« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

なんなんだ!

なんなんだ、この旨さは。
一言で、驚愕であります。
いつも、そしてずっと呑んできたはずの芋焼酎の銘柄ではありますが・・・これ、こんなの初めて呑んだと感じるほどの旨みたっぷりの味わい。
思わず一升瓶を手にしてみますが見紛う事無きこの幸せの黄色いラベル、やっぱいつも呑んでるものだよなあ・・・
しかしその心地良い味わいは・・・天井を突き抜けるほどでありまして。
お湯割り、割水しての錫チロリ燗、などなどいろんな呑み方をしてきましたが、、、この黒千代香で温めたら更にツボに入るの?
・・・マジですか?

昨年のクリスマスプレゼントとして、嫁まるちゃんから『黒千代香』を頂きまして。
窯元さんにいろいろ教えてもらいながら一緒に選んだ品なんですが、窯元さんが嫁まるちゃんが下戸だと知ると、「じゃあ、飲まない奥さんとケンカしちゃだめですぞ」といってそっと代金をおまけして売ってくれたものでした。

その黒千代香、なんだかすごいよなあ。
過去、居酒屋さんの中でも『五臓六腑』、『まるしげ夢葉家』、『京橋あじあん』など錚々たるところで呑んだ黒千代香で温めた焼酎ですが、家でゆっくりと温めるのはまたいいですねぇ。
これじゃあ通常のお湯割りには最早戻れないし、チロリ燗だとやっぱり芋の味わいがマイルドになりすぎちゃうんですよね。
その点この黒千代香で『熱した!』芋焼酎、味わいも力強さを増してるし、立ち上る芋が薫りもベリーグッッド!!
あんた、間違いなくおいらが愛した芋焼酎ですよっ!と美味しさ再確認でありますっ

明日は神宮球場でヤクルト-巨人戦を、嫁まるちゃんと親友のS君とT君夫妻の5人で観戦してくるざます!
ヤクルトファン暦30年のおいらと、熱狂的スワローズ命!の見目麗しきT君の奥様と、巨人ファンのS君とT君、そしてとりあえず祭には参加します!って感じの嫁まるちゃんと。
ええ、ええ、もちろんこの黒千代香で熱した芋焼酎は球場の入り口で取り上げられることの無いベットボトルに入れ変えて持って行きますとも。
もちろん、試合後はみんなで桜でも見にいってね。

そんな明日を迎えられることに感謝をしながら、今日も日本酒呑んで最後に芋焼酎。
もち、黒千代香は手放せないっす!

それでは、皆さん桜もいよいよ見頃であります。どうぞどうぞ、麗しきお酒とともに、ステキな週末を迎えられますよう・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

拝啓 川上弘美様

嫁まるちゃんと籍を入れること早1年半。
よ~~~やく、新婚旅行に連れて行くことができました。
行き先はインド洋の真珠の首飾り、モルディブに。
本当はもう少し早く行けないことも無かったんですが、ちょうど雨季の時期を避けてたらこの時期になっちまいまして。
モルディブ、良いところでした。
想像してください。
四方全てを海に囲まれた周囲徒歩10分ぐらいの小さな島に。
遠浅の海の色は見渡す限り薄いブルーで。
聞こえてくるのは寄せては返す波の音。
潜れば艶やかなサンゴに色とりどりのお魚達。
サンゴの粒で出来た、踏めばキュキュッと鳴る白い砂浜。
そしてそこにたたずむのは、ギリギリの海パン姿ののむりん。
OH,トロピカル!

さて、肝心要の?お酒でありますが、モルディブは敬虔なるイスラム教の国であります。
旅行者はリゾート先で提供されるお酒は楽しめるのですが、酒類の持ち込みなどは一切禁止。
リゾート先ではビールやらワインやらは提供されてはおりますが、さすがに常飲しております焼酎やら日本酒などは皆無でありまして、しばしのお別れ。
まあそれもたまにはいいかと割り切って、じゃあとにかくゆっくり読書でもしながらノンビリ過ごしたいにゃということで、出発前に入念に図書館巡りをしてきまして。
今回は、村上春樹、江國香織、隆慶一郎、東野圭吾、などなど有名処の作家の本を10冊ぐらい持って行ったのです。
(実際はそれでも足らなかったぐらいにノンビリして来たんですが)

