« 大七 生モト梅酒 | トップページ | まだまだ奥深し燗酒の世界 »

2006年11月 1日 (水)

ヨイショ!ヨイショ!ヨイショ~!!

みなさんこんにちは。

え~、お陰様で10月29日日曜日に無事に披露宴を開催することが出来ました。
このblogを通して多くの方々からお祝いのお言葉や品を頂戴致しまして、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

式当Img20061029_2日は前日まで雨の予報が出ていたので、屋外で行うデザートブュッフェやらはどうなるんじゃホイと懸念してましたが、結果は青空がお出迎え!
出席頂いた多くの方々の日頃の行いに助けられました。

天気の憂いがなくなればあとは来て頂いた皆さんに楽しんで頂かねば!
今回の披露宴のコンセプトについては、二人で話し合った結果「涙いらずの楽しい会
を!」ということで音楽なんかも比較的楽しげなものをチョイス。
司会の方も式場任せではなく自分達で契約したのですがこれが大正解!事前準備の段階からいろんなアドバイスを頂けましたし、無論当日も明るく朗らかムード満点です。小松さん、どうもありがとうございました!

披露宴入場の後の定番といえばケーキカット?いやいやいやいや、そこはもっとドドンといきましょうよ!ということで新婦の提案により、両家の両親にもサプライズで前に出てきてもらって静岡が誇る銘酒中の銘酒、その名も目出度き「開運」を6人でヨイショ!ヨイショ!ヨイショ~!!と鏡開きでオープニング。Img20061029_7_1
ドド~ン!と開いた瞬間に日本酒の甘くふくよかな薫りが部屋中に充満!僕たち新郎新婦はそのまま開運特製のマスに入れて乾杯~!
その後は多くの人が開運の樽の回りに集まってくれて、あらかじめ用意した30個の開運マスは飛ぶように無くなって。うわ~もっと用意すればよかったなあ。
みんなからも「このお酒すごく美味しい~!!」と大好評!うひょひょ~!そう、日本酒って実はたまらないぐらい美味しいでしょう?
確かに、なんとまあ柔らかくてスルスル口の中に入っていくんだろう。樽酒にはこの開運の本醸造が合うとは聞いてはいましたが、まさかこれほどとは。。。
介添えの人も式の途中「この匂いたまりません。私も呑みたくてしょうがないです」と漏らしてましたが、その気持ちよくわかります・・・是非あとで呑んでね。
酒問屋を営む伯父もあまりの開運の旨さに足腰立たぬほど呑みすぎて、結局東京
から茨城までタクシーで帰ったのだとか・・・
旨すぎて、面目ございません。

これから披露宴行う方にはほんとオススメします。披露宴ならばケーキカットは式の途中でもお色直し後でも問題ないと思いますが、まずはドドンと両親を呼んでサプライズで鏡開きされたらどうでしょうか?うちの両親も本当に喜んでおりましたよ。

披露宴の途中には出席頂いた方からも「少しは泣け!少しは緊張しろ!」と笑顔の野次が飛び交うほどリラックスモード。
最後の新郎父の挨拶が一番ウケてましたけど、出席頂いた方に感謝の意を込めたエンドロールを流した後に拍手が出た時はちょいと涙が出そうになりました。

さてお次は二次会!次の日が仕事だというのに会社や大学時代の友人の方に多数参加頂いて、ここも笑顔でドン!そんでもって今度は「晴耕雨読」でドドン!
いや~何度やっても北島康介。超気持ちいい!(古)061029_193901
司会進行や準備をしてくれた友人には心より感謝してます。全員で肩を組んで歌った大学の応援歌『紺碧の空』もサイコーに気持ちよかったです!

二次会のサプライズといえば・・・新婦のお母さんからの手紙朗読。よくまあ幹事もそんなの用意出来たなあ・・・と思いましたが、お母さんの想いが切々と朗読されていて、心は更にジンワリ。みんな楽しんでもらえたでしょうか。おいら?おいらは申し訳ないぐらい、楽しむことが出来ましたよ。本当に皆さんありがとう!

二次会の会場を出た後はお酒の手配などいろいろお世話になった新川屋田島酒店さんの車で自宅まで送ってもらって、その後2人でチャリンコで再び池袋まで出て行って3次会。今度はシミジミと語らいながら呑めました。

家に帰ってホッとした後、お母さんからの手紙を改めて読み返すまるちゃんは「もう、今頃涙が出てくるよぉ・・・」と、何度も読み返しては、ぽろりぽろりと。泣くまい、と思っていた披露宴もポロポロと終わりを告げました。

開運の土井酒造場さん、萬膳の万膳酒造さん、晴耕雨読の佐多宗二商店さん、さつま寿の尾込商店さん、などなど、お祝いのお言葉やお酒を用意して頂きまして、感謝に耐えません。田島さんも本当にありがとうございました。
取り留めのないblogとなりましたが、本当に楽しい一日を過ごすことが出来ました。
いかに自分が多くの人に支えられてきたか・・・を思い知らされた日でもあります。
これからも、一日一日を精一杯生きたいなあ、生きるべきなんだなあと、心に刻み付けることができました。

