« 村尾 | トップページ | 月と彼と、月の中 »

2007年2月16日 (金)

奥播磨のH9byなんです

甘露、です。
この奥播磨、呑んで出たるはその一言。
一口呑んで、ぷは、と漏れる吐息まで甘露のおこぼれですよこれは。
ぷはぁ。070209_212001

奥播磨の雄町を50%にまで磨いたH9by。
それを温度計片手に湯煎するは45度ぐらいまで。
お酒からは湯気は見えねども、まわりに漂う香りだけで呑み助君のハートはもうメロメロでやんす。
一口呑んでみちゃった日には、もう・・・。
熟成による老香は全く感じられず、旨味はどこまでもフクヨカで。
これはあまりにも美味しいから、出来うることなら皆さんにも分けてあげたい気分なんですけども。。。
ぷはぁ。

さらに恐ろしいことに、これは火入れのお酒ではありますがまだまだ熟成の余地ありのようなのです。
先日開けた琥珀色の本醸造の十年モノは、今こそが呑みごろと感じさせるぐらいに熟成酒特有の静寂さを身にまとってますが、こちらはまだまだ現役半ば?もっとグッグッと深みある熟成酒の世界にいざなってくれそう。
これが当時奥播磨に在籍されていた高垣杜氏の技なんかなぁ。
あと五年・・・いや、もう十年ぐらい先までもが楽しみ。
(まあ、近いうちに呑み切っちゃいそうですが)

家では十数年後に楽しむための「高柿木」H16byの山田錦70%を熟成中。
指折り数えたいところですが、まだまだ先の話。
無濾過生原酒の十年以上の古酒なんてまずはみかけることは出来ないですからね。
自分でじっくり時間をかけながら楽しまないと。

それまでしばしの間は、こんな美味しいお酒を買い求めながら幸せなため息をつくことにします。
ぷは、ぷは、ぷは。

どうぞ、この幸せが皆様にも届きますよう。。。

|

« 村尾 | トップページ | 月と彼と、月の中 »

コメント

ちょっとちょっと!
なにこの銘柄?こんなのあるの?
はげしくのみたいっす!
あの蔵はなんだかんだ出てくるな~。
でも、この前の「恩」以上にはめぐり合えてないです。

投稿: an | 2007年2月16日 (金) 00時50分

いや〜、旨そうな表現連発ですね!
呑みたい〜。呑んでみたい!
平成9年の旨酒といえば、自分の中では鷹勇の山廃純米が筆頭ですが、これも良さそうですね(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2007年2月16日 (金) 12時26分

またなんとまあ美味しそうに…

 奥播磨の熟成は、過程に非常に特色が
あると、自分にとってお師匠的存在の
酒屋さんから教えてもらいました。なんでも、
 よくなるときとそうでないときの差が
大きく、その波が何度かやってきてから、
本当にまとまっていくとのことで… 最低5年かかると思っていい、とのことでした。
なんかロマン~ そして、お酒って生きている!
と感動しました。もちろん自分はまだ
その境地未経験です。試してみたいことは
山ほどありますね~~~!
 ところで、先週ハードな仕事スケジュール
を終えての晩酌は、「あれ」は、「風の森」
だったのかしら~~?
 さあ今宵は私は何呑もうかな♪甘露、甘露♪

 

投稿: りえぞ | 2007年2月16日 (金) 20時12分

ただいまぁ~、といっても戻ってから4日も経ってます(遅)
尿のにほいが芋汁の香りになるほどオモクソ飲みました。楽しかったよん!
オフ会とかいろいろあるけどマニアじゃない人達との飲み会が一番かな~って実感しました。
ホントはのむりんさんにお土産古酒を持参していたのですが悩みに悩んでやめました。ごめんなさい。理由はご存知とは思います。
未だに収集マニアと転売屋って紙一重に思えるのです。
のむりんさんがソレじゃないのはよくわかってるのですがコワくってね。
すんませんです。

ポン酒の古酒って少しドライになるのかなぁ?
保存が難しそうですね。

投稿: 割吉 | 2007年2月16日 (金) 23時04分

anさん

そう、僕も酒屋さんで見つけたときに迷わず購入しました。
頭にあったのはあの「恩」ですね。あちらは山田錦でしたっけ?
「恩」こそ、僕の熟成酒ワールドの第一歩でした。紹介してくれたanさんには感謝感謝です!

地酒星人さん

鷹勇、6年古酒ならば自宅近くの酒屋さんに売っているようなんで気になってます。
H10BYのヤマサン正宗の山田錦純米大吟醸も近々呑んで是非感想UPします。これも相当旨いらしいです。
H13BYの悦凱陣の無濾過生原酒はもう少し先になったら呑もうかな、と・・・

りえぞさん

古酒の難しいところは、同じタンクのお酒を瓶に詰めても、瓶ごとに味が変わるところらしいですねえ。だから熟成酒に対して懐疑的な思いを抱く蔵元さんも多いのでしょう。
ちなみに徹夜明けに呑んだのがこれ!
風の森H16BYは10年後でしょ♪

割吉さん

えーっとね、僕は思いっきり収集マニアなところがありますから(笑)
先日、某蔵のお水とか本垂も頂いてしまいましたのでそれだけで十分なことをして頂いてますので、どうぞお気になさらず。
10年後、今の焼酎ブームが落ち着いたら是非お会いして語り合いましょう!
それぐらいゆるゆるとお互い呑み続けたいものですね。
日本酒の熟成酒は、うーん、非常にウェットな紹興酒という感じ・・・かなあ。
新たなお酒ワールドで、コレは焼酎と違って妙なプレミアがついてなくて本当にお酒の好きな人とのみ交流ができる点が嬉しいです。
しかも焼酎並みにその辺に放置した方が美味しくなるようなお酒もあるんですよ!

投稿: のむりん | 2007年2月17日 (土) 01時36分

んーっとね、親友が言うには5年後、オラはそっちに戻ることになってるらしい(笑)
だから10年後と言わないでくださいね。
収集家ってさ、お金に困ったらいつ何時転売するかわからないでしょ。
だからコワイのですよ。
それにコレクター同士の情報共有ってヤツもコワイの。
以前、ワシがポロッと漏らした情報のせいでコレクターの被害にあった店もあったし。
とにかく貴殿がそうじゃないのは解ってるのだけれどオイラがへんにビビッてるのね。
もし会えるとしたらその時は酒の話は止めて飲みまくって食いまくりましょう(笑)
その時まで古酒はとっておきますね。

追伸
ポン酒の常温保存って・・・おなか痛くならない?

投稿: 割吉 | 2007年2月17日 (土) 13時17分

割吉さん


五年後!あれ、でも地元で会社やられてなかったでしたっけ?
なにやら特殊な能力をお持ちのご友人なんでしょうか・・・


じゃあお会いする時はガバッとお酒をただただ楽しみましょう!

しっかり造られた日本酒の古酒はほんとに化けますよ~
ただ、味は濃い~ですけどね(笑)

投稿: のむりん | 2007年2月18日 (日) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/13927032

この記事へのトラックバック一覧です: 奥播磨のH9byなんです:

« 村尾 | トップページ | 月と彼と、月の中 »