« デ~コンなわけでして | トップページ | デ~コンなわけでしてⅡ »

2007年8月 5日 (日)

名古屋、また帰ってきます

金曜は日帰り名古屋。
うむむ、実に二年振りの新幹線で名古屋出張なんであります。
ほんとは朝からゆったりと行こうかなんてスケベ心もありましたが、東京での朝の打合せ出席必須となったこともありズルズル会社にいて・・・結局薬局東京駅発14時の「ひかり」に乗って客先のビルに到着する頃にはすでに17時に。
で、お客さんと立ち話して無事今回納品させて頂いたお礼をして・・・
17時10分ぐらいに客先辞去。おいおい、10分だけかよっっっ。
「新任の挨拶に伺います」ということでいきましたが、しかし本当に挨拶だけで終わるとは・・・おいらももうちっと営業力つけねえとダメだなこりゃ。(部長、ゴメン)

ってことで、アッサリと名古屋への用事の「前半」終了。
ま、「後半」こそ?隠れたメインです。
当然、名古屋まで来たからにはそこの酒屋さんにお伺いするのが筋ってもんで。
事前にいろんな情報を収集しましてとある酒屋さんにメールで本日お伺いする旨を伝えておいたのですが、今回の目的は特定の銘柄が欲しかったわけではないのです。
今回お願いしておいたのは、今僕の頭の中の大半を占めている日本酒の熟成酒と古酒についてお話してもらうこと。
こちらのお店では火入れで瓶貯蔵でしっかり蔵元で保存されてきたものこそ本当に美味しい熟成酒であると定義されているのです。
僕は僕なりに生酒やら火入れなどを常温熟成ですが、とにかく今はいろんな人の意見を聞きたい。
こちらのお店も、先ほどの定義はあくまでも『自分の店での基準』であることを強調されていて、四国の某銘柄の熟成の旨さも理解はしつつ、愛知のお酒の熟成したお酒を呑んで感動したことがご自分のベーシックとなっているとのこと。
なによりお酒において「感動」という実感はとても大切だなあと感じる今日この頃。
そう、お酒は感動できるものなのだ。
だから自分のこの拙い経験で得たものとこのお店の方が経験されてきたものは違うと思うけど、そこはそこでそれはそれなのだ。
だから、貴重なお話をお伺いすることが出来て本当に有意義でした。
僕も僕なりに更なるお酒の感動の体験を重ねてまたここに来ていろんなお話をしたいなあと・・・そんなお店でありました。
貴重な話、本当にありがとうございました!またお伺いさせていただきます!

まあそんなこんなでそのお店で一本を選んで名古屋駅まで向かって高島屋でまるちゃんとか妹にお土産なんぞを買ってたらもう帰りの新幹線の時間が迫って来ちゃって飛び乗るような感じで「のぞみ」に乗込む。
もちろん金曜夜の新幹線はほぼ満席ざますが、うう、おつまみ買うのが精一杯で一番楽しみにしてた帰りの車中の晩酌用の酒を買っておらず・・・(返す返す、何しに行ったんだか)
ワゴン販売でもビールはあるけどどうしようかな~なんて思ってたら、良く見りゃ買ったばかりの一升瓶あるじゃないの。
しかし車中で日本酒の一升瓶の栓を開ける人は最近なかなかいないんだろうな・・・しかも一人で。
が、そこは二年振りの名古屋だし~ってことでいきましたよ(ほぼ)躊躇せずシュポンと。
ワゴン販売でお茶を買ったついでにコップをもらって、そこにナミナミと。
グラスをちょいあげて「一人カンパ~イ!(別に寂しくはない)

今回の車中の一杯、それは『義侠 H17BY山田錦60火入』
さっきまで冷蔵庫にあったからやや冷え~常温というところですが、いや~味噌カツとも合いますよ。
愛知の酒とおつまみがある時点で、それだけで半分酔いしれちゃう。
お酒の匂いもとても良い匂い。
お酒の匂いってまずはクンクン嗅いでしまうね。
コップを手のひらパワーで温めていると少しずつ常温帯からまさにこれぞ人肌燗というところへ。
乗り心地も車中で一杯するにはとても適切なスピード感と安定した揺れの中で、ぐいぐいと呑む。新幹線のスピードにも負けず、ぐいぐい、ぐいぐいと呑む。
だって一升瓶あるんだもん。
遠慮しなくっていいわけだし。ぐいぐい!

