« 田酒・田酒・田酒!!! | トップページ | 仲良しコンビ »

2006年9月 5日 (火)

行って来ました蔵元交流会!

みなさん、こんばんは。
美味しいお酒、呑まれてますか?
呑まれてる方は、たくさん呑まれてるのでしょうか?
それともほどほどに?

おいらは昨日、たっくさんお酒を呑ませていただきました。たくさん話も伺えました。交流もたくさん。贅沢な「たくさん」三昧。そう、昨日は新川屋田島酒店さんの第二回蔵元交流会であったわけです。
昨年の第一回と違って、まとまった料理がドドンと出ない分、それぞれの蔵元さんが酒に合ったオツマミを出すと言う趣向。
最初その話を田島さんから聞いた時は、おいらはもしかすると当日酔っ払いすぎちゃうんではないかと多少不安に。。。なにぶん日本酒の会と言えば、伊勢元さんの所でとても美味しい料理をズズンと食してから、ゆっくりゆっくりとお酒を頂く・・・という(本当は稀な)スタイルに慣れっこになってしまってたので、どうなることやらと。
が、各蔵元さんが趣向を凝らしたオツマミは絶品揃い!遠慮なく仕込み水、オツマミを頂いた後にお酒をトクトク注いで頂いて。いやいや、ほんとたまりませんな。全種類は飲み切れないから、1つの蔵元さんに対して1から2銘柄(利き酒みたいに途中でバケツに捨てるという行為にはあまりなじめないので・・・)。よって、予めこの銘柄を呑んでみたい!という希望がなかった蔵元さんへのリクエストはただひとつ!「どれか、燗にして美味しいお酒を!」。そうお願いして、しばし考える蔵元さん、即答して「これ是非呑んで~!」という蔵元さん。ほんとそれぞれであります。
ほとんどすべての蔵元さんを回りましたが、本醸造以上に純米吟醸クラスのものを進める蔵元さんが多かったなあ。うん、純米吟醸のヌル燗は世界を救う。のは大げさにしても、こんなに優しくて、温かくて、味わい深いのをゆったりと呑んだら、誰も争おうとする気はなくなるよ絶対・・・

さて、そんな楽しかった蔵元さんとの交流会でしたが、特別に記憶に残る銘柄というと、やはり会が終わったすぐ後には答え難い。こういう会では、いろんな話を聞いて、いろいろ呑んで、場所の雰囲気や蔵元さんの人柄がお酒の中にズンズンズンズン刷り込まれていきます。もちろん、それこそが『蔵元交流会』の醍醐味なんですけど、その中でも自分の嗜好にあうもの、次に購入して呑んでみたいものとなると・・・またちょっと別であります。そしてそういう銘柄が自分の中で浮かび上がってくるのは、しばらくたって頭の中や心でお酒の狂想曲がだいぶ落ち着いてくる、そんな頃なんであります。普通に食事をしていると、口の中でジンワリといま呑みたい好みの銘柄が浮かんできちゃったりするわけです。そして蔵元さんとの話を思い出す。これって濾過はどうしてるんですか?火入れのタイミングとかは?美味しければこそ、違いが詳しく分かるわけでもないのにそんなことを聞いてしまう。通常それまでには3日ぐらいかかるんですが意外や意外、自分の中ではハッキリと今日答えが。ズバリその銘柄は『あづまみね』。この純米吟醸を燗にしたものが、はっきりと口の中に残っております。一言で言い表すならば、幼少の頃に包まっていた柔らかい毛布の如き温かさ。濾過は確かほとんどか全くしていないと伺った気もしますが、またこの毛布に包まりたいなあという印象です。これはいいなあ。

本当は二次会に行きたかったのですが、いろいろと式の準備を進めなくてはいけなかったので、やむなく帰宅。その後奥さんとは酔い覚ましも兼ねて自宅近くを一時間ほどお散歩に。いろいろ式の話をしたけど、ん~どんなことを決めたのかはよく覚えていないかも・・・(ゴメン)

