« 真昼間から満天星 | トップページ | 前割焼酎一考 »

2007年7月12日 (木)

古きを訪ねて

古きを訪ねて、燗の旨さを知る。
日本酒ならば熟成酒の燗、焼酎ならば前割りした焼酎の燗。
旨味も余韻も、銀河鉄道のように高い所高い所へとずーーっと上がって伸びて。
もう、たまんねぇです。
最近はもっぱら食事には熟成酒の燗を合わせて、その後に前割りした芋焼酎の燗をゆる~くなが~く寝る前まで楽しむ。
旨味を体から逃したくなくて、溜め息さえも憚れる・・・そんなお酒に囲まれて、おいらは今日も幸せ一杯なんです。

焼酎の方は割水させた瓶を毎日軽くプルンと一振りを約半年。
これがもう「焼酎って旨いんだね」なんて次元を遥かに吹っ飛ばしていて、旨味そのものの本質にグイグイ迫る迫る!
なかでも八幡なんて、、、割水して燗で呑む為の焼酎なんじゃないかとさえ。
あ~たまんねぇです。

竹鶴にごりの上澄み、鷹勇山廃のH9by、酉与右衛門の吟ぎんがおりがらみ、風の森のアキツホのH15by、これらを一杯ずつのお猪口燗。
これで呑んでいると自分が好きになる酒の「軸」みたいなもんが見えて来ます。
これはもっと熟成させたいとかこれはずいぶん味がまとまってきたねだとか、舌がビンビンに反応しますもん。
これは独り言とは言わせまい、お酒達との会話です。
あ~これもたまんねぇです。
日本酒も焼酎も、多少やっかいではありますが時間をかけて味が乗ったところを燗でググッと・・・やるにかぎりますよね。

とまあそういうことで今現在実家の方で焼酎も日本酒もそれなりの本数を寝かせ始めておりますが、こちらを楽しめるのはもうちょいと先。
それまではせっせと市販されていて且つリーズナブルな味が乗って来た熟成酒達との出会いを求めねばなりません。

その「本能」からの欲求とも言うべきものに従い本日もふらりと小さな酒屋さんに入りますと、波長の合いそうなおばちゃまがレジにいらっしゃる。
ムム!
今日もなんか出会いがあるかな・・・という期待を膨らますと、焼酎は『純黒』があるではないですか。
焼酎を大好きになったきっかけの銘柄ですから、これはなんかあるやも!?
ただし都内ならどこでもそうでしょうが、芋焼酎はブームの波が「店内在庫古酒」ってのを一掃しちゃってますね。
自分が呑んでいて大好きな焼酎の古酒はほとんど見掛けたことなし。
最近は焼酎も古酒を結構な値段で売る蔵元さんも出て来てますからね。
買えるなら「10年ぐらいここにいま~す」なんていう焼酎を手にしたいのですが、残念ながらなかなか。
当面は地道に前割をフリフリするしかなさそうです。

ということで、日本酒。おばちゃま曰くこちらもなんだかんだで結構な回転率らしくて(良い事です)、「じゃあ」とあきらめムードだったところに、冷蔵庫の中で一本だけ「在庫処分品」という紙っぺらを貼り付けられたお酒が目に止まる。
在庫処分とな?!エ?この銘柄を?マジで!
あたりを見回し(もはやクセですね、これ)すぐさま冷蔵庫をガラリとあけてグワシと瓶を掴んで日付を見やると・・・!

あれ?
・・・2005年12月瓶詰めって、それほど古くないような・・・しかもずっと冷蔵庫に入れているのに在庫処分しちゃうの?マジですか??
よほど回転が良いところなんでしょうが、それにしても。
自分のことを「熟成酒の燗好き」って伝えたら「じゃあもってこいだね」とはおばちゃま。
はい・・・判ってるじゃないですか。
この山田錦の純米吟醸酒、定価4,200円が在庫処分で3,000円で良いそうです。
銘柄を言えば、最近ぐんぐん旨いという評判も聞こえてくる燗にして呑みたい銘柄の一つとしてインプットされている方もいらっしゃると思いますが、こういう出会いだったので・・・特に名を秘すということに致します。

と、いうことで古きを訪ねていたら今日も良き出会いがございました。
良縁、感謝感謝なのであります。

ああ、それにしても早く自家熟成酒を呑んでみたいですね。
うちの実家(正確には祖母の家ですが)は江戸時代に建てられた結構な年代モノですが、そこの蔵で寝かせている熟成酒をあれやこれやと選んで、気心の知れた酒呑み友達と土間で火を立てつつ燗酒を呑む。
くぅぅぅ・・・
エエですね~。
エエでしょ~?
もうしばらく、お待ち下さい。
お酒たちよ。そして「一升」の友たちよ。
もうしばらくしましたら、歓喜の出会いと邂逅があるハズ・・・です。

|

« 真昼間から満天星 | トップページ | 前割焼酎一考 »

コメント

私も最近、お酒に恋しているなと実感しました。

今日、おばあさまが店番されている
酒屋さんで、島根県の大好きな銘柄の純米酒の            13年間寝ていたものを発見してくださり、
雨にぬれながらニコニコ顔で自転車をこいでました。 
13年前の自分ではありえないことです(笑)

僕もそのうちお酒に話しかける気がしますよ!

投稿: hibiya | 2007年7月12日 (木) 02時59分

 3000円で買った山田錦の純米吟醸、って
すっごく気になります!なんだろう!?
 ここのところラッキー続きですね~♪
 
 …あんなものやこんなものに出遭った
とき、お小遣いが足りない!という
悩みは、よおおおおおおく分かります!

 …で、おばあさまのお屋敷での宴会は
当然呼んでいただけると思い込んで
おりますが…(47年茨城組

投稿: りえぞ | 2007年7月12日 (木) 22時42分

ヒビヤンさん

おお、13年前のお酒と出会えたのですか・・・!
それはやっぱりそういうお酒を愛しているからでしょう。そしてお酒と語りましょうぞ!

僕も、近いうちに「ええ!?」と思えるお酒との出会いをUPしましょう。
いや、実はUPしようかどうか正直迷ってますが・・・

投稿: のむりん | 2007年7月13日 (金) 01時09分

一升の友 りえぞ殿

はい、足らん・・・

しかし、これまた先日の「満天星」を凌ぐ?!お酒に出会えたぞなもし。
そしてお小遣いは・・・足らん。
どうしよう・・・見送っているうちに買われたりしたら・・・
とにもかくにも、「古きを訪ねて」はシリーズ化致します。

そしてもち、のむりん熟成酒友の会には参加して頂きますぞ・・・!

投稿: のむりん | 2007年7月13日 (金) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/15731243

この記事へのトラックバック一覧です: 古きを訪ねて:

» 芋焼酎のお得情報 [芋焼酎のお得情報]
自分が愛する芋焼酎をテーマにしたサイトです。最近では、女性や若者も芋焼酎の美味しさに魅了されてきています。みんなに愛される芋焼酎の良さを伝えていければ良いと思います。そして、これからも愛され続けてほしいと思っています。 [続きを読む]

受信: 2007年7月14日 (土) 01時33分

« 真昼間から満天星 | トップページ | 前割焼酎一考 »