« 春一番!桜に合う酒は・・・ | トップページ | 祝優勝!祝杯は真鶴で »

2006年3月19日 (日)

春は「出会い」の季節なり

今日は土曜だというに、珍しく早起き(午前中に起きた、というレベルですが・・・)。いつもならここからのっそりと仕事に向かうところでしたが、今日はanさんオススメの酒屋さんに以前から取り置きして頂いていた「悦凱陣」を購入しに出発!昨日の強風など微塵も感じられない穏やかな春の一日の始まりであります。電車に揺られること1時間、その後バスを乗り継いで向かったのは『秋元商店』さん。初めてお伺いさせて頂いたのですが・・・お酒への情熱と愛情を至る所で感じられる、なんとも居心地の良い酒屋さんでありました。10種類ほどの日本酒を呑み比べさせて頂くと、「ああ、これが雄町かぁ」「この旨みが山田錦!なんですねぇ」なんて、ちょっと判った気になってしまったりして。バスと電車で行った甲斐があったというものです。もう何時間でもいれそうなぐらいの吸引力のある酒屋さんでありました。お酒もそうですし、それを扱われている酒屋さんとの出会いも、何ものにも変えがたい魅力でありますよね。

名残惜しくお店を出た後は、銀座へ一直線。『一穂堂』さんにて、辻村史朗さんの「ぐいのみ」と「徳利」を求めにいきました。こちらは、婚約指輪のお返しに頂くもの。来る両家対面式で披露するに相応しい品ということなのですが、ズラリ並べられた辻村さんの作品から選ぶのが本当に本当に難しいというか悩ましいというか・・・。いろいろ手にしては悩み、お酒の代わりに水を「ぐいのみ」に入れてもらって雰囲気を感じたり・・・しながらさらに悩む。将来、10年後も20年後も30年後も「ああ、あの時に選び抜いて買ったんだよなあ」なんて思い起こせるような、そんな逸品をという想いを込めて・・・ようやくこうやく選ばせて頂きました。辻村史朗さんといえばあの「萬膳」のラベルの字を書かれた事でも焼酎好きには知られてますが、やはりこの気品と凄みが両方住まうような陶器、是非これで酒を呑んでみたい・・・!こちらの『一穂堂』さんも、オーナーの方やオーナーの娘さんのようなスタッフの方が、引き込まれるかのような魅力を持った方々で。選び終えた後もいろいろとお話を伺っていたらお店を出る頃にはすっかり薄暗くなっていて、いつの間にやら2時間近くもいたみたいです。

今日は様々な縁を辿って、魅力的で力溢れる方々と出会うことが出来ました。「お酒」と「器」、それぞれ違うものを取り扱われているお店でありましたが、それを造られている方々の情熱がストレートに伝わってくるようで。きっと同様の情熱を持って商われているということなんでしょうねえ。それを使ったり呑む私にも伝染してきそうですよ。こんな出会いはそうそうないのですが、今日はなんと2件も!んー、今日は格別に良い一日でありました。感謝感謝!さあ、春こそ「出会い」の季節ナリ。桜も待ちわびつつ、明日も外に出かけましょう!

|

« 春一番!桜に合う酒は・・・ | トップページ | 祝優勝!祝杯は真鶴で »

コメント

おぉ、行かれたようですね。あそこの保冷庫はもったいないぐらいの広いつくりをしてますよね。『恩』ももって行ってもらったそうで、すいません。凱陣、今度誕生日あたりにあけようかなと思ってます。初凱陣、お気に召しますでしょうか・・・

投稿: an | 2006年3月21日 (火) 00時27分

anさん

いやー、素敵な酒屋さんを紹介頂いて嬉しかったです。
凱陣、私も誕生日に開けようかなあ。
実は再来週の誕生日に有休取る予定なんですよ。
昼間から桜の下で、田酒と凱陣をゆるゆる呑んじゃおうかなあ・・・と。

投稿: のむりん | 2006年3月21日 (火) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/9152791

この記事へのトラックバック一覧です: 春は「出会い」の季節なり:

« 春一番!桜に合う酒は・・・ | トップページ | 祝優勝!祝杯は真鶴で »