« いつのまにやら | トップページ | さようなら、こんにちは »

2006年5月 2日 (火)

なにはなくともGW

GW、始まって今日で3日目です。なにをしたってわけでも・・・ない。彼女がひとまず先に新居に移るから、その引越しの準備を手伝ってたら最初の3日がまず過ぎた。んー、楽しみにしてたGWもいざ始まると通常の日々を過ごすのみ。まあそんなもんでしょうか。

それでも、お酒は美味しく頂いてます。このGWはすっかり『悦凱陣』と『月の中』漬け。凱陣は、やっぱり開封してからどんどん旨みが乗ってきてます。今度はいつも以上にじっくりじっくり温めてみました。鍋に水を張って、そこにチロリをタプっと入れてナミッと注ぎたるは『凱陣』。火は最弱にして、ゆったりゆるりとお燗に。鍋の前に椅子を持ち込んで、小説片手にしばしお燗番。鍋からもわ~っと湯気が出始める頃、チロリも触ってみるととてもいい感じの温かさです。小説と椅子を脇に追いやり、チロリの中を見るとお酒もゆったりと対流が起こりつつある程度。ちょびっとお猪口に入れて味見。ん・・・ヌルめの良い感じではないですか。まずはこれでお猪口一杯。おお、旨い。その後、もう少し温めてみると、おお、おお、旨い!もっと旨い!ここで火を止めて食事と共にお猪口で3杯ほど。ゆっくりと呑んで、あらかた食事も終わったかなあと思うところで、次はチロリの最後に残った燗冷ましを・・・くぅ~これがまた・・・旨い。特に赤ワインを好んで呑んでいる人にこの凱陣を呑んでもらいたいなあ。そんで食後は『月の中』を。今度は鍋の水をヌルめに温めたところで火を止めて、チロリに入れた月の中は焼酎1対水3の薄めで。これで10分ほど放置。すると、『これぞヌル燗!』という温度帯に。なかなかいつもこう旨くはいかないので、ヨッシャー!と心の中で喝采を。味わいはというと、これだけ薄めても全く芋の味は崩れない。んー、やはり多くの人から美味しいといわれている焼酎ですね。最近すっかりファンになった『悦凱陣』と『月の中』。日本酒も焼酎も本当に懐が深いです・・・。

「よくまあ、飽きないもんだね」という彼女の視線をニッコリタンメン笑顔で返す。旨いものは旨い!のだ。さあ、まだまだGWは始まったばかり。呑んで呑んで楽しんで、いきまっしょい!

|

« いつのまにやら | トップページ | さようなら、こんにちは »

コメント

『悦凱陣』と『月の中』どっちも好物です。
雄町無濾過生原酒は買いですよ。
亀の尾よりもどっしりと味が乗ってて、17BYはまだ飲んでないですが、酸が強く、冷でも燗でも旨いと思います。というか、性格がガラットかわりますけどね。多分亀の尾は行然庵さんでしょうけど、同じ亀の尾の火入れ13BYも素直な酒で旨かったですよ。さすが行然庵さんです。生もとのどぶもおすすめです。(生と火入れ、できれば飲み比べしてもらうと面白いです。)

投稿: an | 2006年5月 2日 (火) 02時05分

最近、行然庵様いらっしゃいませんね。
忙しいのでしょうか。
今、八海山や久保田など一般的な酒を貰ってるので、
GWは、先にこれらを消費することになりそうです。

投稿: 陵 | 2006年5月 2日 (火) 16時37分

anさん・陸さん・そして師匠ののむりんさま・・お久し振りです。

のむりんさんの文章は・・ほんとうに上手ですネ・・。凱陣の個性は

まさしく丸尾さんご自身のもつ人間性とお水ですネ・・。私がいままで

訪ねたお蔵さんで昔ながらの手づくりのよさを最大限生かして(省略

化でなく・・省力化のみ考える)醸しておられる筆頭でしょう。それに、

お米ににもこだわってますから・・旨くないはずがないでしょう・・。

頑固一徹・・太鼓判!!そう感じております。

投稿: 行然庵 | 2006年5月 3日 (水) 11時54分

anさん
おととい行った酒屋さんで雄町があったので購入しようかどうか迷ったんですが・・・手元にある日本酒が多かったので今回見送ってしまいました。芯が強いお酒ですからね、購入すればよかったかも・・・

陵さん
私は昨日、一昨日に禁酒したので、今日からGW終わるまではドッカーンと呑ませて頂きますよ。

行然庵さん
いえいえ、まるっきり初心者そのものですので恐れ多い限りです 汗
そういえば行然庵さんでも凱陣お取り扱いされているんですよね。確か同じ亀の尾の無濾過生だったでしょうか?私も実は五百万石だったはずが酒屋さんの手違いで亀の尾になってしまったんです。
が、非常に美味しいです!最近は古酒の燗にはまってますが、これも熟成させたらさぞかし美味しいことでしょうね・・・!

投稿: のむりん | 2006年5月 3日 (水) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/9854448

この記事へのトラックバック一覧です: なにはなくともGW:

« いつのまにやら | トップページ | さようなら、こんにちは »