そんなのむりんでありますが、これからもゆるりゆるりと、お付き合いの程お願い申し上げます・・・

|

« 大七 生モト梅酒 | トップページ | まだまだ奥深し燗酒の世界 »

コメント

改めまして「おめでとう!本当に楽しい披露宴でしたね^^」そんな中で実は私も”開運”の甘~い香りにうっとりしてしまった一人です。何しろ司会台の直ぐ隣にありましたからね。ビール党の私でしたが昨日初めて(私の記憶では)日本酒を買いました。そして夫婦で頂きました。ちびりちびりと・・・意外といいものですね~。ビール、それはそれで美味しいのですが一気に飲み干すもの、それに対して日本酒は肴と共に味わって飲むという感じで・・・一気に日本酒党になりそうな気配。はまりそうで怖いです。今後も1読者として訪ねますね、よろしく!

投稿: 小松 | 2006年11月 2日 (木) 00時36分

小松さん

うわぁ、小松の姉様からのコメントが一番乗りとは・・・!それは予想だにせず。
素晴らしい披露宴準備が出来たのは半分以上小松さんのおかげ!当日は120%小松さんのおかげ!
日本酒は水やお茶とかを飲みながらゆっくりと呑んでください。これからは温めると尚、旨し!
開運は最高のお酒でした。更にスペックが高い『開運』は更にバランスの取れたほど旨すぎるお酒ですよ・・・

妹と義弟の時も是非、小松さんにお願いしたいなあ!と思う(義)兄でした。

投稿: のむりん | 2006年11月 2日 (木) 01時33分

疲れたでしょう?でも、それ以上に楽しかったようですね。
週末はゆっくり体を休めてください。
それとカキコ、どーもです。
あっちに返事書いときましたよ。
これからは呑んだくれてないでまるちゃんを幸せにしてあげてくださいね・・・ナーンチャッテ。

投稿: 割吉 | 2006年11月 2日 (木) 02時40分

笑いあり、涙ありの良い結婚式だったみたいでよかったですね。
ところで新婚旅行は落ち着いてからですか?
末永くお幸せに。

投稿: an | 2006年11月 2日 (木) 17時20分

のむりんおめでとう!!
初めてカキコします。
ほんとにシンプルで、新郎新婦と会場が一体となったようなあったかい結婚式でしたね。
式の時に始めてブログの事を知ったので、のぞいてみました。こんなに酒が好きだったとは、地元時代からは想像できませんでした^^
オレも酒は好きだけど、節操無し(つまりはアルコールが好きって事?)なので、今度勉強がてら過去ログも読ませていただきます。
今度、愛の巣を責めさせて頂きますので、コップ&お猪口を洗って待ってろよ^^

実は、オレもブログはじめました。よかったら覗いて見てね^^
でわでわ!!親御さんに宜しく♪

投稿: HIDE | 2006年11月 2日 (木) 18時58分

あらためましておめでとうございます!
オイラはこの日曜日なんですよね・・
樽酒か・・思い浮かばなかったっす。また次回って言いたいとこですが(笑)一回で終わらせるよう頑張ります!

末永くお幸せに!

投稿: 武 | 2006年11月 2日 (木) 20時47分

のむりん様らしい酒と笑顔に満ち溢れた披露宴だったようですね。

落ち着いたら遊んでくださいね。

お幸せに!!

投稿: 弁慶 | 2006年11月 2日 (木) 23時46分

割吉さん

えーと、はい、いっぱい呑むけど、それ以上に一緒に話をするようにしま~す!

anさん

はい、お蔭様でよい式が出来ました。
新婚旅行は時期も場所もまだ未定・・・

HIDEさん

そりゃあ、地元にいた時はまだお互い制服だ(笑)
披露宴に来てくれてありがとう。
まともに話をしたのも15年ぶりぐらいか?
時間が立つのは早い!
これからはまた改めてよろしくな。

武さん

どうもありがとうございます。
素敵な式になることをお祈りしております。
もう、弾けるように新婦と一生の思い出作りのスタートをしちゃって下さい!

弁慶さん

ありがとうね。
今度の山梨ツアーは絶対に行きたいなあ。
馬もホットな季節だしね!

投稿: のむりん | 2006年11月 3日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/12520383

この記事へのトラックバック一覧です: ヨイショ!ヨイショ!ヨイショ~!!:

» さつま寿 (さつまことぶき) [焼酎銘柄・蔵元・用語帳]
地元で取れた芋と、銘水百選の一つである、川辺町の水を使って醸している。 [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 18時32分

« 大七 生モト梅酒 | トップページ | まだまだ奥深し燗酒の世界 »