« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月21日 (日)

日本酒の日、僕は丸尾さんと【中篇】

ということで、丸尾さんと同じ車中の人となりまして。

こうなれば、いろいろ聞いたろ!と、上昇気流に乗った気分でイケイケドンドンであります。
じゃあ、まずは気になる『凱陣』の中でもどんなお酒が熟成に向くのかなどお伺いしましょうかね・・・

コホン。えーと、じゃあ熟成についてお伺いしていいですか?
僕も『凱陣』の無濾過生原酒の燗酒が大好きです。
丸尾さんとしてはどんなお酒が熟成に向くと思われますか?

「そうだねえ、やっぱりある程度磨いたほうがいいと思うけどね。磨きでいえば50%ぐらい欲しいんじゃないかな」

ムム?以前、古酒がどっちゃり置いてあった酒屋さんと同じことをおっしゃるな・・・と思いつつ、70%ぐらいのヤツってどうです?と聞いてみる。

「味が乗るのが比較的早いよね。まあ雑味というか、そういうのも出ちゃう時もあるけどねえ」

ムム。これまたやはりその古酒どっちゃり酒屋さんと同じことを・・・

「それと、やはり一升瓶だね。四合瓶はどうも熟成するには向かないね。あ、あなたの持っている一合瓶はすぐに呑んだほうがいいよ」

おおう、さっき買った一合瓶のことですね。
でもそれってなんでなんですか?
・・・ああ、「経験則」ってやつですか。なるほど。ムムム。じゃあ、おいらの熟成中四合瓶はナルハヤで呑んで置こうかな・・・

それと、生酒の熟成についてはどう思われますか?
僕も実家の蔵には『凱陣』を何種類か置いてあるんですが、やはり常温熟成になります。

「うーん。さっき聞いた江戸時代の蔵だよね。蔵とはいっても、やはり外気のマイナス5度ぐらいにしかならないことって多いんだよね。だから、ひと夏越してから熟成させたほうが無難じゃないかな」

・・・うーん・・・なるほど。H18byは全て最初の夏をこの蔵で過ごさせちゃったんだけど・・・
ちなみに熟成における冷蔵庫の存在ってどう思います?

「いやぁ、やっぱり冷蔵庫があるんならそっちで熟成させたほうがいいよ」

あ、そうなんですか?凱陣といえば常温熟成の代名詞かと思ってましたが・・・でもなかなか個人では酒熟成専用冷蔵庫って難しいですよぉ。
え?それでも酒好きなら持てって?えーと、なかなか難しいなぁ・・・
あ、それと、これは是非聞きたかったんですが、熟成させたお酒の呑み頃って難しいですよね。
どうやったら呑み頃分かりますかね?
え?
同じものを12本買えと。そしてそれを毎年1本ずつ呑めと。
もしいっぱいお金があるならねって、いやそれもなかなか難しいですよ・・・
しかも『凱陣』は毎年何種類も米違いや磨き違いでお酒を出してるじゃないですか。
さすがにそれを全てダースで揃えるのを毎年なんてやれないですよ~
ハハハ、じゃないですよ~

などと、カーナビが高松に近付くのを横目で眺めつつ、必死でこの「シンデレラタイム」(とでもいうしかない)を満喫しようとしてたおいら。
そして後半になってくると、丸尾さんがいろいろとお話して下さる。
それはそれは「青い炎」のような、丸尾節。
熱い、熱い、丸尾節。
小さな蔵の生き残り方から農業問題までとどまる事無し・・・これはいわゆる丸尾節の無濾過生原の直汲。
それを丸尾さんの運転される車中でじっくりと頂きました。

ちなみに今まで僕が出会った杜氏さんなり蔵元さんって、僕のような一介の日本酒ファンと触れ合うときは、その酒造りに対する熱い魂なり気持ちを柔らかく包みつつ接して頂く方が多いな~という印象でした。
しかしいま隣りにいらっしゃる方は・・・少し違って、感じられる人柄「そのまんま」のイメージ。
言葉を選ぶでも無く、かといってぶっきらぼうを装おうでも無く、生身の熱さが直に伝わるような。
気持ちをまとう衣の薄い方だなあと思ったものでありまして。
ああ、多分この人は自ら「お愛想とか言うのは苦手でねぇ」などとさっきから言ってますが、同じくこの人にはお世辞とかおべんちゃらって絶対通じないんだろうなあと確信に近い思いを抱いたたわけでして。凱陣のこれが好きこれが苦手、ってのがあったらそれをぶつけるぐらいがちょうどよさそう。

そして先ほどのこちらからの質問が一段落しますと・・・丸尾節が少しずつ迸ってきます。

「あなたは実家が農家なんだよね?今年の米はどうだった?コシヒカリを作っているということは、早稲なんだからもう食べたでしょ?」

はい、正直今年は・・・天気も厳しくて例年に比べると味が少し落ちたなあと話をしてました。
五月は暑くて六月は曇りばかり、七月は雨が降り続いて八月のあの異常な暑さ。
とても米造りには難しい年だなあと祖母と叔母が言ってましたが。

「そうだよねえ。この異常気象が続いたら、もう西日本の平野部なんて米作れなくなるよね」

え?怖いことおっしゃいますね・・・
あれ、そういえば確か丸尾さんのところの神力は・・・

「そう、九州なんだけど去年は台風でやられちゃってね。だから造れなかった。
今年は台風被害はあまり出なかったけどどうなることやら。」

神力、造れないんですか?

