« 山小舎よ!山小舎よ! | トップページ | デ~コンなわけでして »

2007年7月27日 (金)

冷蔵熟成と常温熟成について

日本酒の熟成酒の燗酒、これは実に旨い。
実家の蔵で眠りについている熟成中のお酒達に想いを馳せているとそれだけで心がムズムズしてきます。
ああ、この中から無造作に一本を掴み、それを夕食の度に嗜んで、その旨味の乗り具合いを口の中で計りつつ味わいつつ、自分だけの酒を育む喜びに浸る。
いやたまんね~な~と。

が、我が家の蔵の熟成方法では、どうしても試せないものもあり。
それはズバリ「冷蔵熟成」なんだす。
先日呑んだ満天星のH8byは冷蔵庫で熟成されてきたこともあってか、熟成したお酒とは思えぬほど色合いもまだ濃すぎず、お酒からもまだまだ勢いを感じます。
これがもし同じH8byで常温で保管された満天星があって呑み比べられたら・・・なんて思ってみますがさすがにそれを夢見ること自体が罰当たりというもの。
酒屋さんにもそうそうは置いてない熟成酒なのに、ましてや同一銘柄で常温熟成したものと冷蔵熟成したものがあるなんてねぇ・・・
ここはいつか車でも買う代わりに「日本酒熟成専用の冷蔵庫買ってくれ」とまるちゃんにどう頼むかを考えるのが一番の早道なんじゃないかとほぼ諦めておりました。

が、そんななかで営業途中にダメ元で飛び込んでみた酒屋さんにそんな都合のいい問い合わせをしたら「あります」とのお返事が。
おお!行き当たりばったりならぬ行き当たりバッチリ。聞いてみるもんですね・・・
お酒はH12BYの生モト純米原酒火入れ。
一度も耳にしたことのない蔵元さんのお酒でしたが、酒屋さんはとてもとても大切にそれを保存されていたらしいのです。
嗚呼・・・それを頂けるとは・・・ありがたし。
読んで字のごとし、ホント有難いなあ。

ということで送られて参りましたのがこれ。
Ts3200522とても丁寧に分かりやすくラベルまでつけて下さいました。

色合いは・・・あれ、意外に変わらないのですね。

では肝心の味わ いであります。
まずは常温熟成のを・・・うん、呑み応えあるなあ。熟成具合もなんかまだまだこれからっっっていう力強さも感じますなあ。
次に冷蔵熟成は・・・ムム!?さっきのよりパンチがあるような・・・。ちょっと意外ではありましたが、明らかに口に含んだあとのズーンという力強さが違うぞな・・・。

じゃあ次に燗。例の如く、お猪口燗で。
常温の方。うん、これは味が膨らみます。ドン!ドン!と来る。荒々しいぐらいのパワーあり。これは旨いですね。Ts3200542

で、次に冷蔵熟成の燗です。
まあ軽い気持ちで口にしてみましたが・・・これが・・・軽いショックを僕に与えることになるのです・・・・・・

呑み口は予想に反して意外なほどに綺麗ですっきり、しかしそれが口の中でもなんとも丸く膨れ上がって、、、ジュクジュクと、まるまると・・・それがもう見事に膨れ上がるの。そしてキレも鮮やか!くぅぅぅぅ、、、こ、、、これはタマランですわ。

結論から言うと、冷蔵庫熟成と常温熟成はやっぱ違いました。
しかも、、、今回のケースは冷蔵庫熟成がスゴク旨かった。旨かった。旨かった!

いや~こうなると冷蔵庫熟成もとても重要なんだなあなんて思ってきました。>まるちゃ~ん

あと、生酒の長期熟成(出来れば10年以上のもの)も出来ることなら味わってみたいです。
いま我が家で呑んでる「風の森H15by無濾過生原酒アキツホ50%」の余りの旨さに圧倒され気味なんですが、丁寧に冷蔵庫で熟成された生酒・・・そして常温で熟成された生酒。
この違いを味わってみたいなぁ。

今回のお酒は釜屋のH12by「おこぜ」でした。
杜氏は現在久保本家の加藤杜氏。
愛嬌あるラベルもまたステキ。
こんな出会いがあるから、お酒はたまりませんね。Ts3200552

|

« 山小舎よ!山小舎よ! | トップページ | デ~コンなわけでして »

コメント

素人考えながら、常温だと保存の仕方や
保存場所の温度変化によっては、熟成というより劣化の道を辿るんじゃないか、そんな心配が先に立ち、日本酒を買うとまっすぐ野菜室にいっちゃいます。

投稿: こーたぱぱ | 2007年7月27日 (金) 23時35分

日本酒の常温保存は難しいかも?
我家も日本酒を買うと冷蔵庫直行です
現在30本は入っています

一昨日夜はあの黒うどん屋さんに行きましたがとんでもない大きな日本酒(いっと)が常温保存で置いてありました
マスタ-のお子さんが二十歳になったら一緒に飲むって言っておられました
あの鶏のたたきもオミヤに持って行きました


投稿: 焼酎バ- | 2007年7月28日 (土) 06時31分

おっとぅ!なんであんたはそんないいものばかり買ってるの!
しかも加藤杜氏ぢゃん!
だけどおこぜは好みでは無いので微妙だけど。

投稿: an | 2007年7月28日 (土) 14時36分

こーたぱぱさん

うーん、たいていのお酒はそっちの方が正解なんではないかと思います。
田酒なんかは特にすぐ呑まないと!と思う。
開けたてと開封後の味の差が激しかった思い出がありです。

でも、中には開封して常温に置いたほうがすげえ味が乗ってくるのがあります。
僕はこういうお酒が・・・たまらなく好きですねえ。

投稿: のむりん | 2007年7月29日 (日) 02時46分

焼酎バーさん

さすがっ!
冷蔵庫に30本、入れたいよぉ(涙)
明日、ちょっと秋葉原で通常の冷蔵庫の値段でもコソっと調べてこようかなと思ってるナリが。

あ、あちらのお店最近行ってない!のですが、娘さんも産まれたことですし、土曜も最近は営業始めたらしいので嫁とまた行ってこようかな。
それにしても一斗樽を置くというのが、あのお店らしいなぁ!

