« いやもうほんとに | トップページ | 油断大敵 »

2006年12月 8日 (金)

あんたが一番!

さむぅ~い、さむいさむい。
ほんと寒くなって来ましたねぇ。
燗酒がしみじみ愛しい季節になって、それはそれで嬉しいことだけど。

季節的には忘年会もぽつりぽつりと入ってきまして、『古八幡』とか『一どん』とか、今まで見たことすらもないようなお酒をガバガバと呑ませてくれたり、僕の大好きな菊姫とかを太っ腹に下さるなどご奇特な方もいらっしゃったり、ホント生きてるって素晴らしいな~なんておもったりもしますが(感謝感激!)、この時期ほどお酒に縁のある時もないですからね。今宵も焼酎や日本酒をゆっくり温めて。
慈しみ深くぬくぬく、ぬくぬくと頂きましょうよ・・・

で、この季節といえば、お酒好きのみなさんなら「この一本!」ってのがきっとそれぞれあるんでしょうね。
僕?僕にももっちろん、ありますよ。
一年間待ちに待ったる銘柄といえば・・・もうこの一本しかないっつ~ぐらいに!

さつま寿 旬ッ 。ずずん!061207_024901

昨年友人との旅行に持っていったところ、あまりの旨さに脱帽。
「鹿児島は川辺に足を向けて寝れん」と誰かが言ったとか言わなかったとか。。。いやほんとそれぐらい自分の好みにジャストフィットなんざます。

これ、新酒100%なんですか?
濾過はあまりしてないんですか?

なんてことは知らないしどうでもいいです。
だってとにかく旨いんだもの。
いや、旨いマズイは人それぞれ。
あえて言葉を代えましょう。

大好きなんですもの!!と。

この「旬」は、通常のさつま寿の持つある種の「スキっとした壮快さ」はスッカリと影を潜めてます。
お湯割を口の中に含めば、その濃厚さも薫り立ちもこれは・・・なんといえばいいんでしょう?
「解き放たれた」さつま寿とでも?
一年に一度だけ見せてくれるこの姿は・・・もう僕の知ってる寿じゃあないよなあ。
で、、、この焼酎と交互に呑みあってみる。改めて、すごい。すごいじゃんよ!061203_202801_1

芳香さでは、わずかに旬の寿。
八幡はやっぱりここでもどっしりしてる。
しかし芋の旨味甘味を引き出すと言う点では、もうガップリよっつ。
これを呑み続けるには、あるいは若干くどさを感じるのかもしれない。
いや、それにしてもこのインパクトある味はそんな思いは軽く吹き飛ばしますな!
旬、いやこれぞさつま寿の底力というべきか。
あの、通常味わえる「さつま寿」の落ち着いた旨さの中には、こんなにも熱い魂が宿っているのかあと再確認。

ダレヤメで焼酎呑んでるのに、思わず正座したくなっちゃったりして。
しかし一口呑めば笑顔ほころぶ、さつま寿 旬。

来週また友人が家に来ますが、あまりにも旨いから呑ませてあげたいような。
それとも今年こそチビリチビリと一人隠し酒にしたいような。
悩みに悩む、師走の入り口なのであります・・・

|

« いやもうほんとに | トップページ | 油断大敵 »

コメント

あのね~、自分のブログでも書いてますが、なんじゃろねこの違いは?
寿と旬。味が違いすぎない?
まぁうまいからいいっかぁ!
てな感じのする焼酎です。

投稿: an | 2006年12月 8日 (金) 11時34分

焼酎は全然詳しくないので勉強になります!
芋焼酎の味の違いはよく分からないけれど
(スミマセン、焼酎初心者なもので)
香りの違いって確かにありますよね。

投稿: まーや | 2006年12月 8日 (金) 15時54分

今回はねぇ兄ィにサプライズでいただいたんですがそれも関係してるかもしれないけど美味すぎる。この風味が味わえるなんてオイラ幸せだよと思った。ホント川辺ってとこは凄いよ焼酎造りの天才が二人もいるんだぜ。

投稿: 弁慶 | 2006年12月 8日 (金) 23時54分

うまかった・・・。

投稿: hamu | 2006年12月 9日 (土) 00時55分

ぬぬ、更新したのね。
お疲れさんです。
新酒でこの味ですからね~、
ガス抜き寝かしの和水直前なんてスゲー味なんでしょうね。
あっ、でもガス抜き前の方がもっとウマイか。
どちらにしても『さつま寿 旬 四十度』があったら欲しくない~?

投稿: 割吉 | 2006年12月 9日 (土) 01時24分

anさん

はい、芋の旨みが特に強いっす。
これが「スッピンの寿」なんでしょうか。
今度、尾込さんに聞いてみたいな・・・

まーやさん

えーと、勢いで書いてあるところが(多分に)あるので、、、ついでにアホ舌ですのでその分は差っ引いてくださいね 汗
でもこれは日本酒ファンにも呑んでもらいたい逸品です。
でも買えるのはまた来年ですね・・・

弁慶さん

一人旅行が行けるとしたら、今なら間違いなく川辺を選ぶっす。
怒涛の焼酎だね、ほんと。。。

hamuさん

ほんとだね・・・

割吉さん

欲しい欲しい!
半年前に寿の蔵元さんを囲んだ呑み会がありましたが、やはり周りの方も一様にこの「旬」を絶賛してました。
しかし、それでも通常の寿もいいですよね。
旬はやはり、「旬」なものなのかも。

投稿: のむりん | 2006年12月 9日 (土) 16時26分

そうですよね…「旬」なだけにこの時期
逃したら来年まで待つしかないですよね。
ちなみにお値段いくら位でしょうか?

投稿: まーや | 2006年12月 9日 (土) 21時01分

まーやさん

そうですね、東京で買うと通常の特約店で2千円代前半というところです。
来年かあ。
待つのってツライ・・・

投稿: のむりん | 2006年12月10日 (日) 17時58分

おっ久しぶりですね。 旬、私もまったく同感ですね。 私が覗くブログや掲示板、どこ行っても絶賛ですよね。 実は、寿自体あまり注目(嫌いじゃないですが)してなかったので、旬のこの旨さは本当にサプライズなんですよ。 14日に焼酎バーさんと蔵に見学に行く予定です。

投稿: 森井象 | 2006年12月11日 (月) 10時04分

そうですね、やはりウマイや。
通常の寿の方が呑み飽きないという意見もあるかなと思いましたが、やはりこの濃厚な旨みの前にその意見はかき消されているのかなあ・・・

>これ、新酒100%なんですか?
>濾過はあまりしてないんですか?
>なんてことは知らないしどうでもいいです。

なんて、強がっては見たものの、たっぷり、旬と寿について聞いてみて下さいね!
僕も来年ぐらいに行きたいなあ。

投稿: のむりん | 2006年12月11日 (月) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/12976613

この記事へのトラックバック一覧です: あんたが一番!:

« いやもうほんとに | トップページ | 油断大敵 »