« お祖母ちゃん | トップページ | また、会う日まで »

2007年5月26日 (土)

仕事です。一応。

最近、仕事でとある商談を一つ引き継ぎました。
思いっきり損益悪い商談なのが営業としては気にかかるところではありますが、それを遥かに凌駕して気に入ったのがありまして。
はい、『全国各地出張』ってのがタマにですが、あるんです。

とりあえず、直近で行かねばならないのが北海道・石川・香川・沖縄の4県!
お~なかなか魅力的なところでないかい?
とはいえ、後輩だっていますからね。
僕が4箇所独り占めってわけにもいかず・・・。
彼らにもこの恩恵を分け与えなくては。
皆さんなら、上記4つのうちの何処を選びたいでしょう?
ま、順当に行けば沖縄・北海道あたりを魅力的と感じるのでしょうか。(事実、後輩君は沖縄と北海道に行きたいんだとか)

が、僕なら順位は1に香川、2に石川。
もち、香川で魅力的なのは「讃岐うどん」。
もありますが、なんつっても『凱陣』ですわなっっ。
蔵元さんのところにも見学に行きたいし、先日凱陣をまとめてドドンと送ってもらった地元の酒屋さんにも訪問・・・と、既に密かに計画中。
地元の肴で地元の酒をあおるのが何よりでございましょう。それが凱陣だってんだから!
改めて、凱陣の魅力を探って来たいというのが本音であります。
石川も、同様の理由。
地理的に興味深いお酒として『奥能登の白菊』ですね。
『宗玄』の杜氏である坂口氏に相当ビシバシと鍛えられて造ったといわれる今年のお酒・・・
地震の被害も乗り越えて頑張られているようですし、ここは是非地元で呑んでみたいところ!
あと、なんつっても金沢には親友のS君もおりますし。
ヒサビサの友との語らいと地の酒!
クゥゥ、いい組合せじゃないよ!

沖縄の泡盛も魅力的ですが、なにぶんロックでお酒を呑まない性分なんで、ちょっと上記2箇所に比べると見劣りしてしまいます。。。し、なによりシチュエーション的に沖縄で1人で夜お店で酒を呑むのってありえるか?という感じがしなくもない。
なので、まあここは人気の北海道と沖縄を後輩に優しく譲ったようにみせかけて「良い先輩」の地位を築きつつ、自分の行きたいところに行っちゃおうかと思ってます(ニヤリ)。

いや~いまから楽しみですね。あ、もちろん仕事を忘れちゃいけないんですけどね・・・

|

« お祖母ちゃん | トップページ | また、会う日まで »

コメント

うちの会社は「世界各国出張」ってのがあります(笑)
出張を兼ねて酒蔵に行くなんて、なんて素敵な業務でしょう

投稿: 焼酎バ- | 2007年5月26日 (土) 05時25分

ども!お疲れ様です^^
つか、ここで書いちゃったらその『良い先輩の地位』ってのも確立されないんじゃぁ・・・ばればれで^^;

投稿: HIDE | 2007年5月26日 (土) 09時19分

無理だよ……ススキノしか見えないの(笑)

投稿: 弁慶 | 2007年5月28日 (月) 00時59分

焼酎バーさん

ええ、仕事なんです。
どうにも仕方ないんです・・・(笑い止らず)

世界に行く際は、もう少しワインに興味をもてからってことで・・・


HIDEさん

お前、そのアドバイスもう少し早くくれよっっ(汗)
やべえ、UPしてからもう2日もたってるし・・・

弁慶さん

酒、競馬、それ以外に手を出したら我が家の『主』に・・・

投稿: のむりん | 2007年5月28日 (月) 01時54分

私も行くなら「沖縄」って一番に言う!
なんとなく沖縄なら、一人で飲んでいても友達たくさんできるんじゃないか?という、勝手な思い込みをしております。

うどんね~
なんでもタクシーに乗って3件くらいのうどんやに連れて行ってくれて1500円(運賃、うどん代)っていうサービスもあると聞きましたよ。でも、うどんはそんなに一度に食べられないから・・という話でした。

投稿: hirorin♪ | 2007年5月28日 (月) 15時58分

hirorinさん

そうだねえ、hirorinならそういうの苦労しなさそうだなあ!

讃岐はね、一度行ったことあるの。まだ全然日本酒に目覚めてない頃ね。
うどん?一日にハシゴして普通に5~6件行ってたよ。
一緒に行った大学の後輩の女の子は「一日で2キロ太りました」といってたけど、二日目もチュルチュルいってましたぜ。

投稿: のむりん | 2007年5月29日 (火) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/15203763

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事です。一応。:

« お祖母ちゃん | トップページ | また、会う日まで »