ちなみに僕の隣りに座っている50歳ぐらいの同じくサラリーマンの方は・・・何時の間にやら弁当食べ終えて寝てる。
なんだよ~、物欲しそうにお酒を見たら一杯あげようと思ってたのに・・・
こんな旨い酒を呑んでいる僕がうらやましくないんだろうか?なんて思いつつ、「のぞみ」は夜の富士山を通過してて味噌カツも3枚目に手が伸びている僕。
いやしかし旨い。
実に旨い。

そういやあ名古屋では魅力的な日本酒の会もあったようですが・・・
この新幹線車中の一人義侠の会も悪くなかったです・・・というのはちょいと強がり混じりですが、これを家に帰ったらまた燗にしてじっくり呑むんだい。
まるちゃんに「何しに名古屋に言ってきたの?」と聞かれたらなんて答えようかと考えつつ、帰ったら帰ったでまたぐいぐい呑んじゃるのだ。
それにしても素晴らしい週末のスタートでありました。
まあ、たまには良いですよね。たまには・・・(部長、返す返すもゴメン)

|

« デ~コンなわけでして | トップページ | デ~コンなわけでしてⅡ »

コメント

いい旅じゃん(笑

でも色んな酒屋さんとの話はいつ聞いても楽しいですね。
オイラも色々と・・・ね。
今度は13BYを狙ってみますね(爆

投稿: 武 | 2007年8月 5日 (日) 23時37分

てっきり、名古屋での日本酒の会に
参加されたのかと思いました。

一人義侠の会、なんか漢を感じます!

投稿: hibiya | 2007年8月 5日 (日) 23時38分

武さん

おいらも次は香川に乗り込むからさ(笑)
H13BYなら俺もあるんだよー!!

この次の出張先は金沢と香川ね。
もう、10年古酒の「奥能登の白菊」はターゲットになっているんですが、「宗玄」も欲しいの。

投稿: のむりん | 2007年8月 5日 (日) 23時47分

hibiyaさん

はい、それを知ったのは後のことでして・・・

漢の背中は、少し寂しげ。
でもそこがいいんだよね。(って、このケースは誰も思わないだろうな・・・)

投稿: のむりん | 2007年8月 5日 (日) 23時48分

新幹線で1升瓶て、あんた・・・・
「漢ども!出てこいや~!」

投稿: an | 2007年8月 6日 (月) 14時35分

anさん

もしかしたら新幹線で隣りのオジサンは恐れをなして寝たふりだったか・・・

投稿: のむりん | 2007年8月 6日 (月) 17時26分

う〜ん、新幹線で一升瓶開ける勇気に乾杯!
名古屋〜東京って日本酒飲むのに丁度良い時間ですよね(笑)。

投稿: 地酒星人 | 2007年8月 6日 (月) 19時10分

是非、となり合わせに座りたかった!
そーんな一升瓶開けている人の隣に座ったら、神様からのプレゼントかと思ってしまう(笑)

キオスクって、もうちょっと充実したお酒を置いてくれてもいいと思うんですけどね・・なんて、去年まではキオスクに日本酒があっても「いったいどこのおっさんが飲むんだ?」くらいにしか思っていなかった私ですが(汗)

投稿: hirorin | 2007年8月 6日 (月) 20時36分

地酒星人さん

シュポン!と車中に響き渡りまして、その後
グビッ、、、プハァ~~と、控えめにやりました。
本当に名古屋~東京間は酔いすぎずでいい感じです!)

でもなにより地酒星人さんのように焼津で途中下車の旅が素敵ですよ~(笑)

投稿: のむりん | 2007年8月 6日 (月) 22時32分

hirorinさん

そうだねえ、是非初めてhirorinにお会いするときは、新幹線の座席隣でシュポンとやるときがいいねえ・・・

hirorinのブログにあった片●さ▲きさん、ダイエットコーラ呑んでる場合じゃないよ!(笑)

キオスクもビールの種類は以前よりマシになりましたけどねえ・・・
カップ酒、もうちょっと頑張って欲しい。
秋鹿のバンビカップとかダメかな・・・

投稿: のむりん | 2007年8月 6日 (月) 22時36分

ええ?のむりんさんは名古屋出身なんですか??
私も名古屋生まれで緑区育ちで高校まで名古屋におりました。
純米燗にくっつけて、平和公園までお墓参りに行ってきやしたよ~。

投稿: まき子 | 2007年8月 6日 (月) 23時10分

まき子さん

え、いやいや僕は両親とも茨城の”純粋”茨城っ子ですっ
「帰る」というのは、ちょっと比喩的な意味でした。

ただ、名古屋は仕事で以前からよく行ってたのです。
万博の仕事で2年前はほとんど名古屋にいましたけどねえ。

純米燗行かれてたんですよね。hirorinのブログで読みましたよ。
いいなあ・・・せっかく出張で名古屋だったんだけど・・・

投稿: のむりん | 2007年8月 6日 (月) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/16019103

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋、また帰ってきます:

« デ~コンなわけでして | トップページ | デ~コンなわけでしてⅡ »