・・・、でも、気づくと杯を重ねているこのお酒です。大丈夫、いつかきっと夢は叶うよ。スクリーンでいつかもう一度出会えることを祈りながら。

|

« 祝優勝!祝杯は真鶴で | トップページ | お気楽に呑もう!天寶一 純米大吟醸 せめ »

コメント

ハァハァ、萌えますた(笑
というか、多分私が隣に乗ってたら、そのお嬢さんは声をかけてこなかったでしょう。田酒、いいでしね。はまりそうです。

投稿: an | 2006年3月27日 (月) 11時13分

もう、のむりん様は作家だよな~(笑)
いつも、どうなっていくのかワクワクする文章で引き込まれていきます。本を出しちゃいますか(笑)

そういえば前に電車の中で今どこですか?って聞かれて電車の中ですって答えた友人がいます(笑)

田酒・・・今頃奇跡とも言えます斗瓶囲いが某店に入荷してまだ普通に置いてあります。凄い値段で気を失いそうになりました・・・。が、これが取り合いになるんだもんな・・・田酒すげーよ・・・。

投稿: 弁慶 | 2006年3月28日 (火) 00時35分

anさん

実物の可愛さを見たら萌えだけでは・・・なんて、実際感心するぐらい健やかな子でした。anさんのブログにある、ゲーム買い間違えただけで殴るガキンチョとは・・・って感じです。(当たり前か)
田酒はほんと旨いですね。ただ、空気になじめばなじむほどマズくなる!?ところが・・・サラブレットな日本酒なんです(笑)
あ、そうそう、秋元さんのところの「澤の花」が美味しかったです!是非一緒に秋元さんのところ行きたいですねえ。

弁慶さん

道案内しているとき、あまりにも良い子なので「ああ、俺はきっとこの子の守護霊に道案内に選ばれたんだな」ってマジで思いました。いや光栄でした(笑)。ん~スピリチュアル。
田酒、やはりちょっと高いのが難点かなあ。特別純米の2500円ぐらいはいいとしても、純米吟醸5000円は今時高い!!斗瓶なんて一万円超えますもんね。でも、あれ本当に旨かったっす。伊勢元さんの愛でる会でお猪口いっぱいだけ呑みましたが、、、買って呑みたいけど、せめて6000円ぐらいにして欲しいっす。。。

投稿: のむりん | 2006年3月28日 (火) 01時47分

のむりん様
「澤乃花」の伴野さんでしたら自宅から2時間ほどのところにありまして何度か横を通ったことがあります。国道141か142だったと思います。蔵見学歓迎のような看板があったと思いますし地元の佐久では看板も見ました。
親戚の長野のおじさんが仰ってましたが佐久はいい日本酒が出来るそうです。「明鏡止水」「佐久の花」「帰山」「寒竹」など飲みましたがどれも美味かったと思います。山梨観光のついでに蔵見学しちゃいますか?

田酒の斗瓶はのむりん様もご存知のある方のを代理購入しましたがすげーですよ、参った!!お店にはまだありますよ、もち10500円ですが(爆)

投稿: 弁慶 | 2006年3月30日 (木) 00時37分

おー、なるほどあの辺は旨い日本酒の宝庫なんですね。
じゃあ弁慶さんにいつか案内してもらおうかな。
斗瓶、いつか購入するとは思いますが、まだ思い切れないなー。
一万は高いよ~

投稿: のむりん | 2006年3月31日 (金) 02時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/9259997

この記事へのトラックバック一覧です: 元気でやってますか?今宵は田酒 古城の錦で:

« 祝優勝!祝杯は真鶴で | トップページ | お気楽に呑もう!天寶一 純米大吟醸 せめ »