「うーん、まだわからないんだよねぇ・・・」

味乗りのある酒米と凱陣の組合せはファンの多いところですが。

しばし、丸尾さん無言。
そしてしばらくしておもむろに口を開くと
「今でこそ純米酒だなんてみんな当たり前のように飲んでいるよね。
でもさ、このまま米が作れなくなったらどうなる?
この温暖化に農家の後継者不足。
またまた三増酒を造るしかないような時代だって来るかもしれない。そんなこと、想像したことは?」

え・・・あ、いやそこまで考えたことは無いです。
今は純米酒を造ろうとする酒蔵さんが多くなってきつつあって、日本酒を見直す機運が高まりつつあるのかなあなんて思ってたんですけど。

「うん、純米酒。いいよね。でも、本当に日本を見たときにどうだろう?
米は誰が造るの?農家だよね。でも、だんだん米作りが難しくなってきている。山田錦だって、もとは東北では育たないとされてきたけど、最近はそうでもない。
このまま行けば、北海道でも造られるかもしれない。」

・・・えーと・・・・ウムム・・・

「本当にこのままで行けば西日本の平地では米が造られなくなる。そんな時が来るかもしれない。まあ、もうその頃には日本酒を呑む人がいなくなっているかもしれないから、下手すると困らないような事態にならないともいえないけど・・・それはそれでもうどうなってるのって話だよね。そして今や三増酒はリキュール類としての扱いになったよね・・・
純米酒を造る、もちろんそれはそれでいいよ。
でも、本当に米が無くなって三増酒でも造るしかないってときのことを想像したことある?
いよいよ小さい蔵は立ち行かなくなるだろうね。
そうなったらもう、小さい蔵は潰れるだけです」

確かに去年は神力がダメでした。でもその他の米を使うことで凌ぎました。
でも、もしその他の米もダメだったら・・・
神力のように、大きな蔵から米を押えられることになるでしょう。
さっき蔵で聞いた「小さな蔵だから」「手造りの美味しさ」というのとはまた違った現実を知らされたわけでありまして。
しかししかし、いまや『凱陣』といえば引く手あまたの銘柄なわけで・・・という疑問が多分おいらの顔に出たのでしょう。

「これは、今だけの問題じゃないです。そして、うちだけの問題じゃないです。」
と。
「真剣に考えますよ。些細なことと思われることも。だってうちは小さな蔵ですから。真剣に考えざるを得ないんですよ」とキッパリと。
今までどこか美味しいお酒を呑んで浮かれていただけの自分を、少し地面に引っ張り返してくれたような言葉でした。

この熱さはまるで青い炎のように静かに音を立てるでもなく、しかし誰よりも燃え盛るようでして。
饒舌というわけでもなく、かといって寡黙というわけではないのですが、言葉のスピードも抑圧も車中の雰囲気を乱すことなく、スラリと話が続いていきます。

そしてその後も、ここに書ききれないほどのお酒の話やお酒を取り巻く話が溢れんばかりに。
自分の中でそれをすぐさま咀嚼しきれないもどかしさがありましたが、何も知らんヤツだなと思われても良いからもうここは真正面から向き合わせて頂こうと思う、そんな時間を過ごしておりました。

そしていよいよ高松の中心部まで来ると、丸尾さんが駅まで送って下さると言う。
しかしそれは申し訳ないので固辞、丸尾さんが行かれるところで下ろしてくだされば十分ですと。
そして車からお酒を運び終わり(おいらも少しお手伝い)、ホントにありがとうございましたとお礼。
あ~貴重なシンデレラタイムも終わってしまったがなんという貴重な体験!
夢か幻かってところですが、ホントお礼のしようもないってもんです・・・

じゃあ丸尾さん、今日は本当にいろいろ勉強させてもらいました。
ありがとうございました!
今年の造りもガンバって下さい!
自分の中でもこのひと時の時間の意味の重さもわからずに、でもまあ最後ぐらい綺麗にと颯爽と(見せようと)クルリと走り去ろうとしたその時。
改めて呼び止められまして。

・・・はい?
ええ、高松までは電車じゃなくて飛行機で来ました。
18時35分発のJALです。
エエ、それまでは適当に時間つぶしてますから。
さっき教わった酒屋さんにでも行ってみようかなあなんて思ってますけど。
この後の予定ですか?いや、特にはないですよ。

・・・え?
一緒に「さぬきよいまい」の田んぼを見に行かないかって?
い・・・いいんすか!?

