« 手紙 | トップページ | ほんと? »

2007年12月15日 (土)

雄町と雄町

先日の週末、嫁まるちゃんが友人の結婚式ということで朝からお出かけに。
結婚式の後も友達とお茶してくるということで帰りは夜も遅くなるんだとか。
ムム、これはヒサビサの・・・貴重な『週末1人』ではないか!1日だけだけど。
ということで、やはり一緒にいるときには『嫁からの鋭い視線』を気にして出来難いなあということをしないとねっっ。

ということで・・・いや~何でこういう時って目覚めがいいんだろう?
まずは朝からお酒置き場をゴソゴソと整理をば。
最近は貯蔵用は実家の蔵に直送しちゃって実際に呑むのだけを手元に置こうということにしまして。
熟成しようと思っても手元にあるとついつい開けちゃうしねえ。
日本酒は酒質を想像しながら実家に送ってみるものとすぐに呑むものに分けて、焼酎は複数本あるものは一本を手元に残して残りは蔵行きにしてみるか・・・などなど。
おっと、ついでにお酒置き場のレイアウトもね。
焼酎棚の最前列には『佐藤』を白黒交互で並べるかいやいや高良さんところの『八幡』と『田倉』を並べるべきか?とか、日本酒の方は『凱陣』を左から五十音順だろうかいやいやBY毎にすべきだろうかなどと1人でニヤニヤゴソゴソしてたら、あっという間に2時間以上たってやんの。
うぉ、会社で過ごす時間はすげえ長いと思うんだけど何故にお酒にまみれているとあっという間なのだろうか。

お次は買出しっ。今日は何本買っても痛い視線は無しっ。
もらったばかりの12月分のお小遣いを握り締めて向かうは、新川屋田島酒店さん。
山手線に乗って原宿駅で降りて歩いて約10分。
お酒入れ専用のズタ袋片手に場違い100%の竹下通りもズンズン歩く。
狙いは焼酎と日本酒を1本ずつ。
焼酎は尾込さんとこの、日本酒は佐藤さんの『あづまみね』ね!
しかし意気込んで向かったのは良いのですが、佐藤さんところの日本酒はちょうど切らしているのだとか。。。残念!
田島さんもご不在だったので尾込さんのホクホクとした芋焼酎のみ買っておいとましまして、お次は銀座線に揺られてこれまた久しぶりの別の酒屋さんに。
ここはとても良い意味でホッタラカシにしてくれるので、ノンビリと冷蔵庫をゴソゴソさせてもらいまして。
すると、やったー!の2002年詰め『我が家の春』まずは一本!
冷蔵庫の奥にラベルがこすれて剥がれかかっているようなのを見かけるとなんかソソリますなぁ。ちょうどこの冷蔵熟成したのを呑みたかったのですよ、佐藤さん!
が、やっぱりこれも購入しないとな・・・と、今手元に無いお酒も追加で。
『悦凱陣』の山廃純米無濾過生原酒の讃州雄町と赤磐雄町であります。共にH18BY。
H19BYがそろそろ出始める頃ですが、やはりある程度は熟成感のあるものを呑みたくなるというもの。
そしてなにより、先日丸尾さんの話を聞いた後に、改めてこの讃州と赤磐の雄町を呑み比べてみたかったのです。

割れそうな卵を持ち帰るかの如く一升瓶4本を大切に抱えて家にホクホクと。
家に帰った後はまずはお風呂に入って酒呑み準備を万全と、そして凱陣2本を同時開封。
スポッ!スポッ!
耳に響く弾けるような音が心地良い。
どっちを先に呑むべきか。ムムム。悩んだ末に・・・讃州雄町の方をまずは。
呑み比べだから錫猪口で一杯ずつ温めて呑みますかね。
さて讃州雄町を舌の上で転がすかと・・・ムム。
ゴツイ酸味、そして生酒を燗にした時特有の膨らみがムンムンと。
おおーこれは『凱陣』これぞ『凱陣・・・いやいやそれでも?
記憶の中で固定された、凱陣の旨さのスタンダードである赤磐雄町と比べると・・・まだ味乗りが足らんかな?どうよ、これは?などと部屋で1人、眉間に皺を寄せつつ気持ちを舌に集中させて。
くぅぅぅ・・・どう?記憶と舌ってけして一致はしないもんですし。
いやいやでも、味乗りがイササカ足らんかなぁ。
じゃあどうよ山廃赤磐、これにどう応えてくれんのよ?!
と勝手に1人ヒートアップして、御猪口燗にしてみますかね・・・。
熱い湯を張ったお椀の中に、『悦凱陣 赤磐雄町山廃無濾過生原酒』を入れた錫製のお猪口を浸します。
錫だから、中のお酒に熱さがすぐに伝わる。
お酒がグングングングン対流してますもの。
お猪口が熱くなるのが玉にキズではありますが、それをアチチと親指と薬指で掴んでググッと口に運びますと、最高に旨い状態のお酒が口に入るみたいでいいのですよ。
さあ・・・ほらっ!来ましたよっ

ジュワッ、ジュワッと!

