« 元気でやってますか?今宵は田酒 古城の錦で | トップページ | 知らぬは一生の恥・・・梅酒でも呑んで・・・ »

2006年3月31日 (金)

お気楽に呑もう!天寶一 純米大吟醸 せめ

みなさん、こんにちは。

明日でいよいよ今年度も終了!なんとか営業処理もほぼ終えてようやく少しはほっと一息と言いたい所ですが、後輩や先輩は新規提案で昨日も今日も徹夜っぽい・・・。そんな最中に申し訳ないのですが、今日は明後日の両家対面式の品である辻村史朗さんの作品を受け取りに行ったりするために7時前には退社!会社から銀座までテクテクと歩いて無事受け取った後は、その足で神宮の新川屋田島酒店さんの所へ。辻村さんの作品は田島さんと出会うことが無ければ買うことも無かっただろうし、その報告も兼ねての訪問です。

お店に着くと居り良く田島さんもいらしてたので、椅子に座って日本酒を試飲させてもらいながらあれこれ吟味。この最上川旨いなあ、山田錦の甘みと深みがまた・・・鳳凰美田もどこまでも呑んじゃうよ・・・という所なんですが、今日は絶対にこれ!と決めていた『天寶一 純米大吟醸 せめ』を予定通り購入。もう無かったらどうしようかと心配してましたが、まだありましたがな!純米大吟醸の「せめ」を詰めたものですが、何より価格が魅力的!なんとこれで一升瓶2500円以内で購入できちゃうってんですから・・・。いいんですか!?個人的には「中取り」より「せめ」の方が食中に向いてて旨いんじゃないかと思うし、まさにうってつけ。家には田酒大吟醸、田酒吟醸、悦凱陣が控えておりますが、これはいつ開けるかを只今思案中ゆえ、どうしても今日気軽に呑むことの出来る最高の一本が欲しかったのです。気づけば田島さんの所に一時間以上もこの忙しい時期にお邪魔してしまいましたが、彼女用に梅酒も購入していざ自宅へ!

まずは「するめ」をジンワリと30分ほどかけて極弱火であぶる。あせらずあわてず。酒呑みは準備にこだわらなくてはね・・・。ツマミは炙ったイカでいい・・・なんてレベルじゃなくて、これこそが最高なんです。そしてお供はそこのけそこのけ天寶一!もう言うこと無い組み合わせじゃないっすか・・・。開けたては冷で。うん、香りは控えめで、鋭いような旨みがタップリと乗ってます。それが常温になってくるとヌックリとした旨みがさらに舌から口中に広がるのです。その瞬間、おお、これは燗でもひょっとしていけるのでないか・・・と思ったらずばり正解!じんわりと暖めると旨みは「桜5分咲き」のような感じ。これでも十分うまいけど、生酒といいつつ天寶一は芯が強いから少し常温で数日置いておくぐらいの方がもっと味が乗るんじゃないの??ということで、やはりこれも桜の満開の時期にあわせてまた呑んでみたい銘柄に。ああ、桜の季節にはこんなにも日本酒が合うとは。気軽にお手軽に純米大吟醸です。しかも一本気の通ったお酒。これこそ桜の下ので呑むべきかなあ。なんて、来週の花見のお酒の候補が多すぎて選べない。これまた贅沢なことで・・・。さて明日一日は今年度のラストスパート!美味しいお酒を呑んで、仕事も新たな気持ちで来年度に向けてまたがんばるべー!

|

« 元気でやってますか?今宵は田酒 古城の錦で | トップページ | 知らぬは一生の恥・・・梅酒でも呑んで・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/9348904

この記事へのトラックバック一覧です: お気楽に呑もう!天寶一 純米大吟醸 せめ:

« 元気でやってますか?今宵は田酒 古城の錦で | トップページ | 知らぬは一生の恥・・・梅酒でも呑んで・・・ »