行きます行きますいかせてくださいと脱ぎかけたシンデレラの衣装を慌ただしく着るようにまたまた再び座席に着かせて頂く。

フロントガラスの向こう側には見渡す一面稲がフサフサしてるようにみえたのは錯覚でしたでしょうか。

そして、この物語はもうちょっとだけ、続くのです・・・

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

日本酒の日、僕は丸尾さんと【前編】

スポーツカーなんかより、いかにも動かなさそうな車を上手く運転させられる方が僕は好きだなあと、カクカク忙しくシフトレバーを動かしながらおっしゃる。
ああ、やっぱこの人は本で読んだとおり車の運転が大好きなんだなあ、と思ったわけでして。
そしておいらといえば、なんでここに座っているんだ?と、時折自問自答しながら助手席にチョコンと。
心拍数はいつもよりちょいと多い20%増し。
そして視界はグンと広くなった気がして、視力もいつもより心持ち良いような気さえして、ソコに座っていたのだ。
わあーーーーっ!という歓喜の叫び声をあげたい衝動をググっとこらえて、僕はソコにいたのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

10月1日月曜日、この日おいらは香川県で打合せがありまして。
打合せ内容はといえば、唯一収めていた製品が寿命を迎えましたのでその撤去について。
つまりはこの担当業務における、恐らくは最後であろう香川県への出張です。
ちなみに日程はお客さんとのスケジュール調整に告ぐ調整の結果でありまして、けしてこの日を狙ったわけではないのです。
つまり出張と「日本酒の日」が重なったのは・・・偶然です。

出張しての仕事自体は、とてもとてもツツガなく終了。
打合せ所要時間・・・1時間!
仕事終了時間・・・AM11時!
帰りのフライトは・・・PM18時35分のJAL1414便。
つまり帰るまであと残り7時間35分あるのです。
これは・・・狙いましたぜ!

ということで~まずは一緒に打合せに出た同じ会社の人に、予め調べておいた酒屋さんの近くまで車で乗せていってもらいまして。
そちらのお店ではお目当てのお酒は無かったのですが、お店のおばあちゃんと話が弾む弾むっ
そしてよほど物欲しそうな顔をしてたのか・・・帰り際におばあちゃんが素敵な笑顔を見せてくれつつ、「そんなに欲しいならこれ持っていけ」と。
うひゃ!!これは・・・いいなあ。僕にとってはお宝ですよおばあちゃんっ
071001_1206012 このカレンダー、そしてこの日付がとてもとても大切な意味を持つことになるなどこの時まだ何も知らないのむりん、無邪気にほぼ無人の琴平電鉄の駅構内で撮影です。ぱしゃっ!

縦揺れ横揺れしながらまっすぐ進む琴平電鉄に揺られながら(自分の田舎を思い出す懐かしくも愛しい車両よ!)僕は琴平に向かう。
もちろん狙いは、愛しき日本酒『悦凱陣』そして『誉凱陣』を醸す丸尾本店へ。
アポも何も取っていませんでしたが、とりあえず蔵のところでお酒は売っているからそこまでは行けるよということを親愛なる酒友の方に教えて頂いたので、じゃあそこまでなら行けるんだなあ、もしかしてお話ぐらい伺えたらラッキーだなあという状況対応型の姿勢で向うことに。
しかしもし造りに入られていたら邪魔になりますし、何よりアポ無しの身なんでご迷惑だけはかけないようにしないと・・・ということは酒呑みの最低限の心得として肝に銘じまして。(守れたかどうか、微妙この上ありませんが・・・)

ちなみに琴平に来たのは6年振り。
その時は凱陣どころかお酒そのものにまだ目覚めていない時だったので、『凱陣?ハテ?』ぐらいに「讃岐うどん」三昧の日々でありまして(知らないって怖いことだねえ)。
が、今回はうどんには一切目もくれず、『凱陣』一本ですタイ!
琴平についてまず向かいましたのは、以前『凱陣』をまとめてドドンと実家の蔵へ送って頂いた酒屋さんへ。
その時のお礼を言いつつ、本日新たに購入しましたものは、今回2つ目のお宝といって良いでしょう・・・凱陣の一合瓶をペアで。
どうです?こういうのもいいですよね~。071006_1125012

こちらのお店ではわざわざ地図を取り出してくれてこのお店から丸尾本店までの道のりを説明して下さりました。ありがとうございます。
さあ、いざ行かん丸尾本店へ!

