« おおらかに、おおらかに | トップページ | 月影 »

2007年8月16日 (木)

なんででしょう?

なんででしょう?
どうしてこんなに・・・暑いんでしょうか?
朝っぱらから太陽がその存在をビンビンに主張するのはけして悪いことではないのでしょうが、いやちょっとそれにしても。

ま、それでも夜の晩酌、夏の燗酒と割水燗は止まりません。
ビール?呑みません呑みません。
僕の華奢な肝臓が許容できるアルコール摂取量は限られているのです。
だからこそ、一滴一滴を大事にするように今大好きなお酒を呑まないと!

会社から家に帰ったらまずはシャワーをゆっくり浴びる。
その後はちょっと冷房を利かせた部屋でうちわ片手にククイッとちょいと熱めのを。
もち、一杯目からね。
汗をかいたらタオルでググイ。
結局朝会社行く前にシャワーを浴びるとしても、いやいやおかげで夏バテ知らずですよ。

そしてお酒を呑みながら・・・考えることも、お酒のことばかり。
もちろん、「なんでこんなに旨いかなあ」と思いながらお酒に浸ることがほとんどなんですが、それ以外にも考えることあり。
いや、よくわからんことって多くて。
例えば焼酎なんですが・・・何故、黒麹のお酒って白麹のお酒に比べて若干高めなんですか?
麹の値段が高いんでしょうか?
「佐藤」しかり「萬年」しかり。
「佐藤黒」はこちらで2,990円。「佐藤白」は2,850円。
「萬年黒」は2,550円。「萬年白」は2,300円。
ちなみに万膳さんの所の黒麹である「萬膳」と白麹の「真鶴」の違い・・・この場合は何か特別な理由があるのかな?
結構差が大きいですもんね。銘柄名も違うしね。
お湯割にしたときに滑らかに感じる「白麹」の方が安いのが僕には嬉しいことですが・・・なんでなんでしょうね。
僕はこんな基本的なことも知らないんですよね・・・

その他に最近考えてること。
例えば「杜氏」さんのこととか。
現在、焼酎も日本酒も蔵元さんが杜氏も兼務されていることって多くなりましたよね。
日本酒でいえば「十四代」や「飛露喜」など一般的な人気銘柄がそうだし、焼酎も僕の大好きな「さつま寿」の尾込さんなどなど。
まあ、蔵元さんが造りたいお酒を自分で造るっていうんだから、もちろん文句の付け所があるわけではないんですが・・・
でも、疑問もあるわけです。
季節労働者としての杜氏さんや蔵人さんが今までいて、そしてそれぞれの流派が技を競いあったり同じ町に帰ってお互いの酒を呑み比べ合う(あ、イメージなんですけどね)・・・そんな中で向上してきたものってあるとおもうんですけど、現在の形態が進んでもし「杜氏集団」とも言うべきものが本当にこのお酒の世界から無くなってしまったら・・・
どうなるんでしょうね。
いや、よくわかりません。
是非を問いたいわけではなく、「どんなもんなんだろうなあ」と思いながら、ただ呑んでいるだけなんですけどね。

日本酒で言えば。
純米酒の比率が増える、それは良いことだ。
でも、その蔵がこだわればこだわるほど「量」は造れないだろうし。
利益だって三増酒を造っていた頃に比べれば低いものになるんでしょう。
それにますます世間一般で日本酒は呑まれなくなってきている。
そうした中で、蔵元さんとしても杜氏さんを雇うことが経営的に困難になる面もあるのではないか。
杜氏を雇えば定められた日給とかを払わなくてはならないのでしょうしねえ。

焼酎だって、この現在の焼酎ブームは黒瀬杜氏や阿多杜氏が綿々と築き上げてきたものの上に成り立っているのでしょうし・・・。

いやいや、こんなに好きなお酒なのに、実はわからないことだらけだったりして。
無知がお恥ずかしい限りなんですが、お酒が日毎に好きになっていっているので、今更ながらもう少しいろいろ知りたくなってきました。
何も考えずに好きなお酒を呑む、それが一番なんですけど、もしそれが叶わなくなることってありうるとしたら・・・怖いことです。

今週末は実家に帰省しておばあちゃんとゆっくりお酒を呑む約束になっているのです。
その他はボボーッとする以外ないくらいヒマだろうから、昼からお酒でも呑んでいろいろ徒然考えてみるのも・・・まあたまには悪くないですかねー。

|

« おおらかに、おおらかに | トップページ | 月影 »

コメント

山口の獺祭って日本酒を製造している旭酒造さんに見学に行った時の説明では「うちには杜氏は居ません。全員サラリ-マンです」と言っておられました。
若い人だらけですが、味は美味しいと思います

別件ですが、新築した時に知人から「1年間は絶対にスト-ブ使わない方が良い」とアドバイスを受けていました
その話を建てたハウスメ-カ-営業担当にしたら
「昔はそうだったかもしれないですが、今は問題ありませんよ」との事で実際に新築して半年後にスト-ブ使ったら焼酎棚の上部が少しひわってしまいました
なので、それ以来スト-ブは使っていないです

投稿: 焼酎バ- | 2007年8月17日 (金) 05時37分

焼酎バーさん

さすが旭酒造・・・
キッパリクッパリしてますなあ。
伊達に米を磨いてるわけじゃないっ(笑)

ストーブの件は納得です。
木材にまだ水分が残ってるんですかね。
将来棚を作る時は注意します!

投稿: のむりん | 2007年8月17日 (金) 08時39分

私もお酒の知識は全然ないから、わからないことだらけです。でもいいのだ、美味しければ♪
こうやって飲みながらダラダラととめどもなく何か考えている時間っていうのが、酒飲みにとっては至福の時です。飲まない人には無駄な時間に見えるでしょうね~

投稿: hirorin | 2007年8月20日 (月) 19時14分

hirorinさん

そうそう、だいたい家の呑みって4時間ぐらいかけて呑んでるんだけど、、、
でも、それに対してはほぼ文句を言わない嫁さんに感謝であります。
ダラダラと酒を呑みながらウツラウツラと考える。
いやこれ至福ですよね・・・

投稿: のむりん | 2007年8月21日 (火) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/16141318

この記事へのトラックバック一覧です: なんででしょう?:

« おおらかに、おおらかに | トップページ | 月影 »