そうそう、これこれ、口の中でこれが来るのが凱陣の赤磐雄町!
やっぱこれが旨い。これが大好き。これが僕にとっての凱陣。THE!凱陣であります。
開けたてでこれだけなら、これからどこまで・・・?
丸尾さん、やっぱこれは買えるもんならダースで欲しいぐらいです。
もちろん、讃州雄町ももうちょっと空気に触れたらどう化けますか。
これはこれでまた赤磐とまた呑み比べたいなあ。

ただいまーー!とドタドタと嫁のまるちゃんが帰ってくるまで、凱陣の雄町と雄町にまみれておりました。
どんな一日だったの?と聞くから、そりゃあもうステキな一日でしたよ、と。
この雄町と雄町とがすごくてさあ、と。
ああもう酔っ払いはしょうがないなあ、という一言で着替えに部屋に消えていく嫁まるちゃん。
うむむ?やっぱわかってもらえんかなぁ?
いやでもまるちゃん、本当に楽しい一日でしてねえ。
どうぞどうぞ、時々で良いのでこんな特別な一日がやってきますよう。
ソソっと雄町に祈ってみたりもするのです。

|

« 手紙 | トップページ | ほんと? »

コメント

うわっ!!いいなぁ(笑)
凱陣ってなんであんなにいいんでしょうかね?作り手さんがいいからかな。
のむりんさんの表現も凄く伝わりますね。凱陣飲みたくなってきちゃったよ・・小遣いないしなぁ(涙

投稿: 武 | 2007年12月15日 (土) 08時41分

 なんというリアリズム!
 読んでいてうっとりしてしまいました。
 贅沢な、ひとときですなぁ。
 私も、昼のひとときをこうして過ごして
みたい。商売柄お酒に囲まれていても、
こういう時間はなかなか持てないの
ですよねー。

 そろそろ「興」のうすにごりが
やってきますね!!期待♪もちカタイですが、
最近は成長を想像してカタイのを呑むのが
楽しい「酒ロリコン」にもなってきたみたいだす…(汗

投稿: りえぞ | 2007年12月16日 (日) 02時49分

武さん

凱陣のパンチ・旨み・そして複雑な・・・なんていうんでしょうね?
ハマったらキツい。だって抜け出せんもの!
今年は凱陣買いだめしたから、3~10年は熟成したのを楽しむのだ。

最近竹鶴も旨い!
竹鶴版の雄町と雄町も呑み比べたいなあと思う今日この頃であります。

お小遣いはいくらあってもたらんね・・・

投稿: のむりん | 2007年12月16日 (日) 11時47分

りえぞさん

おお、「酒ロリコン」・・・!
もうそういう域に進んでしまったのね。
そうだねえ、そうなればもっと楽しめるね。
先週H18BYのうすにごりがまだ売ってたんですが、「H18BYかあ」って悩んでスルーしてもうた。
もっともっと幅広く焼酎も日本酒も、お酒を楽しみたいなあと思う今日この頃であります。

投稿: のむりん | 2007年12月16日 (日) 12時00分

うむむ。
わかってもらえんでも、
こうして自分ひとりの時間も持てるのは大事ですよね。
私も1人で昼酒好きですよ~、あのまったり感がなんとも。

投稿: まき子 | 2007年12月18日 (火) 13時13分

まき子さん

はい、素晴らしいご褒美、って感じですよね~。
昼酒、まったり。

しかしまき子さんの行くアメリカでは昼から酒呑んでたら白い目でみられちゃうんですかね・・・??
その辺の文化を変えてきちゃってください。
期待してますよ。
アメリカの3M(松井・松坂・まき子)の星となってきて!

投稿: のむりん | 2007年12月18日 (火) 23時37分

わかるな〜、その気持ち。
私も、鬼のいぬまになんとやらを
よくしますね。
酒置き場の整理はとくに。
作業中、なんか自然とにやけてるんですよね。
でも、以前、大事に育てていた、而今の八反錦がなくなってるのに気付き
嫁に聞くと、飲まないと思ったので料理酒に使った!
と言われ、ブルーになったこともありました(i_i)

投稿: 酒恋倭人 | 2007年12月19日 (水) 08時10分

酒恋倭人さん

そうそう、酒を呑まない相方なので、やっぱその辺は気を使いますね・・・
しかし料理酒事件はブルーだ!
うちはお酒については良くも悪くも「我関せず」を貫いてくれるので、そこは良しとしようかな・・・というところですね。

投稿: のむりん | 2007年12月19日 (水) 12時22分

拙の栽培した雄町・・今日籾摺りして、明日
此の友酒造さんに持ち込みます。90%精白
のお酒・・お味はどうなりますか?!勝原誠
若い杜氏さんの腕に期待は重々してます。
のむりんさん・・絞りのとき遊びに来ないですか?!いやぁ~凄いお酒ですヨ!!!

投稿: 行然庵 | 2007年12月19日 (水) 19時45分

行然庵さん

雄町を栽培してるんですか・・・!?
すごい!
そして90%精白とはまたすごいですね。
行然庵さんのオリジナル酒は毎年購入させてもらってますものね。

絞り・・・行けるものなら行きたいものですが・・・!

投稿: のむりん | 2007年12月21日 (金) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99496/17370138

この記事へのトラックバック一覧です: 雄町と雄町:

« 手紙 | トップページ | ほんと? »