しかし。が、しかし。
行きの飛行機で選択した本がまずかった。
川上弘美『センセイの鞄』。
数ある本の中からいきなりこれをチョイスしちゃったのがねえ。
なんでまたよりによってこれから日本酒断という時に、と。
トホホってなもんですがな。
いや、内容自体には問題はなく(むしろ面白かった)、困ったのはお酒です。
これを読んでたら強烈な渇きを覚えちゃいまして。
その渇きとは、お酒そのものを呑みたいというのではなくてですね。
こうした呑み手に僕もいつかなれるんだろうかという、どちらかというとそっちの方なんです。
本の冒頭から居酒屋のシーンが出てくるんですが、これがタマラン。
塩らっきょ、蓮根きんぴら、まぐろ納豆、あたりを肴に主人公のツキコさんとセンセイが日本酒の熱燗を呑むんですな。
著名なお酒の銘柄をあげるでもなく、お酒の味わいの描写があるわけでもない。
が、なんといってもここでセンセイがお酒を呑まれる時の所作がまた秀逸で。
基本的に手酌。
卓上に置いた杯よりも随分高いところで、一合徳利をちょっとだけ傾ける。
杯すれすれではない。
細い流れをつくったお酒は杯に吸い込まれるようにとくとくと音をたてて注がれる。
しかし一滴たりともこぼすことはない。

くぅぅ。いいなあと。
日本酒など、普段呑まない人にですら「ああ、いいなあ」と思わせる描写がそこにありましたもの。
そしてそして、わが身を振りかえますと。
綺麗な所作かあ。
ほど遠いよなあ、と。
一度足りとて、徳利からツツーと綺麗に注げた記憶なく、いつもジョボジョボと鳴る杯。
口の中のお酒は気にしたことがあっても、口に入る前のお酒への姿勢は、気にしたことも無く。
お酒の銘柄だとか、温めるときの温度だとか、そんなことに対する愛情だけでは足らないものがあるんじゃないかと思い知ったわけで。
まなじりを大きく開けて愛を叫ぶようなやつじゃなくて、いとしむようにお酒とひっそり寄り添うような愛し方。
これって僕にはまだ欠けているんじゃない?と。

思えば、呑む時に徳利から杯にお酒を注ぐという行為は日本酒特有のものだけど(当然ながらそれお燗だ)、デキャンタからワインを注ぐあるいは瓶からビールを注ぐというのとはまた違った、まるで赤ちゃんの手のひらのような温くて柔らかい湿り具合がそこにはあるような気がするのです。

ようやく新婚旅行を終えて帰宅した後、焦燥にも似た感覚を持ちつつおいらもいよいよセンセイの技を実践に。
自分への結婚指輪の代わりに、嫁まるちゃんより頂いた徳利と猪口で手酌晩酌。(これ、マジで手に吸い付くような素晴らしさです)
本日のお供は、いよいよ残り少ないH10BYの釜屋「おこぜ」。
これをじっくりと錫チロリで温めて、それを同じく湯に漬けて温めておいた徳利に移す。
じゃあこれをセンセイと同じようにツツーっとやりますかいな!と。

・・・んが!!??
・・・こぼれる、遠慮なく。
・・・音が鳴る、ジョボジョボと。
どうにもこうにも、高くあげて綺麗にツツーと注ぐなんて、出来ませんねん。

こぼしたお酒はせっせと手の甲につけて純米酒パック。
しかし肌に呑ませるだけにしては贅沢すぎる。
その後何度かチャレンジするも、なかなか難しいや。
どうすりゃいいんかいな・・・と、杯を前に悩む悩む。
ん!でも徳利を杯すれすれから徐々にあげて行くというのならできそう。
これがやってみると・・・お!なかなか悪くない。
ちょいとまだ跳ねるけど。
悪くは無い、と思う。
でもでも。まだまだ居酒屋で一人徳利を綺麗に傾けられる親父への道は遥かに遠いよなぁ。
といいつつ一献、更に一献と。
ノックを受ける野球選手宜しく、僕はジジっと杯を受けるわけです。
代わる代わる、何度でも、何杯でも。

本格的な春が、もうすぐ桜を手土産にやってきます。
しかしいつか桜の木に恥じぬような所作を身につけて、桜花舞う中で美味しいお酒を呑めるようになっていたいもんですなぁ、と。
今宵も1人、やっぱり銘酒だよなあと思うお酒達を、特打ちノックを受けるが如く杯を干すわけであります・・・

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2008年3月17日 (月)