投稿: のむりん | 2007年7月29日 (日) 02時49分

anさん

結婚すると、なんでもかんでも買うというわけには行かなくなりましたからね(笑)
しかしその分、出会いが増えました。
それにしてもanさんから紹介してもらったお酒にはハズレがないから、以前紹介されてまだ買ってない鍋島とユウホは機会があれば呑んでみようと思ってます!

投稿: のむりん | 2007年7月29日 (日) 02時52分

こんにちは!
勝ってにリンク貼らせてもらいましたm(_ _)m
私の家は4合瓶なら、冷蔵庫で保管が可能ですが、1.8Lは瓶ごとは無理なので
ペットボトルに移し変えて野菜室です・・。
入らないときは、4合瓶に小分けして保管してます。自然に冷蔵と常温にわかれます・・。
開封したものを冷蔵保管するのと、開封してないのを冷蔵保管するのではやはり味が違うのでしょうか?1升瓶を開封しないで保管できる冷蔵庫がほしいっす・・・。
大きな冷蔵庫を買ってくれ~、と、いつも
嫁はんとバトルです・・。

現在、朝日鷹の2007年1月瓶詰めされたものが常温と冷蔵保管であります。

投稿: 酒恋倭人 | 2007年7月29日 (日) 07時21分

よくそんな貴重なお酒を売ってくれましたね!凄い~。
私も前はホシザキくんがとっても欲しかったなぁ。
でも今は全部常温放置。5、60本は保管しています。それに耐えられる酒じゃないと買いません~。
冷蔵庫より、酒専用に倉庫を借りたいです(笑
この先どれだけ増えちゃうのだろう。。。

投稿: あっき | 2007年7月29日 (日) 22時35分

先週土曜に遊穂(ゆうほ)純米吟醸を買ってきました。
飲んでみましたが、端麗好きな自分には合う様な合わない様な感じです

一斗樽ではなく、一斗ビンです
銘柄は極秘だそうです
店員さんが鹿児島「万膳さん、佐多さん、国分さん」に行って来たと言っておられました

投稿: 焼酎バ- | 2007年7月30日 (月) 07時24分

ホントに、なんてナイスなタイミングで
そんな2本が手に入りましたね~!!
でも、ちゃんとした酒屋さんの冷蔵庫熟成なら信頼できますよね。
きっとお酒ごとに温度管理ちゃんとして
熟成させてると、うまく熟成されるんですね。
ウチの冷蔵庫で借りにできたとしても
温度管理できなさそうですし・・・(汗)。

投稿: まき子 | 2007年7月30日 (月) 12時26分

酒恋倭人さん

うちは嫁と冷蔵庫を買う時にチルド室を酒専用に頂きましたが、一升瓶はさすがに入らず 涙

僕も小瓶に移したりしますが、ペットボトルよりガラスの1合瓶や300ml瓶の方が保存には向くそうですよ。

朝日鷹の熟成酒も興味深いですね~
呑み比べされたら是非感想アップして下さいね。

リンクありがとうございます。
私からも後ほどリンクさせて頂きますね。

投稿: のむりん | 2007年7月30日 (月) 12時53分

あっきさん

お~あっきさんもやはりそれなりの本数を寝かせてるんですね。
十年後にみんなで「自家熟成酒サミット」でも開いて呑み比べしましょうぞ!

うちは倉庫は田舎にまだまだスペースあるから助かってます~
伊勢元さんからのも燗酒おやぢさんからのもkanzaさんからのも購入したお酒はほとんど蔵に直送です。

しかし冷蔵熟成酒と常温熟成酒は同じお酒でもちょっと味わいが別物になるな・・・と思わされた今回の出来ごとでした。
2本とも取っておきますんで、機会あったらみんなで呑み比べしましょう。

投稿: のむりん | 2007年7月30日 (月) 13時05分

焼酎バーさん

失礼しました一斗瓶ですか。でもそっちの方がすごい?

店員さんが万膳さんの所に行く話は酒屋さんから聞いてました。
明日辺りランチでもしてこようかな・・・

遊穂は端麗タイプじゃないんすね!
じゃあますます呑んでみたいですな!

投稿: のむりん | 2007年7月30日 (月) 13時11分

まき子さん

はい、まさかの二本でした。
しかしおっしゃる通り、家の冷蔵庫は開け閉めも多くて正確な意味での温度管理は出来ませんね~

今は十年間しっかり冷蔵保存された生酒を呑んでみたいです。
出会いがあるといいな~

投稿: のむりん | 2007年7月30日 (月) 13時17分

うんうん!絶対やりた~い♪
10年後やりましょっ。
そしておこぜ~!
呑み比べさせてくださるとは!
酒会議を早くせねば!副会長!!(笑

投稿: あっき | 2007年7月30日 (月) 16時00分

あっき会長

じゃ、10年後の「自家熟成酒サミット」と豊島区酒会議ですなっ!(笑

おこぜはみんなで呑まねばあのラベルのような顔になりませぬ。
是非、一緒に楽しみましょうね!

投稿: のむりん | 2007年7月31日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/15919417

この記事へのトラックバック一覧です: 冷蔵熟成と常温熟成について:

« 山小舎よ!山小舎よ! | トップページ | デ~コンなわけでして »