« お気楽に呑もう!天寶一 純米大吟醸 せめ | トップページ | 田酒純米大吟醸とさつま寿40度でヌクヌク »

2006年4月 1日 (土)

知らぬは一生の恥・・・梅酒でも呑んで・・・

今日は朝から焼き鳥を楽しみにしていた。今夜は「ねぎま」、食すのである。大学の部活の同期であり主将を務めた奴が会社に行きながら大学院に通い、見事MBAを取得したというのでそのお祝い。後輩がこのお祝いの為に「ねぎま」の旨い店を予約してくれたというのだ。だいたいが私、焼き鳥ってやつが大好きである。いや、大・大・大好きなのである。会社は「汐留」にあるというと一見華やかなイメージを持つかもしれないが、私から言わせれば要は『新橋駅の裏手』なだけである。夜会社を出ると、新橋の『表口』から美味しそうな焼き鳥の匂いが漂ってくることもしばしば。皮、ぼんちり、ハツ、タン・・・濃厚なタレに絡まった焼き鳥を頬張ってのビールや焼酎はまたタマランっす。

で、今夜は「ねぎま」だという。スタンダードなこの焼き鳥をメインに出す店とは・・・。きっと肉厚でジューシーな鳥肉が甘みをほんのり含んだ葱を挟み撃ちにし、食べ応えもボリュームもタップリあるシロモノに違いない・・・。朝から口の中で弾ける「ねぎま」で頭一杯である。その為に昼はあっさりと蕎麦を食べて夜に備える。そう、焼き鳥好きは準備に余念が無いのである。

で、やってきました京橋の老舗『よし梅』。楽しみだ・・・あ、友よ、おめでとう。。。今日は「ねぎま」を思う存分楽しもうではないか!さ、まずは・・・お、お刺身からですか。コースですからね、いろいろまあついていることでしょう。次は・・・ん。煮魚ですね。うん、まあ旨い。しかし「ねぎま」はまだかいな・・・。最初からガツンと食えるのに。

『じゃあ、そろそろ「ねぎま鍋」、いきましょうかね!』と後輩。

・・・鍋?ねぎま、鍋に入れちゃうの?そりゃまた・・・フュージョンな料理ですな。でも俺は「普通」のねぎまが食いたい。単品で頼んじゃおうかしら・・・。ちょうど、女将さんらしき方が部屋に来た。鍋の具材を持ち込んでいる。

「あ、ねぎま、単品でもらえないっすか?」

こう言おうと思った。そう、その皿に盛られた物を見るまでは。・・・赤身?それ、もしかしてマグロの赤身ですか?

「その赤いの、なんですか?」

まずはこちらを聞いたところ・・・女将さんは何をわかりきったことを聞いているの?という風情で

「はい、マグロの赤身ですよ。うちはカマとお腹のところを使ってるんですよ」

はぁ・・・ねぎま、はどこに・・・?その時、私の頭の中では絶対に「単品でねぎまを下さい」なんてことは言ってはいけないという確信に近い思いを抱いた。質問を変えて、「ねぎま鍋っていつ頃から食べられたものなんですか?」

女将さん「江戸時代からあったようですね。昔はマグロは高級魚じゃない上にトロの部分はすてて赤身を食べてたんですよ。だから庶民の食べ物で、それを葱と一緒にして”葱マ(グロ)”鍋と言って食べられてたんですよ」

ぼくの「ねぎま」。ああ、幻のねぎまよ。かなり笑顔は引きつっていたのかもしれない。見栄っ張りな私が「そんなこと知りませんでした」なんてことは間違っても悟られてはならない・・・ねぎま鍋。ただし、実際はこれ予想を遥かに超えて大変美味しいものでありました。が、やはり大切なピースを失ったパズルの感はちょっと否めないなーと思ったその時。

「俺、ずっと”ねぎま鍋”って焼き鳥のねぎまが突っ込んである鍋だと思ってた・・・」

同期の主将だった奴は正直に答えた。そう、やっぱりそうだよな?しらんよ、”ねぎま鍋”なんて初めて聞いたって・・・でも、旨いよね。焼き鳥は食いたいことに変わりはないけど。

家に帰ってからは「一生の恥」スレスレもんにヒヤリとしながら自家製の梅酒を軽く一杯。ン~なかなか旨く出来たではないですか。明日は両家の両親を呼んでの対面式。本人同士より両親の方が緊張しているみたいです。これもまた・・・楽しみです。もし”ねぎま鍋”が出たら、ウンチク語っちゃうんだけどな・・・

|

« お気楽に呑もう!天寶一 純米大吟醸 せめ | トップページ | 田酒純米大吟醸とさつま寿40度でヌクヌク »

コメント

よく聞く間違いですね。焼き鳥は「ねぎ間」ですね。
今日はハレの日みたいなので、ご馳走食べましょう。

投稿: an | 2006年4月 1日 (土) 10時52分

え?やっぱり当たり前なのか・・・今まで聞いたことすらないのですが・・・
「ねぎ間」か。確かに。ねぎま・・・ねぎ間が食いたい!!

投稿: のむりん | 2006年4月 2日 (日) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/9364959

この記事へのトラックバック一覧です: 知らぬは一生の恥・・・梅酒でも呑んで・・・:

« お気楽に呑もう!天寶一 純米大吟醸 せめ | トップページ | 田酒純米大吟醸とさつま寿40度でヌクヌク »