これが最後でしょうか・・・

いや、もう無理だろ。ありえない。
なんでこんな階段を駆けあげらねばならないのかー。
ぜ~ぜ~は~は~と、息も絶え絶え。鉛のようにズシズシ重いこの太股。
それでもなんとかして歩を進めようとはしてるんだけどさすがに限界かも。

今は日曜、午前も十時を回ったところで。
春の息吹が感じられようが真夏の太陽が照り付けようが雪がコンコンと降ろうが、普段ならお構いなく布団で寝ているはずの時間なのだ。

それが何故こんなところを逃げるように走っているのか。
激しい後悔がわきあがるんだけど、わあやばいやばい、後ろからはどうしたって振り切れない女性の影がもうそこまでやって来ている。
後ろを振り返りますと・・・当然だけど、顔は笑ってない。
いやむしろ・・・怖いぐらいで。
嗚呼、前方には警察官の姿も見えますね。
あそこまで、先にたどり着けばなんとか逃げ切れるかな。
いや、でもどうやらもうダメだわさ。。。心臓がバクバクいってますもん。
観念しよう。
もう絶対にこんなことするもんかって、何度唱えたことだろう。
なんでこんなことになっちまったんだろうと、何度後悔したことだろう。
おまけに今回は親友二人も巻き添えにしちゃった。
彼らは無事だろうか?
怪我してなければ良いが、最悪なことも想定出来なくない。
さっき見かけたような気がした嫁まるちゃんと妹と親友の奥さんの笑顔は幻かな。
ヒタヒタと迫り来る足音にもはやのむりん、成す術無しであります。。。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
のむりん35歳、普段よりツツガナイ生活を第一と考え、争いもなくあっても巻き込まれないことには全力に。
いかに頑張らなくて済むかを第一に考えて、全開なのは省エネモードってぐらいに日和にヒヨった生活を送っております。
しかし人生は何を境に狂うかわからないですね。
もし僕のいつも通っている駅前に、「それ」がなかったら。
「それ」さえなければ、今ごろ平和な眠りについていたのに。
そんなことを何度も思ったのだけど後の祭り。
そして挙句の果てに、一人じゃ怖いから・・・親友二人を道連れにしちゃったんです。
ごめんなさい。ぐすん。

もちろん、悪気があったわけではございません。
しかししかしなにかこう、、、やはり「魔が差した」。
後から考えるとそうとしか言えないものがあるのでした。
だってなんの準備もしてないし。
普通こういうことするならもう少し計画的に実行するよね?と、無謀さ加減を呪うばかりです。
それにしても、人が行き交う雑踏の中で何故「それ」が僕の目に付いたのだろう。
いやいや気の迷いだと振り切るように家に帰るのだけど、次の日も「それ」はそこに立たずんでいるわけで。
冷たい粉雪舞う日々もずっと立っている「それ」に、とうとう僕は根負けしてしまったんです。

決行の日は三月に入ってからの日曜日。これも決まっていたことでした。
日曜だというのに朝もハヨから起きましてですね。
そして親友二人と落ち合うべく一人家を出る。
集合場所は近所の小学校だ。
休日の学校というのだから普段ならば人影見えない所なんでしょうね。
が、いやいや本日ばかりはちょいと違いましてですね。。。
う、ま・・・眩しい!
ムム、なんだこのハツラツとした雰囲気。
まだまだ寒いというのにみんな半袖短パンで!
しかも・・・なんというべきかこの健全な空気は!
うむむ、これはトンでもない所に来ちゃったなあという気持ちが今更ジンワリと。
家から歩いて10分の近所だというのに、なんなんだこの「アウェー」感。
しかしこの適度な張りのある周りの雰囲気。
老いも若きも朝から素敵な空気が充ち満ちて。
懐かしい感じを思い起こさせるのと同時に・・・なんというか、清々しい。

はい?つまり何をしようとしてたのかって?
はい、この日は・・・第11回目白ロードレースの日。
おいら、何故かそれに参加しちゃってるのだ。
ハテ?ボランティアかとな?
失敬なっ!
ランナーですがなランナー!
おいらも、これで池の鶴さん平均的日本人さん達に続く酒好きランナーの仲間入りなのだ(ホント?)。
ま、といっても初っ端から無理をするわけではございません。
「たったの」5キロコースですがな。
080112_202301というのもこの目白ロードレースは最長距離が5キロなのです。
それでも目白という街にとっては一大イベントで、新目白通りも一車線のみですがこの時ばかりはランナー専用に。
だから警備のための警察官の姿もそこかしこにチラホラと。
その他には学習院大学の構内を走るんですがこれが結構高低差がありまして、しかもアップは階段を走ると言うもの。そしてここを三周するという。
にゅにゅにゅ、なんか思ったよりも大変そうねとこの時初めて思っては見たのですが。。。