お店を出て程なく歩きますと・・・おおぅ、ここが。
あのウンマイ!日本酒、『凱陣』を醸すところかあ・・・
ということで、蔵に近づくほどにスーハースーハーと空気をなるべく多く吸うようにする。
ここの空気忘れないぞ、と。
もしかすると、蔵付酵母が漂っている可能性だって・・・ないか。071001_1336012_2

今日は日本酒の日だしなんらかのイベント対応などもあるだろうしなあ、なによりアポを取っているわけでもないので邪魔にならないようにしないとな、いやでもやっぱり丸尾さんと少しでも良いからお話できたらいいなあ、などとという葛藤をしつつ中に入っていきますと・・・わお。
ま・・・丸尾さんご本人が目の前にいるではないですかっ。
おおう、何たる幸運・・・ということで、「東京から来た凱陣ファン」とだけ名乗りまして、お忙しそうな丸尾さんとご家族の方と少しだけお話をさせて頂きまして。

丸尾さん、当方の突然の訪問にもかかわらず凱陣にまつわるお話を一杯して下さる。
あまり迷惑にならんように・・・と思いつつ、目の前にあの大好きな『凱陣』を醸す丸尾さんがいるのだと思うと、あれこれ聞いてみてかったことをついつい遠慮なく聞いてしまったりして。
(今振り返りますと相当な迷惑だったよなあと反省してますが・・・)
おばあちゃん(丸尾さんのお母様でしょうか)と供にいろいろ忙しく立ち回りながらも、いろいろ答えてくれたり語り掛けたりしてくれる丸尾さん。
蔵で売っていたのは大吟醸と上撰ぐらいでしたが、東京などで人気の高い純米無濾過生原酒についても丁寧に教えて下さるのでした。
おばあちゃんも、先代の方のお話やこの蔵の歴史のことなどをにこやかに丁寧に教えて下さる。
おおぅ・・・キテヨカッタナア!

そして気づけばなんだかんだで30分近くもお邪魔してしまいまして、丸尾さんはどうやら車で出かける様子。
わ!つまりあと一本電車遅らせてたらお会いできなかったわけですね・・・
様々な幸運に感謝しつつ、じゃあそろそろお暇タイムだなと思ったおいらは最後に『凱陣』への想いを改めて言の葉に載せまして。
『凱陣』が好きなんで本日こちらにお邪魔できて嬉しかったです、僕は純米系の無濾過生原酒を燗で呑むのが好きです、特に山廃の雄町が好きです、讃州も赤磐も甲乙付け難いです、その次には亀の尾が好きです、多くの凱陣ファンと同様に僕も家で自家熟成させてます、何年後かに美味しく燗で呑めるかと思うと本当に楽しみです。
そして、この『凱陣』というお酒に出会えたおかげで、「日本酒」そのものが本当に本当に大好きになりました(これが何よりいいたかった!)。
今日はここにこれてよかったです、アポもなしにお邪魔致しました、これからも『凱陣』を応援してます!今日はありがとうございました、と。
これを凱陣を醸すご家族を目の前にしてお伝えすることが出来て、もう心が一杯。
おばあちゃんも嬉しそうに微笑んでくれますが、これはなにより本心からの言葉ですからっ。
凱陣を醸す方々とひと時とはいえ一緒に過ごすことができて、ここの空気が吸えて、もう本当に大満足。
PRICELESSなものをもうタンマリともらった気分でして。
この気持ちは・・・どうやっても表現しきれんなあ、と思ったモノでした。
酒の神様というのは本当にきっといてくれて、今日はちょいとおいらに微笑んでくれたみたいで。

最後、車で出かけるところをお見送りしようと丸尾さんが車に乗り込んだところで挨拶しまして、それじゃあおいらもこの辺で・・・と言いかけましたところ。
車に乗りこんだ丸尾さんが改めてドアをあけて出てきて声を掛けてくださる。

あ、じゃあおいらも本日はこれで・・・
今日は本当にどうもありがとうございました!
・・・え?おいらですか?これからですか?
ええ、高松に戻る予定です。
高松で仕事を終えて来たもんで。
はいそうですね、琴電にでも乗って帰ろうかと思ってます。
え?
丸尾さんも、これから高松にいかれるんですか?
おいらが高松に行くなら・・・ついでにその車に同乗させて下さるってっ!?いいんですか!?うわぁ、是非お願いしますっ

後ろを振り向くと蔵のおばあちゃんも笑いかけて下さって。
なんだこの展開は?と、その意味もわからず鉛にも似たズッシリとした幸運を腹に感じつつ、助手席に乗り込むおいら。
なんと酒の神様は・・・もう少しこの幸運の、物語の続きを用意して下さったのです。
<ごめんなさい!今回はいつもより増して長くなりますんで次回に続きま~す>

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »