« 朝から呑みましょう | トップページ | 春を待ちます天寶一! »

2007年3月21日 (水)

お酒を愛でましょう

行って来たのだ。
何をって?決まってますよ~。
日本酒を愛でる会ね!そう、伊勢元さんの元で行われる二か月に一度の恒例の日本酒の会です。

自分としても今回は会をより楽しもうということで「ミニかんすけ」持参でお燗坊主となりまして。
自分の好きなお酒を自由にお燗して呑めちゃうところが素敵なことはもちろん、なによりも席のまわりの方との燗酒談義が楽しいことこの上な~し!(それが目的ですからなあ)
風の森や酉与右衛門はもちろんでしたけどね、繁枡の純米吟醸の責めの生原酒は良かったですね~。燗にするとススッと口に入ってきて、旨味をふわっふわに膨らませつつ喉の奥に滑り込んで行くんですね~。旨いですよ~。ほんとに、もうもう。

あ、さすがに燗はしませんでしたが開運「波瀬正吉」大吟醸袋吊り斗瓶囲い無濾過生は・・・なんて表現すりゃ言いのでしょうか。
口に出来たことを静かに感謝するのみ。
祈るほどに旨い酒って、この世にあるもんなんですねぇ。。。

もちろん今回も伊勢元さんの日本酒の会を支える(主役と言う声もあるぐらい)奥様の手料理にお酒を合わせられる幸せをたっぷり堪能して、最後のジャンケン大会の結果「日高見 吟醸うすにごり生原酒」が我が家へ輿入れ決定。
はい、そりゃもう大事に呑みますよ・・・

さて、今回の会で舌で感じたことといえば「酵母」の違いについて。
9号を使ったお酒に感じられる吟醸感もけして嫌いではないのですが、やっぱり燗にすると好き嫌いが出て来ます。
落ち着いてて旨いなあと思うと7号を使ってること多し。
いままでコメの違いはもちろん酵母の違いなんて気にしたことすらなかったんですが、なんか今回は気になりましたね。
新酒の会だったから顕著だったのだろうか・・・謎。
隣りの席に座っていた方に聞いたところによりますと「西日本には比較的9号使うところ多いかなあ」とのことでしたが、ムムム、そういや確かに凱陣も熊本9号・・・
お酒の好みが西日本寄りのおいらにとってはまた興味深いところでありますね~
そういえば会社の近くに7号「真澄」の地元である長野の酒を専門的に扱っている酒屋さんがあるんで今度7号のお酒を呑み比べてみようかな。(最近の『真澄』はどうなんでしょうか・・・)

酵母についてはいろいろ知りたくなってきました。
また蔵元さんとお話する機会があったらいろいろ聞いてみたいな~。
いや~ますます日が一日経てば経つほどにお酒が好きになっていきます。
素敵な出会いも増えます。
改めて、『お酒は偉大だなあ』とシミジミ感謝するのであります。
そして今宵も、深々とシンシンと呑み更けるのであります・・・

|

« 朝から呑みましょう | トップページ | 春を待ちます天寶一! »

コメント

お酒はいいね~。
知らない中でも、気軽にしゃべれたりするもんね。
旭若松の5年熟成純米火入れ買いました。うまいかな~。

投稿: an | 2007年3月21日 (水) 12時08分

長野方面は近いので蔵元見学いきまひょ。酒屋さんからも一声かけてもらえますしね。

投稿: 弁慶 | 2007年3月21日 (水) 20時04分

anさん

そうそう、すごく話しやすくなりますね~
旭若松の五年熟成、それでその酒に惚れました。
また呑みたいからもう一本買うか~


弁慶さん

長野はエエですね~
ダンチュ~に載ってたミコヅルもありましたよね。
それにしても聞いたこともない銘柄でした。

投稿: のむりん | 2007年3月22日 (木) 16時50分

ダンチュウ見ましたよ。
なるほどな酒が出てましたね。
やはり前にお話ししていた而今がきそうですね。

投稿: 弁慶 | 2007年3月25日 (日) 00時31分

弁慶さん

おー、さすが旬のものにうるさい弁慶さんだけありますね。
而今、初めてジコンと読めました・・・

十四代とか飛露喜が好きなタイプの方に向いているんでしょうかね?

投稿: のむりん | 2007年3月27日 (火) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/14333140

この記事へのトラックバック一覧です: お酒を愛でましょう:

« 朝から呑みましょう | トップページ | 春を待ちます天寶一! »