一応、時々はこの日のために夜ホソボソと走ったりしてはいたのですが、周りを見渡すと『走ることが日常茶飯ですよ』という雰囲気がぷんぷんで。
ああ、きっと僕がお酒にかける情熱を「走る」ことに費やして来た方達なんだろうか。
うむむ、我々三人も揃って走るなんて大学の部活卒部して以来一度もないしなあ。

そして、その「たった」5キロ走ることが今の自分にとっては想像よりも遥かに大変だということを身を持って知るのはこの一時間後ぐらいでして、走った後に呑む一杯はたまんね~だろうな~なんて邪な気持ちは木っ端みじんになったのが冒頭のシーンになるわけなのです。
先に男性がスタートしてそれからしばらくしてから女性の方がスタートしてくるんですが、もうスタートしてからすぐぐらいに階段を駆け上がらないといかんのですよね。
当然ながら普段から走り込んでいる人達とはペースが違いすぎまして。
そして自分が思うよりも遥かに早く・・・もう息が切れはじめてんですけどぉ!?
考えて見ればこんなに一生懸命走るだなんて部活を終えてからトンとないような。
しかもそれも十年以上前のことだし!
それでもまあなんとかヘコヘコと走るわけですが、当日は嫁まるちゃんと妹と親友T君の奥さんがカメラ片手に応援に来てましてね~。
まさか死にそうな顔して走ってるところを撮られる訳にもいかないでしょ?
写真が後々まで残るし。
だから沿道を走りながら嫁まるちゃん達がどこにいるのかを探すことに必死でして。
見つけたならばそこだけは努めて爽やか笑顔を装い、シャッターパシリ!
でも人影見えない階段あたりは、もう、たまるか。
何度この無謀さを恨んだことでしょう。
そうするうちに・・・後発組の女性ランナーの方達の足音がぁ?!
にゃふう~~後発スタート組にあからさまに抜かれるなんてそれはカッコワルイナリよ。。。
せめてアップを乗り切ってあとは勢いに任せて走りきろう、などと抵抗を試みますがススイスイとおいらのことなんか軽やかに抜いていかれる。
顔つきなんかも至って真剣(当たり前か)。
なんだかなあもう。
もはや完走こそが最大の目標となりましてヒーコラヒーコラとどうにかこうにか5キロを走りきりましてですね。
いやいや、舐めたらあかんね何事も。
でもまあ、これが結構終わったら終わったで気分爽快。
そうそう、今年の箱根駅伝の2区と9区に出てた順天堂大学の方がゲストランナーで来てたんですけど、その方達の走りを見てたらウットリ。
いかにも軽やかに走り抜けていきますもの。いいなあ走るって!

して、そうなればようやく気分も上向き加減に。
コンビニでビール買って我が家でみんなでお疲れちゃ~んと乾杯っす。
しかしビールはプレモルなれど、何故か苦い苦い!苦味しか感じられん!!
運動後のビールってこんな苦いもんなの?
爽快かと思ってたんですけど、これは変更せねば!!
日本酒か焼酎か悩みましたが・・・とうとう我が家にも導入された!黒ヂョカで温めた焼酎呑みたいなあということで、半年ほどゆるりゆるりと攪拌した割り水「萬膳」登場!
しっかしこの黒ヂョカで呑む焼酎って・・・なんつ~贅沢な味わい。
最近とみに日本酒を呑んでいたおいらですが、この黒ヂョカ導入以来は改めて焼酎回帰してるかも。
このヂョカ導入後は我が家でも逆鉾、八幡、本垂、などなどすぐに呑み干しちゃって焼酎の割水が追いつかないですもん。
料理はさっすがにいつものような量は作れないんで、前日夜に嫁まるちゃんとおいらとでそれぞれ別に作っておいたカレーを食べ比べ。
おいらのカレーはいつものデーコンカレー(今回は小麦粉も入れてみましたが)ですが、これも焼酎に合うんですよね~。
あと自分達の健闘を肴に焼酎をグビグビと。
今日ばかりは、ちょいとだけ自分を褒めてあげようではないか。
普段はエンドレスに続く我が家の呑み会も、さすがに夕方にはお開きで。
しかしやっぱキツかったですわ~。
それからちょいと横になってたんですが、またそれが気持ち良くてね~
体中を焼酎が巡っていくのがよくわかる。
ガタがきてたところを焼酎がグルグルグルグルと駆け巡り癒してくれているような。
これがまた最高に心地良い。
今度は走ったあとに日本酒を呑んでみようかと思う。
また違う余韻なんだろうなあと。

あれ、しかし今回巻き添えにした親友2人は「もういい」って顔つきのご様子・・・
「走った後に日本酒」、これがいつやれるのか・・・とりあえず未定!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

でも、○○いんでしょ?