池の鶴さん、一次会では本当にお世話になりました。ご一緒出来て本当に楽しかったです。是非、今度は山長さん行ってみて下さい。ほんと美味しいですから。

さて、番外編といたしまして、オツマミの部でありますが、ベスト4は白岳仙のヘシコ,八海山の茄子、鳳凰美田のご飯、眞稜のウインナー!ああやっぱりお酒は美味しい食事と取るとこんなにも美味しい。と、改めて思った会でもありました。

|

« 田酒・田酒・田酒!!! | トップページ | 仲良しコンビ »

コメント

はじめまして
知り合いが 売り子をしていますので
よろしければ 冷やかしおねがいします
青酎 9蔵元分そろっているとのことです


9月4日(月)、9月5日(火)の2日間、新宿西口イベントコーナーにおいて
「東京愛らんどフェア」が開催されます。

青酎も「青酎」「あおちゅう」「あおちゅう伝承」の各種がそろい、
小瓶も登場します。
青ヶ島ブースでは、写真の「島だれ」「うこん」「えいたば塩」のほかに
「ひんぎゃの塩」「ひんぎゃのにがり」「あしたばマフィン」
「無番地Tシャツ」「ハンドタオル」
あと「オオタニワタリ」等の植物も販売します。

「島だれ」は小瓶ですが3生産者、4種類が並びます。

投稿: 青ヶ島 | 2006年9月 5日 (火) 02時18分

はじめまして。
>一言で言い表すならば、幼少の頃に包まっていた柔らかい毛布の如き温かさ。
 実はワタシも「あづまみね」のぬる燗ファンでして、あのホッとする感じはまさに“ライナスの安心毛布”のようだと思っていました。あ、ライナスってのはスヌーピーでおなじみのピーナッツの登場人物です。

投稿: にば | 2006年9月 5日 (火) 08時14分

青ヶ島さん

はじめまして!
お!新宿なら寄ってみようか・・・と、思いましたが、なんともう終わっちゃってたんですね・・・
すいません、伺えませんでした。
最近は青酎も店頭で見かけることができますが、さすがに全蔵ってのはそうそうないでしょうね。

にばさん

はじめまして。
そう、まさにライナスの安心毛布!
同じような感想を持って頂けた方がいるとは嬉しい限りです。
ほんと燗にしてこそ、ですね。冷やも呑みましたが、まったく表情が違いますもんね。
あれは天使の微笑みというもんです・・・
また、いらしてくださいね。

投稿: のむりん | 2006年9月 6日 (水) 00時20分

私も今月の終わりに蔵の会があって行ってきます。
こういうの、本当のそこのお酒と、そこのおつまみの愛称がスバラシイ!って感激しますよね。よく出来てるな~と・・

バケツに吐き捨てられないのは私も同じです。でも、そうすると本当に最後の方は何を飲んでも「おいしい~」と言って、飲みすぎちゃうんですよ・・

投稿: hirorin | 2006年9月 6日 (水) 01時20分

ちゃくちゃくと結婚の準備が整いつつあるのですね。忙しそうです。
この間田島さんとこお邪魔したのですがいらっしゃいませんでした。うーん残念。

投稿: さいと | 2006年9月 6日 (水) 01時48分

hirorinさん

お、静岡の酒蔵さんですか?そう、なかなか捨てられないの。どうしてもダメな時は・・・ですけど。
しかしまあ、当日は幸せに酔うことが出来ました。
そして今はあのオツマミよもう一度・・・という欲求も、メチャ強いです。

さいとさん

おお、それは残念ですね・・・。
あ、そういえばかわいい彼女さん元気ですか?落ち着いたら我が家で兼八の会でも開こうね(笑)

投稿: のむりん | 2006年9月 7日 (木) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/11765383

この記事へのトラックバック一覧です: 行って来ました蔵元交流会!:

« 田酒・田酒・田酒!!! | トップページ | 仲良しコンビ »