« 奥播磨のH9byなんです | トップページ | 改めて、お酒って »

2007年2月18日 (日)

月と彼と、月の中

本日は大学時代の部活の同期で主将だった友人の結婚式。
ほんと、エエ結婚式でしたなぁ。
式の最中、2人の小さい頃の写真をビデオ形式で流して会場が暗くなっている間にお前がちょっと泣いてるところ、見たでぇ。
涙に気づいた奥さんが優しくお前に手を掛けてくれてね。
なんだか誰も見てない一番いいシーンを垣間見ちゃった気がしました。

よければ二次会を企画するって言ったんだけど、「(結婚式は)シンプルにやろうって嫁さんと決めたからさあ」とやんわりと断りを入れられて、披露宴後は他の仲間とちょっとだけ呑んで珍しくのんびりと解散。

じゃあ、なんか家でゆっくりと旨い酒でも呑むかあ、とお酒置き場をゴソゴソと。
お、『月の中』なんかうまそうじゃない。
といっても今日は月も出てないし彼の結婚式とのエピソード感にも欠けるなあと思いましたが(別にエピソードなんて要らないだろうというツッコミはさて置き)そういやあちょいと思い出しました。
あれは大学3年生のとき。1月3日の深夜24時。
毎年恒例の正月合宿の準備で合宿所に入って、グライダーを飛ばすために使うスクラップ同然の自動車の整備をしていたのですが、どうにもこうにもエンジンが動かなくて。
本来なら22時には消灯のはずなのですが、この自動車が動かないことには全く練習も出来ないからと徹夜覚悟で悪戦苦闘してましたが、ウンともスンとも言わずで一人途方に暮れておりました。
とはいっても、正月のこの時期に修理に来てくれるところはなく・・・
体育会特有の厳しさもあって『車が動かないんじゃしょうがないじゃん』ということでは済まされなくて、おまけに先輩も後輩もコーチも正月返上で全国大会に備えているわけだから自分のせいで明日練習が出来なかったらと思うともう気が狂いそうに。(ああ、青くまだ若かった頃です)
そう、まだまだ学生の自分にとってはこんなに困り果てることもないだろうと思うぐらいに途方に暮れていて、ボンネットの上に寝っころがって煌々と光る月を一人ただ呆然と見上げておりました。
寒い寒い夜空に映る月は大きくてまん丸で、とても澄み切っていて。
そんな月を眺めながら「明日どうしようかなあ」なんて思っているところに、合宿所から眠っていたその他の同期を起こして引き連れて来てくれたのが、彼。
「どうした」何てことも言わずに皆で車をゴソゴソと整備しはじめてくれて、それからボンネット開けたりスパナ片手に車の下に入り込んだりして悪戦苦闘すること2時間。
一人で「どうしようもねえなあ」と諦めていた車からキュルキュルとエンジンが鳴りはじめ、やがて耳に心地良いほどのエンジン音を夜空にふかせてくれました。

僕の記憶は、そこでお終い。
みんなにどうやってお礼を言ったのかすらもまるっきり覚えてなくて、どうやってみんなで布団に入り込んだのかも全く覚えてなくて。

でも、煌々とした月明かりに照らされて、彼を先頭に眠い目をこすりながらみんなで車の修理をしていたシーンと、あの時見上げたまん丸の月だけはハッキリと思い出すことが出来ました。

あ、今日の友人代表のスピーチ、どうせならこの「月」のエピソードを言えば良かったかなあなんて今更思ったけど、気づくのが遅い!
月と彼にちなんだエピソード、ようやく見つけたわぁと喜んで呑んだ「月の中」。
お湯割でほんのり甘い。
この焼酎は薄めだとあまり味を感じないから、今日は自分には珍しく5対5ぐらいのお湯割で。
量はあまり呑めなかったけど、ホカホカしてくるようではありませんか。
今度はまた皆でゆっくり呑みましょう。
たぶん僕達が忘れているエピソードはたくさんたくさんあるんだけど、呑んで話しながら少しずつ思い出せると良いですな~。

心にまんまるで明るい月をイメージしながら、「月の中」をジワリと呑む。
そんな風に呑んでいるお酒は、本当に旨いものだと思うのです。

|

« 奥播磨のH9byなんです | トップページ | 改めて、お酒って »

コメント

泣いちゃうぢゃないですか~

 機械の知識なんて全然ないのに、
まるで目の前でスライドを見ている
ようです。

 ひとは所詮生まれるときも死ぬときも
独り、なんて若い頃はよく斜めになって
おりましたが、今はそんなこと考えたく
ありません。一緒に呼吸し合える、そんな
関わりがなければ生きてはいけない。

 大切だと思える仲間というものを、
若さというなかで自然に得たのむりんさん、なんと、羨ましいことでしょう。
(って、婆あですかい…
 本当に羨ましいのです。

投稿: りえぞ | 2007年2月18日 (日) 02時26分

良い思い出ですねぇ。
友人がお幸せになりますように・・・
お祝いします。

投稿: まん | 2007年2月18日 (日) 21時26分

りえぞさん

はい、よく考えればスゴク良いエピソードなんですが、それなら『忘れんなよな』って感じですよね・・・
僕は本当に贅沢な人間だなあと思います。
おぼれないようにしないとね。。。

こうやってコジツケしてお酒を「頭」で呑んでますが、まあそれも良しということにしておいてください(笑)

まんさん

はい、いつもありがとうございます。
今度はGWに集まってBBQすることにしました。
当然、みんな家族連れです。
学ラン着てた大学生時代が懐かしい。
10年前か。
あっという間ですねえ。

投稿: のむりん | 2007年2月19日 (月) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/13948181

この記事へのトラックバック一覧です: 月と彼と、月の中:

« 奥播磨のH9byなんです | トップページ | 改めて、お酒って »