京橋の、そのお店の前に着いたのは約束の15分ほど前。
これから会う人のことを考えると・・・ああ、なんか恥ずかしい。
いや、もちろんやましいことがあるというわけではございません。
しかしなんとなく気恥ずかしいのは何故?
3年前からその人のことをいろいろ知ったつもりでいた自分が恥ずかしいの?
ああ、この気持ちをなんと表現したら良いものか・・・
などと店頭でフトモモをモジモジさせながら店頭に掲げているメニューを見てたら、背中から「ねえ寒いんだから早く店の中に入りなさいよ」という鋭い視線が・・・
うぅ、嫁ってのはどうしてこう、男の機敏な心のヒダヒダを読もうとしないのかねえ・・・と口で言うと倍返しになって帰ってくるので、心を決めて「たのもう!」と気合タップリに入店しますと!
おおぅ、俺より髪が短いアニキがお出迎えだ!
ハテ、もしやあなたが・・・?

「のむりんさんですか。どもー、anでーす」

おおぅ!こ・・・この意外にもかわいい声は?!
結婚祝いに『村尾』やら『奥播磨』を送ってくれて、そしてなによりおいらに『悦凱陣』の扉を開いてくれた、長年恋焦がれたan兄ィその人なのか!?

ということで、行って参りましたがな~『味食工房 あじあん』に!

ブログやら森メで知り合いになって早3年、しかしながら何かと会うまでには至らなかった我等がanさんとようやくご対面ざんす。
そして他にもけいくんさん、そしてこれまた初対面の海斗さんも。
この日はお酒がつないでくれた酒友たちと親交を温めて参りましたぁ!
(下戸の嫁まるちゃんも参加ですがな)

いやしかしさすが素晴らしいお酒を通して繋がった縁。
初めてとは思えぬほど話が弾む弾むっっ
(けいくんさんは、相変わらずの笑顔ダス)
anさんもお忙しい中にビール片手で参加してきてくれましてね。
海斗さんはmixi内で焼酎を良心的に盛り上げてきた方だから、なんとなくもう少し線の細い方をイメージしてましたが、さすが美容師ならではのカッチョイイ感じとカワイイ感じの中間でありました。こりゃモテモテだろうな・・・。あ、anさんも(笑)
いつもニコニコのけいくんさんも一緒に、いやいやこりゃたぶんどこまでも話せるなっ!と思ったぐらいに意気投合しちゃう感じでして。

そしてその潤滑油である、食事もお酒も本当に体がウマイーー!と叫ぶものばかり。
中でもチヂミとナンコツ、、、うぉぉ!旨いぞなもし!
この店、近所に欲しい!!と、多くの方々が叫ぶのも納得です・・・

そしてこれらのオツマミと供に、ウンマイ焼酎を味わいたかった。
まずは黒千代香でもらった『日南娘』。
これは芋の芳香までもが味わい深い!という感じで、この5対5ぐらいの割合が絶妙なほどに合いますねぇ。
そうか、こんなど真ん中の味わいなんだなあ『日南娘』って・・・実は初めて呑んだのです。
あっという間に呑み干して、じゃあ次ぎ次ぎ!『八幡』!
家で呑んでるのとどう違うのかな、と思いつつ呑めば・・・ぅおう、芋芋した旨味の押しの強さ、「これが大地の味わいか」と錯覚するほどの甘味、もうどれをとっても「あんたが大将!」という惚れ惚れするような美味しさで。
あれれ、やっぱり家呑みとは全く違う美味しさだなぁ。
ウチで呑むのも相当にウマイと思ってたんですが、ボクシングで言えばウェルター級の選手とヘビー級の選手ぐらいに差があるような。
ここだと一呑みする度にズシン、ズシンと体に響くようですもの。
やっぱ芋焼酎ってこんな風に温めた時に出るパンチが命なんですかね~と思うおいらにまた違う焼酎が。
特別に呑ませてもらった焼酎の原酒だったんですが、こりゃ敢えて水を片手に「生」でググッとやるのも面白いんでしょうか。
そんな呑み方もアリですよねえ、焼酎って。

