« 芋焼酎といえば・・・! | トップページ | 夏を吹っ飛ばせ Ⅱ »

2006年7月15日 (土)

夏を吹っ飛ばせ Ⅰ

060705_004301 一言で言い切るなら「暑すぎる」。二言許されるなら「湿度、高すぎる」。ジメジメとした湿気をタップリと吸った空気が自分の体にペットリとまとわりついて・・・そんでもってそこにさらにアスファルトから照り返された光と熱気が・・・むわおぉぉぉ~んと。とかくこの気候は、昼は過ごしがたく、夜は眠りがたい。毎年のことではありますが、たまらない季節ですね。おかげで目の下リラックマです。。。

まあ気づけばもう7月も半ばですからね。いつの間にやら蝉の鳴き声もあちこちで。君らにとっては我が世の春なんだろうか・・・ってぐらい、遠慮ナシのご様子。ま、しょうがない。暑気払いでもするしかないっすよね。暑気払いといえば・・・生ビール?ノンノン。この季節だからこそ、薄めにした焼酎湯割りでも呑もうじゃありませんか。

さて今年一発目の「夏を吹っ飛ばせ」銘柄は・・・いよいよ開けよう「萬年無濾過」で!最初が肝心ですからね、まずはガッツ~~ン!と来るパワーヒッターを用意。夏タタキ、たのんます!今年の「萬年無濾過」はまた格別に旨い・・・と聞いておりましたから、開けるときからワクワクもんです。この焼酎は以前一度だけお店で呑んだことがありました。仲良くさせてもらってるお客さんと接待という名目で呑みにいっちゃったんですが・・・この時に呑んでいたのが「はちまんろかせず」と「萬年無濾過」。この無濾過コンビを交互に呑んでいたのですが、お湯割での芳香さは圧倒的に「萬年無濾過」。一口呑んだときに思わずむせてしまったのは・・・酒呑み(お湯割り派)として一生の不覚でありましたが、それぐらいディープなインパクトでありました。やんちゃ坊主が制御不能なぐらいに暴れまわる様をご想像あれ。同じ無濾過でも、どこか渋くて落ち着きのあるイメージの「はちまんろかせず」とはまた違った魅力を放っておりました。お湯割りにした「萬年無濾過」が放つ香気は、さらにさらに比類なきコッテリの世界へいざなってくれました。

さて、その点今年のはどうかな・・・と、ヌク目のお湯の中にタラリ垂らしてみると・・・お~、なんか今年は更に上品というか高貴というか、ハチミツのような濃厚な芋の甘みの匂いがぁぁぁ。しかも、焼酎1に対してお湯の割合は5ぐらいだというのに。この焼酎は伸びがいいなあ。口に含むと、さすがに薄めだからか以前のような「鼻腔に逆噴射」するほどの芋の香気は出ませんが、、、これは旨いわぁ。しかしこの味わいに近い焼酎を呑んだことがあるような気がするなあ・・・これだけ薄めて濃厚な甘みを感じさせるといえば・・・ああ、「さつま寿 旬」が頭に浮かびました。ある程度濃い目にするとぜんぜん似てる気はしませんが、この薄さで呑むと舌の中でつながるものがありますねえ。ひとり、グデングデンになるまで呑めちゃうなこりゃ。

とりあえず、明日から3連休。強力な芋芋パワーで夏を撃退しましょう。もち、お湯割りですぜ・・・!

|

« 芋焼酎といえば・・・! | トップページ | 夏を吹っ飛ばせ Ⅱ »

コメント

もう15日の日記が・・早い(笑)

暑い時は暑いもの。だからきっと焼酎のお湯割りもいいだろうし、日本酒でも燗にしたらいいんだと思う・・けど・・その口に入るまでの作業が暑いんだもん。
どうしても冷になってしまいます。

三連休ですね~・・って、なにも予定ないから・・あ~あ~ 飲みすぎないように気をつけましょう。

投稿: hirorin | 2006年7月15日 (土) 01時25分

今日出かけて買ったのが、甑島のキビナゴと鹿児島遊楽館のさつま揚げで、先週には鳥のたたき買っていました。
前回のブログはさっき見た筈なのに(笑)
去年の萬年無濾過が残っているんで、開けて飲みたくなってきちゃいました。

投稿: たんたん | 2006年7月15日 (土) 01時54分

hirorinさん

毎度。N山さん元気?夏バテしないよう気をつけてと言っておいてね・・・
さて、酒呑みは準備も大切!暑い時期にお湯を沸かしていると更に茹ってくるけど。。。その山を乗り越えると旨い世界が待っているのだよ!
3連休は部屋の片付けと酒呑みで終わりそう・・・

たんたんさん

ああ、旨そうなの食べてるじゃないですか。。。いいなあ。
今日は焼き鳥と素麺にビール(あれ?)と田島さんのところで買ってきた夏みかん酒と伊勢元さんで買った萬年無濾過の”もちろん”燗酒。旨い。。。素敵な3連休のスタートだ。
ブログ開始も待ってますよ~!

投稿: のむりん | 2006年7月15日 (土) 23時45分

今日はうちのベランダでバーベキューでした。少し曇り空だったとはいえ、火の前はとてもあつかったんですが、やはり芋焼酎のお湯割りでした。汗だくだくでしたが、やはりやめららません。「さつま寿旬」を連想する味わいとは、気になりますね。

投稿: coral-reethi | 2006年7月16日 (日) 20時52分

coral-reethiさん

こんにちは。
焼いたホタテ、美味しそうですねえ・・・
汗だく準備しながらのお湯割りとは、たまりません!!
さて、萬年無濾過はさつま寿旬に通ずる芋の軽やかな甘さを感じましたよ。でも薄めにしたときだけですね。ある程度の濃さにすると、やはり萬年の上品且つ濃厚な芋ペーストの味わいかな。でも旨い!

投稿: のむりん | 2006年7月17日 (月) 12時11分

先週またまたお店行きました。
きびなごも買って、梅酒も好きですって
言ったら佐多さんの梅までいいただいちゃいました。

投稿: さいと | 2006年7月17日 (月) 23時30分

さいとさん

お、すごいなあ。
梅、旨そうだあ。
おいらも梅酒で使用した梅を使ってジャムを作りました。これまた、酔いそうなぐらいに旨かったです・・・

投稿: のむりん | 2006年7月18日 (火) 00時41分

一文字で表すと
八幡ろかせずは「太」
無濾過萬年は「豪」
って感じですかね。
どちらも良く伸びます。
しかし、今年も無濾過萬年はマジ旨かった。速攻でしたね。
空瓶がプシュっていつまでもいってたのが印象的でした(笑)

投稿: 弁慶 | 2006年7月19日 (水) 01時00分

弁慶さん

こんにちは。
そう、去年お店で呑んだのとエラク違うような気もしました・・・やはり無濾過だからかなあ。確かに無濾過の焼酎って下手に放置すると甘みはまたすごくなりますけど・・・

でもまあ文句なしに旨い。それにしても一文字の表し方は、絶妙っすな!

投稿: のむりん | 2006年7月19日 (水) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/10943930

この記事へのトラックバック一覧です: 夏を吹っ飛ばせ Ⅰ:

« 芋焼酎といえば・・・! | トップページ | 夏を吹っ飛ばせ Ⅱ »