« 金曜日の夜21時 | トップページ | 夏、終わる »

2006年8月27日 (日)

甘露であります

『土曜日』。この、1週間の中で最も有意義に過ごすべきこの一日を、いかに過ごすべきか。それにはスタートダッシュがまずは大事、休日とはいえ朝早く起きよう・・・!そして外に出て何か体を動かしたり買い物に出るのもいいんじゃない。もしかして何か出会いがあるかもしれない。こうみえておいら、道を歩いていると年配の人や子供に声をかけられる率が結構高い(その中間の若い女性、ってのがない)。公園に一人いれば、どこぞのお子ちゃまが寄ってきて、「おじさん、野球のメンバー一人たらねえんだけど」と。ダレがおじさんじゃい。その他にもローラースケートをはいた女の子に請われ、それに慣れるまでずっと一緒に練習に付き合ってたこともあり。そう、外は出会いの宝庫。まずは、部屋から外に。書を捨てて、街へ出よう(パクリ)。

なんて前日の夜ぐらいまでは思ってたんだけど、やっぱし平日の疲れを癒すのが休日の睡眠であるわけで。目覚まし、止めた記憶すらないんだけど起きたときには無情にも針はAM11時です・・・。トホホ。奥さんは午前中は仕事に出ちゃっているしなあ今日という一日をどうすごすべかなあと酒の抜ききれない霞がかったような頭の中で思いをめぐらせていると、奥さんから「銀座で冷麺が食べたい」という携帯メールが。お~これぞ救いの神よ、迷うことなくホイホイいきますと返事。じゃあ今日一日はそれにかけましょうかね。。。ということで有楽町駅で待ち合わせていざ『ぴょんぴょん舎』へ。まだ昨晩の酒が抜けきらぬままボボーッと店に向かうと、なんと長蛇の列。え、冷麺食うのに一時間も並ぶんですか・・・。が、『グルメ』こそが活力の我々は、そんなことには怯まず。ガッツリ並んでガッツリ食べてきました。いや、これは並ぶ理由が分かりますね。特にビビンバとチヂミの旨さときたら!うわあ、並んでいるのが90%女性もしくはカップルですが、これは並ぶのも分かりますねえ・・・。

2人とも大満足して銀座から新橋へ抜けて山手線へ。お次は上野へレッツゴー。まずは酒屋さんによって『悦凱陣』を。個人的に好きな『日本酒四天王』の一角を占めるこのお酒。田酒にも、天寶一にも、風の森にもない複雑系な旨みというか「濃厚」という言葉では足りないほどのフルボディなお酒。焼酎の『村尾』や『八幡』が大好きな人で日本酒を試したい人には、是非このお酒を呑んでもらいたいなあ。米の甘みの上下バランス(というのかな)の中では、中位の所に位置するんだけど、そこでドッスンドッスンと響いてくる感じです。なんていってもわかるわけないっすね。是非呑んでみてください。あ、是非燗も試してみてくださいね。味わいがまた生きますよホント。

でも今060826_221801日は、悦凱陣はちょいとお預け。今宵は・・・芋焼酎『甘露』を呑もうと決めていたのです。外呑みは別にして、家でゆっくりと呑むのは今日が初めて。芋焼酎といえば、やっぱり南薩の焼酎の寿・八幡・薩摩の薫なんかが大好きなことはなんども公言している通りなんですが、その次に好きな地域といえば「種子島」の焼酎なんざんす。味わいは、まさにドッスンと腹に響くような南薩のものとは違うんですが、それよりは心なしスッキリとした甘みを保ちつつ、それでも後味はフルーティーに逃れることなく芋としてのストレートな甘みがどこまでも伝わってくる。そんなところが好き。例えば最初に八幡とかを呑み始めていて、ちょっと重くなってきたかなあなんて思ってこの『甘露』にスイッチすると・・・すんなりと引き継げます。『八幡』の後に『萬年』だと更にウプッと来るし、その他の焼酎だとどこか物足りなく感じてしまったり喉に引っかかったり。でも、この『甘露』は、ちょっと軽めのところでストレートな芋の旨みが伝わってくるから、安心してこれにスイッチできます。薄めにしても、味は崩れないところも評価が大きいところ。『南泉』もそうですが、気の置けぬ友人と一緒に呑んじゃってたら、ずっとずっと呑んでいけてしまいそうな・・・気もしますねえ。それにしてもウマイ。甘露はウマイねえ。今日の出会いはこの『甘露』かなあ。それならまあいか。それにしても、今宵も呑んだなあ。明日は、何時に起きられるかなあ・・・

|

« 金曜日の夜21時 | トップページ | 夏、終わる »

コメント

重いと感じるときってありますね。
只今、「池の鶴」をニハチにしてリフレッシュ中です。
では私もこれから「甘露」いきますかね。

投稿: 割吉 | 2006年8月28日 (月) 02時19分

私は、一日に複数の銘柄を飲むことって
あまりありません。だいたい決めてそれだけを飲みます。
一口目で、あ、今日はこれじゃないなぁ、
と思ったときに、次の銘柄に移りますが。

投稿: 陵 | 2006年8月29日 (火) 15時47分

割吉さん

池の鶴ですかあ、いいですねえ。
甘露、いいですね。
雑誌とかで煌びやかな紹介はでないですけど、お湯割りでホッとする美味しさです。

陵さん

そうですねえ、私も日本酒も焼酎も大体2銘柄ぐらいまでの方が多いかなあ。いろいろ呑むより、その銘柄で体を満たしたほうが気持ちいいかも、ですね。

投稿: のむりん | 2006年8月29日 (火) 23時53分

ういっす!
「甘露」飲みましたよ。
やっぱり甘かった!
も少し薄めでもよかったかな、と反省。

投稿: 割吉 | 2006年8月30日 (水) 21時43分

割吉さん

ういっす!
甘露は薄めで十分!というか、薄めでも濃いめでも等しく甘いのです。
それにしても「甘露」って、素敵な名前ですよね。
名前惚れです。

投稿: のむりん | 2006年9月 1日 (金) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/11622423

この記事へのトラックバック一覧です: 甘露であります:

« 金曜日の夜21時 | トップページ | 夏、終わる »