しかしまた最後に秘密兵器がっ。このお店は焼酎だけではないよっ。
はい、日本酒もあるのですよ。
酒呑みにとっては間口が広いぞここのお店は・・・
出て来たのは「悦凱陣H13by山田錦無濾過生原酒しずく」じゃないっすか!
え!これ呑んでもいいのぉ?
聞けば、熟成用に取っておいたものをバイトの方が間違って開封してしまったんだとか。
嗚呼、それはかわいそうに。。。しかし敢えて言いましょう。
バイトの方、ナイスプレイです!
やはり凱陣の山田錦は五百万石と同様に比較的端麗な味わいでありました。冷蔵庫にあったからかとても綺麗に熟成してます。
ちなみに開けたては味がまだ全く乗っていなかったらしいのですが、数週間の時を経てここまでの味わいが出てきたのだとか。
うむむ・・・重ね重ねナイスプレイです!バイトさん!
ちなみに我が家で常温で未開封で寝ているこいつは、、、あまり甘垂れちゃっても嫌なんで、もう少ししたら開封しても良いかも。
生原酒の山田錦・雫でもあるんで、呑み時は大きく外したくはないしなあ。

おっとそんな風にお酒に思いを張り巡らせてたら嫁まるちゃんをホッタラカシにしてしまってまして・・・シマッタ!と振り返りますと、酒友さん達がお酒以外の話しでうちの嫁まるちゃんの相手をして下さってまして・・・いやいや酒友の情けはどこまでも深くって。
で、何の話してんですか?
お、東西の肉文化の違いについてですか。
おー、確かに『焼肉定食』といえば、関東では豚肉ですね。
え、関西では牛肉なんですか?マジ?カレーに入っている肉もほとんど牛肉?へー。
我が家ではカレーに牛肉だなんてボーナスの時にかろうじて食べられるぐらいなんだけどなぁ。。。
まあこれを境に我が家もカレーの肉は基本的に牛肉になってくれるんなら嫁を連れてきた甲斐があるってものですね。やっぱ肉は牛だよねってね。
え?それはそれ、ですか。。。嫁の家計のハードルは高いなぁ。
なんて、話は色んな方向に飛んで弾んで花が開いて気付けば終電間際で、慌ただしくお別れ。いやいや、本当に楽しかったです。
でも、初めてあったのに「積もる話」というのも変なんですが、まだまだ話足らんのですよっ

海斗さん、終電間に合いました?いろいろとお気遣いありがとうございました。
まだまだし足りない焼酎のお話、またしましょうね。
そしてとっておきの焼酎、ありがとうございました。

けいくんさん、帰りの電車寝過ごしてしまって大変だったとのこと。
今回またお会い出来て嬉しかったです。
関東焼酎組はあなたがいなくなってやはりちょっぴり寂しくなりました。

anさん、今回いろいろお世話になりました。凱陣のH10byは毎晩寝る前に頬擦りするのが日課です。
お土産に頂いた『菊姫H10BY』と「さつま」のお湯割グラス、帰りの新幹線の中で大活躍でした。
隣りに座ってたのが高校生だったんで、大人のコップ酒の呑み方見せてやんなきゃなあと張り切って「さつま焼酎グラス」に入れてグビグビグビグビ・・・と東京までずっと呑んでやりましたが、果たしてそれがどのように彼の目に映ったかは・・・神の味噌汁、であります。しかし又来ますぜ!京橋「あじあん」!

さて、その後はウチの嫁まるちゃんも大変ご機嫌でして、ハイ。
美味しいご飯に味わい深いお酒、そして素晴らしき酒友との時間はどこまでも人を幸せにするのだなあと。シミジミ思うわけでして。
そこで、じゃあもう少しanさんの人となりを教えてあげないとなあと思って、パソコン開いてanさんのblog『朝禁酒、ちかってみても、夜飲酒』を嫁と一緒に見ようと。
開けば、2月22日付の記事が最新でありました。
『あ、ヤベッ!』と思ったのが後の祭りで。
「anさん優しそうな方ね。でもblogはエロいんでしょ?」ということになりましたとさ・・・

*anさんの記事が気になる方は、リンク『お世話になっている方々』からどうぞ。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »